« 流されすぎw | トップページ | ボカロック »

そこの青、ちょっと俺と代われ

歌の題材として恋愛モノは定番ですネ。
というより、大昔から歌なんて男や女の惚れた腫れたで歌われたものじゃないですか。
だから一人の恋心の心情を描くのは定番。
じゃあ二人で綴る歌は、なんでしょうか。


ぺぺろんPの感動的な曲。
切なくて、それでも二人の間にともった灯の熱いことといったら・・・
二人だからこそ際立つ魅力的な曲デス。


『サンドリヨンとはフランス語でシンデレラという意味です。』(うp主)
シグナルPが背景をイメージしながら歌を作りました。
配布のあとがきテキストにいろいろ書いてあって、ちょっと必見デス。
転載するのもなんなので、一部抜粋すると

もし、シンデレラがおとぎばなしでなく、もっと現実的なお話なら、どうなるでしょう?
(中略)
もしかしたらシンデレラとは、城へ潜入して王子を暗殺しようとする少女の物語なのかもしれない(後略)

ということで、これも、一夜限りの激しい恋の炎というところでしょうか。

二人だと、一人視点の歌よりなんかリアルな・・・というか生々しい(笑)感じがします。

ところで、タイトルの件。
仮に兄さんと代わってみたところで、どっちの歌もハッピーエンドじゃないっぽいので、羨ましいとばかりも言ってられないんでしょうかネ。
それでも代わりたいという気持ちは、よーく分かりますがw

|

« 流されすぎw | トップページ | ボカロック »

初音ミク(VOCALOID)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28911/42691392

この記事へのトラックバック一覧です: そこの青、ちょっと俺と代われ:

« 流されすぎw | トップページ | ボカロック »