« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の18件の記事

うまトマ

松屋でなんか「トマトカレー」なるメニューが増えてました。
うまトマハンバーグってメニューもあるし、松屋さんはトマトが好きなんですネ。
しかし、トマトとカレーなんて、美味いのでしょうか?
今度機会があったら、食べてみたいと思います。

そうそう、トマトといえばこれが忘れられません。

トマトカレー食べるときには、この歌が頭から離れなかったりするかもw

でも、トマトが嫌いな人だっている訳で・・・

オワタPは、そんなにトマトが嫌いだったんですか。
『注)この作品はノンフィクションです。』ですって。
まぁ、トマトは子供の嫌いな食べ物の上位に入りますからネ。

でもって、これほど嫌いだというなら、この曲の人気は、複雑な思いで見てたのかもしれません。
元曲のタイトルは、「おいしい☆トマトのうた」ですから。

同じく「おいしい☆トマトのうた」の英語版だとか。

ルカ様がすごく可愛いデス( ´д`)

ちなみに、ほまは、別にトマトは好きでも嫌いでもありません。あれば食べるし、なければ無いで。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近机の上が凄いんだなぁ

自分の机の上にも来てホスイ・・・(゚д゚)

これは何だろう・・・ガンダムに暴れられると困るけど、踊るだけならぜひ家にも。

しかし、はじめてガンダムミクシアを見たときは、一時のネタだと思ってましたが、今やもうその造形に慣れて(?)、すっかり違和感なく萌えられるようになりました。(; ・ω・)ぇ?

以前の仕事場なら、PCの周りにステッカーやら写真やイラストなんか貼り付けて、自席をデコレーションしたものですが・・・
最近は、セキュリティだとかいう理由で机の上を綺麗にすることを強制されています。
物が散らかっていると、重要書類を無くしたりしても気付かないから、、、だとか。なんて迷惑なw
昔なら、ツワモノなんか机の周りにフィギュアを置いてたりしたんですがネ。

↓自分もクリ☆ケンさんみたいな席で仕事がしたいw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アコギな

アコースティック・ギターをアコギと読んだりします。
これが阿漕な、、、と書くと悪い意味になります。日本語って難しいw(なんてネタを、とある所で読みました)
アコギという呼び方を使わない人にこの言葉を使うと誤解されるかも?


梨本Pが贈るアコギ全開の曲。
素朴なオケで切ない歌をさらっと流し、ぐっと気持ちを引き込んだところで、終盤に盛り上がる。それが、歌い手である初音さんの声量が(恐らく)変わってないのに、叫んでいるように感じます。
わざとアコギを選んでの曲作りでしょうけど、見事デス。


これだけでなく、他にもよくアコギな良曲を聴かせてくれる マッコイ さん。
この曲も実に良い音を奏でています。
ゆったり、ほっこりするのが、アコギらしくていい感じデス。

アコースティック・ギターを Wikipedia で見てみると、フォークギター、生ギター、アンプラグドなんて呼び方も書いてありました。
どう呼ぶかによって、年がばれる、、、とかあったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとアレ

デッドボールPのちょっとアレシリーズを久々に聴いて、やっぱり相変わらずちょっとアレだったので嬉しくなりましたw

実にデP節炸裂ですネ。

そしたら、翌週にはこんな曲が出てきて、これまたちょっとアレな感じで楽しくなりましたw

「※デPではありません」
「有名Pの暴走シリーズ」
ということで、作ったのはボクPでした。
なにやってんすかww

でもデPの曲はいつもの「名誉のランキング除外」だったのに、こっちの曲は「屈辱のランクイン」してましたネ。
やっぱりこの路線はデPの専売特許なのでしょうかw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供の頃を思い出した

けいおん!が人気すぎるので、けいおん!MADも、ちょくちょくクリックしてしまいます。
しかしこれは、、、



子供の頃、はたらくくるまって本を夢中で読んでましたっけ。そんなことを思い出しました。
コメントには、「誰得ww」ってたくさんありますが、再生、マイリス数を見ると、みんな喜んでいるようなw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全部ミク

とりあえずVOCALOIDを買ってみたけれど、これだけじゃ曲が作れないのねって人もいるようですが、案外、なんとかなるものですかネ。
もっとも技術がなければ、こんなことも出来ない訳ですが。
むしろ弘法は筆を選ばずと褒め称える話でしょうか。


ボイパって奴ですか?
確かにこの技なら初音ミクだけで曲になりますネ。
しかし歌詞が面白い。
なぜこういう歌を作ろうと思ったのかw
そしてそれを聞いて笑ってる自分がまたw


以前「象印マホービンの炊飯器のCMで流れる歌声が「初音ミク」に似ている」(ITmedia)というニュース(?)を読んで、CM見ましたけど、似てるか?って感じでした。
こうして初音さん版を聴いてみると、似てなくもないかな?
ちなみに、朝テレビを流してるとこのCMに遭遇します。かれこれ半年以上、この微妙な(笑)歌声を聞いてることになるのか。


全部ミク・・・・あれ?ちゃんとオケがありますヨ?
いえいえ、実はオケも全部初音ミク音源なんですヨ。
・・・マジですか?
いやもう、ここまでくるとレベル高すぎて訳わかりませんww

↓解説がある訳じゃないですが、ミク音源とは、こういうことデス。

これだけ出来るなら、もうどんな音楽でも出来るような気がしてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pのお気に入り動画

ごく一部の巷で話題のこの動画。
運営のコラムで「一般人の理解を超えると判断して」とまで言われるほど、妙な動画な訳ですがw

自分は、動画そのものよりも、この動画の提供のほうに吹きました。
なにせ最初に見たときに、提供には見たことあるボカロPの名前が・・・
今でも宣伝履歴で確認できますが、宣伝した人リストにはボカロPの名前がずらずらとあるんデスww
刹那P、ラヴリーP、マチゲリータ、かたほとり、ぶっちぎりP、ぢょん、アヒル軍曹、azuma@ボクP etc...
これ、全部本人なんですかネ。名前を騙ってるとか、偶然同じだとかいうんじゃないですよネ。
この動画、なぜこうもボカロPを宣伝に駆り立てるのかww

あ、無気力Pは、いつものことだとして(笑)、、、一番最初の宣伝者は、2yan さんじゃないですか!
さすが先見の明があるというかw


なんというか、、、近未来を垣間見た気がします。
あまり実用的じゃなくても、可愛いければ許すw
それにしても、見た目って大事なんですネ。
頭が違うと、だいぶ違う印象になるでしょうネ。

で、これの宣伝に awk さんの名前が。
あの awk さんですか?
awk さんって、音楽畑より技術畑の人っぽい気がしてますので、こういうのにも興味があってもおかしくないですが、まさかこんなところで名前を見るとはw
あ、無気力Pは、いつもの(ry


ニコニ広告って最初はどうかと思ったんですが、それなりに広まってますネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌ってみたもいいもんだ

ほまは、基本的に初音さんの声に惚れてますので、歌ってみた系はあまりクリックしません。
けど、たまに見てみると案外いいものがあったりします。


この歌(sm5805302)、好きなんですヨ。
だから、歌ってみただとしても総合ランキングに名前があったのが嬉しくて、クリックせずにはいられませんでした。
しかし、この歌い手さん・・・女性?(゚Д゚ )

↓こっちと両方みると、衝撃2倍。

ほ~、これがいわゆる両声類ですか。。。


タグ「日本語でおk」
いや、まったく、何言ってんのか、分からんww

ダブルラリアットは、楽しい派生が多くて、いいですネ。

だいたいPのほうも、誰かが歌ってくれるのを喜んでますし、ボカロと歌ってみたは、これからも蜜月関係が続きそうですネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨ですが

ブロガーなら、梅雨入りってネタで一発記事を書くのが普通かと。。。しかし、関東が梅雨入りしたもようと発表されたのは、6月10日。すっかり出遅れてます orz
梅雨入り宣言って、昔はしてなかっただとか、梅雨が終わった後にいつからいつまで梅雨だったと発表するだけだったとかで、歴史は浅いようデス。
何はともあれ、湿気が鬱陶しいので、気分爽快な音楽で気持ちを紛らわせましょうかネ。


P名が、この曲を機に電ポルPとなったようデス。
画像の電線がサムネになるとポルナレフに見えるからだとか、、、、うん、見えますネw
この曲の、やっぱり一番の聴きどころは 「みー♪」 ですヨ。
可愛くて爽やかな曲デス。


楽しくなる曲デス。
サビの「気分は弾むスタッカート♪」が、まんま表現されてます。
あルカPの楽しい曲は、軽やかな感じがとても好きですネ。


湿気を鬱陶しいと思うのは、特にスーツを着る仕事をしてるからなんでしょうけどネ。
ほんと、悪習慣だわ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ夏至

夏至といえば、一年で一番日が長い日。
普通ならあまり気にしない日の出と日の入りを気にする人も多いのでは。
ちなみに今年の夏至は、6月21日。日の出が 4:25、日の入りが 19:00 だそうデス。


今の時期の 5:03 なら、もうすっかり明るいですね。
(いや~・・・5時起きなんてしないし、滅多に徹夜もしないですけどネ)
そんな感じで爽やかな朝っぽい曲ですヨ。
(冬だったら、同じ 5:03 でも、こういう曲にはならないのでしょう)


もう一つ明け方の歌。
ほえほえPの曲ですヨ。
サビが「一晩中泣いて 枯れるほど泣いて」なので失恋ソングかと思いきや、ピアプロのこの曲の解説には
『きっとこの後、想いを伝えに行くんじゃないでしょうか。』
と書いてあります。
そういう解釈は、いいですネ。


上の曲が朝なら、こちらは夕暮れに合いそうなしっとり系。
歌詞に込められた意味の解釈は、いろいろとイメージできそうですネ。

夏至とか、ブログやってる人間にはちょうどいいネタですネ。
ええ、去年も同じこと書いてます (^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギミック

動画を一時停止しても廻り続けるダブルラリアットとか、FLASHを使ったギミックが面白いですネ。
最近は、この手のギミックものが、他にもたくさんありまして。


止めても動きます。動きまくります。
なので、曲を聴き、動画を流しで堪能したら、止めながら楽しむと、、、何度もループして楽しめます。


一時停止すると・・・
ああ、これはハマりそう(*´д`)
でもこれ、可愛いからってずっと一時停止してたら、先に進めないじゃないかww

単に止めても動くというだけじゃなく、それを利用して積極的にネタを仕込むものも多いですネ。
自分はそういう隠しアイテム的なのを探すのが面倒なタイプなんで(汗)、面白いネタだったらコメとか大百科とかでネタバレして欲しいですヨ。


っていうか、曲を聴けww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プチ

プチっていいよネ。言い方がなんか可愛いですよネ。


プチなミク、リン、レン、ルカが歌います。イラストが、破壊力ありすぎる。。。

しかし、しゃべらせてみたで有名なケフィアP、ついに歌ってみたカバーに進出ですか。
うp主コメにもある通り、「本家歌ってみた→本動画」という逆輸入もの。
↓タグ
「謎の技術」・・・うんうん、確かに。
「謎の努力」・・・そうそう、、、って、おいww


右下にプチな初音さんが。
小さいですが、ちゃんとリップシンクしてるし凝ったアニメになってますヨ。
むしろ歌の可愛い雰囲気にあってて、いいPVに仕上がってます。


初音さんはでかいデス。
プチどころか、並みのサイズをゆうに超えてます。
さすが40㍍Pのとこの初音さんは違います。まだ成長してるのかww
でもって、その足元でプチッと・・・え?Σ(゜д゜

余談:
あの指で潰すのが楽しいプチプチですが、プチプチというのは製造元である川上産業の登録商標デス。
俗称だと思ってる人が多いようですが、実は正式に商品名なんですヨ。
ちなみに一度発注したことがあります。見積書とか請求書とかの件名が「プチプチ」ってなるから脱力しましたw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

得意だから

クリプトンさんの鏡音リン・レンの紹介ページには、「パワフルなロック系ポップス、エレクトロ系ダンスポップス、ソウルフルなポップス」を得意とするようなことが書いてあります。
その通り、好きな曲でも強い曲調のものだと、なんかリンのものが増えてきてます。
いや、別にリンが嫌いじゃないですが、もともと初音ミク大好きと言っている人間なので、マイリスにここまでリンが増えてくるとは、自分でも思ってなかったので。
ま、純粋に、いい曲はいい、ってことなんですけどネ。


cosMo さんの新曲のロックは、鏡音リンでした。
公開マイリスで声質をいじることに言及してるので、この曲ならリンというイメージがあった模様。
さすが、見事に声質を使いこなしている感じがしますネ。
ちなみに、少女の空想庭園シリーズということで、前々作あたりからのシリーズ物になっているようデス。
うp主コメに貼ってあるショートストーリーと合わせて楽しみましょう。


タイトル通りの強烈な印象のロック。
「声がロックすぎて惚れ直したww」ってうp主が言ってるし、リンの声が生きてるって感じですヨ。
・・・と思ったら、ほえほえPさんのところの初音さんが同じ曲を。

ふむ、、、これはこれで悪くないですネ。
でも、やっぱりちょっとほえほえしてますか?w

しかしこれ、単にカバーしただけじゃなく、同時再生するとハモるようになってるようデス。
「※本家と同時再生推奨!!」
大事なことなので、うp主も2回赤字で言ってます。
そして二窓が面倒な人用に、合わせた動画を自ら用意してくれています。

だから、全部を聴かないとこの曲の魅力は伝わらないのデス。

え?
べ、別にレンのことは忘れてないですが(^ ^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もっともっと掘りおこして

自分でいうのもなんですが、自分はボカロ曲---特に初音さんの曲はたくさん聴いてるほうだと思います。週刊ボカランは全部見てますし、31位以下の曲もチェックしてます。ボカロ投票所の埋もれ曲のチェックもしています。
それなのに、知らなかった良曲と出会う場面があるんですから、ニコニコ動画だけでもボカロの裾野は広いデス。


ほのぼの、ほんわかする曲ですネ。
でも別れの切ない曲なんですヨ。
聴いたら一回で惚れました。
でも聴く機会が無かったんですネ。投稿が去年の12月ですか。。。全然知りませんでした。

↓聴く機会

よくできたアニメ動画ですが、これのBGMが上の曲でした。
このうp主は、どこでこの曲を見つけたのでしょう。



週刊ボカランのED曲。
楽しくゴキゲンな曲ですヨ。
イントロから、サビから、終わりまで、とにかく盛り上がるので気分がいいのデス。

ボカランうp主のEDに定評があるのは、もはや鉄板ですが、それにしても毎週毎週、よくネタが続くものデス。探しも探したり・・・という感じ。
それだけ埋もれてるんだ、と思うと、ちょっと残念ですが。
ぜひもっと掘り起こして欲しいものデス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

作者の思い

ボカロ曲のmp3を配ってくれる作者様、、、たまにzipであとがきとかコメントを付けてたりします。
あるいはブログで作品の思いを綴ったり、SNSの日記に書いたり。
そういうのを読むのも、なかなか面白いものですヨ。
読んでみると、少し曲への思い入れが深まるかもしれません。


なんか、仕事人間には切なさ倍増な曲ですネ。
有名なAA貼っておきます。

   あの……落としものですよ?
         .∧__,,∧
        (´・ω・`)
         (つ夢と)
         `u―u´

ネタバレですが、動画の最後の最後で一時停止にしておくと、うp主のあとがきが始まります。他の動画でもたまにある、FLASHを使った隠し要素デス。(1分ちょっと待ちます。あせらずどうぞ。)
そこに作品の出来るまでとか、いろいろ思っていることが書かれてますので、ぜひ見てみてください。


楽しげな曲調。
懐かしいゲームなドット絵調。
しかし、動画を見ると、切なく悲しくなりますネ。いろいろ深読みできる作品デス。
うp主コメに「解説やmp3はこちらから!→」と書いてあるので、mp3をもらうついでに解説を読んでみましょう。
ただ解説とはいいつつ「自分が伝えたいことはすべて映像に集約させました、、♪」ということなので、結局ブーメランで戻ってくる訳ですがw


それこそ同人作品なら、そこに作り手の思いが入ってないわけないですネ。
だからこそ作品に魅力があるのでしょうネ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

この雰囲気

聴いてるだけで懐かしく思えてくるのデス。まったく聴いたこと無い新曲のはずなんですけどネ。


「鼻そうめんPに思いっきり触発され」って書いてますけど、そそそPって以前から結構・・・
それはそうと、コメントが楽しいわ。みんなお仲間なのねって感じがw
あと、これほど心に響く曲なのに、まだ1万再生いってないってのが納得いかないんですがww


動画を見てると、笑ってしまいます。
そのネタ臭で気付かないかもしれませんが、曲は相当アレですネ。
動画の中身のせいか昭和84年タグは付いてないですが、代わりに?オサーン寄添い組合タグが付いてます。やっぱり集っているのは、ここも同じですか?w

ということで、最近すっかり元気な昭和84年ですが、Eclipse01 さん監修でこんなのが出ています。



去年、一昨年の作品を思い返すという意味でも懐かしいランキングですヨ。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

悲しげで寂しげで

ニコニコ動画のタグでは「歌葬」。一般的にはレクイエム。
悲しみの当事者の思いは、なかなか他人には計り知れないものですが、切ない歌から思いを感じることは誰にもあることだと思います。


うp主コメは
「いなくなってしまったひとへ」
としか書いてないし、歌詞からも死別か失恋系の歌か、はっきり分かりませんが、感傷的な感じになる曲デス。
人によってはキーが高すぎという人も。自分はキーが高いのは好みなので、この曲も気になりませんが。

余談ですが、うp主の現実逃避PはDTM始めたばかりだそうで、始めて2ヶ月くらいでこれをうpしてます。凄いですネ。


タイトルからして鎮魂歌(=レクイエム)なバラードですヨ。
綺麗でしっとりとした良曲デス。
動画では、イラストの初音さんが途中で涙を流します。これがまた・・・

こういう曲は、聴くと心が揺さぶられますネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙の年か

2009年は国際天文年だそうですし、ちょうど国際宇宙ステーションに若田さんが行ってますし、今年は、なんとも宇宙な年だったりするわけですが。


宇宙物というには宇宙っぽさが少なく、宇宙ヤバイ系ではない良曲デス。
綺麗で心地よい歌ですヨ。
なにより
「辛いコトや 悲しいコトも 全部 1/6」
という、優しい思いの詰まった歌。
消えて欲しくないですネ。


ボストーク1号とガガーリンの歌ですネ。
歌詞にある「ユーリィ」は、飛行士のユーリ・ガガーリンのこと。
タイトルが vostok2+ とありますが、VOSTOK という曲をリミックスして、さらに修正したための 2+ というタイトルのようデス。決してボストーク2号のことでは無いようで。
イラストのイメージのように、星空を見上げているような澄んだ曲デス。

ちなみに、うp主の あつぞうくん さんは、リミックス前のこの曲の動画コメで「宇宙と未来とSFは男子の永遠の夢」と書いてます。まったくその通り。
宇宙に対するワクワクは、いつになっても変わらないですネ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »