« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の31件の記事

幸せな時

なんか、最近脳科学とかに関連した本が色々ありますよネ。
例えば恋愛について、、、恋をしていると、脳にいろいろ快感を引き起こす物質が出て正常な判断が出来なくなるとか、それが麻薬みたいな性質だから中毒になるだとか。。。
まぁ、まだ分かっているのは、格言が伝える恋愛の本質に届いてない表面的なところだろうと思いますが。

『恋の悩みほど甘いものはなく、恋の嘆きほど楽しいものはなく、恋の苦しみほど嬉しいものはなく、恋に苦しむほど幸福なことはない。』
byアルント
世界傑作格言集 愛の格言・名言集


“レゲエのリズム”というのが、ちょっと珍しい恋愛ソング。
可愛いらしさを追求したような曲が、いい感じデス。


爽やかな、ポップなロック。
もちろん可愛い歌詞にのせて、初音さんが心地よい歌声を披露してくれています。


可愛い歌ですが、ドラムやギターがロックしてる良曲ですヨ。
一歩戻って初恋ともなると、歌詞がとても初々しいですネ。
ニヤニヤします(・∀・)

結婚して、子供が生まれて、家族になって・・・という先にも幸せはありますが、まず基本は恋をしてる時ですよネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静かな雨の日にも

秋も梅雨に負けず長雨の時期ですから、雨降りの休日とかありますよネ。
秋雨のしとしと雨だと、なんか周囲の音が消えて、妙に静かな時間が流れるのデス。
たぶんこれは、静かな音楽に耳を傾けるのに最適なんだということで、音楽に浸ってみましょう。


短期間にヒット曲を連発していて話題のジミーサムPの曲デス。
ジミーサムPの曲は、どれも好きですが、静かに流す曲といえばこれ。
静かなだけじゃなく、最後の盛り上がりに震えるものがありますしネ。


40㍍Pの曲を巡回すると、バラードとか緩やかな曲が得意な人なんじゃないかと思います。
これも綺麗なバラードですヨ。
胸に感動が込み上げるいかにもバラードな一曲。


サムネイラストの脱力感に騙されそうになりますが、ガチで泣けそうないい曲デス。
シンプルにピアノと歌声だけの静かな曲が、心に沁みる歌詞にぴったりで、実に聞き入ります。

今度の三連休は、行楽日和になるのか、雨の休日になるのか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドットとピコピコ

いまや日本人でそれなりの年齢以下なら、ゲームを知らずに育った人はいないでしょう。
そしてドット絵+脳内補完は、日本の子供に必須のスキルw
最近の高画質しか知らない世代なら分かりませんけど。。。ああ、小さい子でもDSとかPSPとかあるから、日々脳内補完のトレーニングは、欠かしていないですネww


低画質にすると高画質になるとか、一時停止しても動く画面があるとか、謎の技術のオンパレード。
ドットのミクが、一時停止をしてもなぜか動きます。
う~ん、なんでしょうネ。これ。
あと、珍しさに目を奪われがちですが、曲も素晴らしい作品デス。


このうp主のドット絵シリーズ、一通り見てきましたが、どれも面白かったデス。
ドット絵もうまいし。
これだけ、よく作ったものデス。
かなり経験のあるドッターさんと見ました。
いや、曲もかなりなもんですヨ。


ファミコン好きにはたまらない、小ネタが詰まった秀逸な歌詞。
それに、懐かしくも新しいピコピコ音楽。

もし気に入ったら、うp主コメにもありますが、ネタ解説は必見ですヨ。
ピアプロ ♪ミゅーじっクえすと

なんだか、久々にピコピコしたくなりましたw

| | コメント (0) | トラックバック (1)

むしろ高めのほうが

初音さんは VOCALOID なのでキーの高さなんて苦にしませんでしょう。だから作り手も好きに歌わせられるのでしょう。
ほまは、元々キーが高い曲が好きで、キーの高さを聞き苦しさとは思わないんですが、他の人はどうなんでしょうネ。


サビになるとキーが高いデス。
でも、普通に聴けば高いキーですが、曲にあわせて綺麗に上がっていってると思うのですが、どうでしょう。


やっぱりサビでキーが高いデス。
カラオケで歌えとか言われたら氏ぬる。
でもアップテンポで可愛い曲デス。

あー、、、ちなみにこの動画は、キーだけじゃなく音量も注意デス( ̄▽ ̄;

初音さんの声だし、このくらいなら全然平気。可愛いとか思える自分は、耳がおかしいですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くり返し繰り返す

ここのところ毎年、改革とか言って仕事のやり方をガラリと変えることが続いているんですが、改革も2回繰り返すと裏の裏は表ってな感じで「あれ?これ前と同じじゃ・・・」なんて馬鹿なことがあるわけで・・・
そんな時、仕掛けるほうの言い訳は、「繰り返してるんじゃない。スパイラルだ。少しずつ良くなっているんだ。」とかいうものデス。
いや~、どう考えてもループしてるとしか・・・


いや、まさにこれ。うp主コメに共感しますw
ループしてても頑張るしかないのですよネ。

シンプルで軽快な曲に、初音さんのクリアな声がマッチしてます。


格好いいイラストで埋め尽くされた、格好いい曲デス。
これのイメージはSFでしょうか。機動歌姫ヴォーカリオンタグも、それっぽいという感じデス。


「ファンタジー風でアニメのOPみたくなりました」(うp主)
確かに。
疾走感のある曲に、歌詞もなんか熱くバトルってて、ゲームかアニメに合いそうデス。


曲の無限リピートだったら、作者様も喜ぶのでいいのでしょうネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘い甘い星の歌

星は星でも「☆」のほうってことで(お約束)。
タイトルに☆をいれて、それは何か乙女な感じを出そうというのですか?
確かに女の子のブログやらメールって、よく☆が出てきて読みづら・・・可愛いですよネ。


タイトルの通り乙女な初音さんの恋愛ソングなんですが、、、えらくロックで男前ですヨw
でも乙女の曲なんだから、おっさんホイホイタグは無いと思うんだww


PVに気合入っているコラボ作品デス。
曲はもちろん、絵師達みんな素敵すぎます。

でも、腐ミクと勘違いしてしまう---ってww
いや確かにそれネタか?っていうポイントがいくつかありますけど、それが分かるおまいらが大好きデスww

そうそう、甘い星といえば・・・

この手の作品は、やっぱり初音さんの十八番ですネ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

落ち着いた大人の二人

兄さんは、仕事を選ばなければ格好いいのだ。
姉さんは、酒に飲まれなければ格好いいのだ。

まるで自分のことのようですって?・・・うん、大人になるといろいろあるよネ。
だから、たまには真面目に仕事しているところを見てあげましょう。


うp主コメントのセンスが異常(いい意味で)な方ですが、そのセンスが歌詞にも存分に現れています。
それを和風のオケにのせて年長組が歌い上げる。。。
こういう曲は、そう多くはないですよネ。

ちなみに作者様のP名が、ボス走らず急いで歩いてきて僕らを助けてP なんて名前のおかげでコメントが大変なことにw


こちらも、和風のオケにのせて年長組が歌い上げるのが似合い過ぎます。
曲と紅葉(イラスト)と職人が作る雰囲気が、秋の落ち着いた風景を思い起こすようで。

イラストの顔は、幼さがあって可愛い過ぎますが、そのギャップもまた( ´ω`)

今日みたいな曲は、年長組の本気タグで見られます。
本気の二人は、やっぱり格好いいのデス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落ち着いた大人の曲調

ほまは、ハードなのとか早いテンポとかそういう曲が好きで、市販の曲だとそんな曲ばかり溜まっていくんですが、最近、こういう曲は聴いてて疲れなくていいな、と思うようになりました。
大人になったんでしょうかw (決しておっさんになったとは言うまいww)


ビックバンドってなんでしたっけ。ああ、ジャズですか。
ビックバンドとは (Wikipedia)
OSTER さんは、結構ジャズが好きみたいですネ。ほまも OSTER さんのジャズ系好きですヨ。


ジャズワルツ・・・3拍子のジャズのことだそうで。
本家が悲しい物語の歌なので、ジャズのムーディーな世界はあってますネ。
でもワルツはダンスのための曲だし、テンポはちょっと楽しげ。
このアンマッチは、情熱Pの狙いなのでしょうか?

どっちも素晴らしいジャズアレンジでした。本家があるだけに、より楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お薦めの基本形

人に何かをお薦めする、ということでいうと、CMというのは基本中の基本ですネ。
普通の広告の場合は、作っているのは当事者あるいはその関係者なんですが、他人の作品のために作ったCMは広告と呼べるのでしょうか?


ボカロオリジナル曲の支援形態としては、上級者コースなのがPV制作でしょう。
しかしPVを作るのは大変な労力ですから、こうして30秒に凝縮することで、製作者達のハードルも下がるかもしれません。良い企画ですネ。

見てたら知らない曲もあって、さっそくお薦めにのっかりましたヨ。


謝謝Pの綺麗なバラード。
一目惚れした0.5秒をテーマにした、素敵な曲デス。


このあいだ、ありがとうってことでネタを書きましたが、これも素晴らしいありがとうソングですネ。
心が暖かくなります。
歌詞なんて、かなりほまの言いたいことが凝縮された良い歌詞で、自分の文章なんかよりは、とりあえずこれを聴けとw

テレビならCMは飛ばしますが、これならCMを見るために見にいきます。
30秒・・・フルが見たくなるもどかしさもまた、飢餓感をあおっていて狙いがいいですネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユーミン+ミク=ユーミク

Eclipse01の日記 さんで、ユーミンのことを取り上げてました。
いわく、「ユーミン(荒井由実・松任谷由実)の声とミクの声」は“親和性が高い”そうで、初音さんのカバー曲がいい感じなんだそうデス。

で、ユーミン特集なんてどう?って話になったのデス。
しかしほまは、松任谷由実の知識が薄っぺらいので、ユーミンの曲でお薦めとか言われてもどうしようかと・・・
だったら、ということで、リアルミク友のSさん(ちなみにあっちのほうが年上)に聞きました。
「ユーミン好きですか?」
「結構好き。荒井由実時代も知っている。」
「ミクカバー曲は?」
「聴いてる。あれ、なかなかいーよね。」
期待通りの答えが返ってきました(^_^)

そんな訳で、前置きが長くなりましたが今回は、ボカロ系ではカバー曲好きなSさんお薦めのユーミン特集デス。


優しく歌い上げてます。
これ、もっと評価されるべきですネ。
この作品がうpされた当時にスナック初音ランキングがあれば・・・


タイトルに見覚えは無かったですが、あらためて聴いてみると、聴いたことある曲でした。
さすがユーミンとでもいいましょうか。
(それでも曲のタイトルがさくっと出てくるのは、Sさんレベルじゃないと)

↓同じうp主が、リン版と姉さん版も作ってました。これはこれでなかなか・・・

「ほまが知ってるのって、映画になった曲とかなんですよネ~」
「ああ『恋人がサンタクロース』とか。」
「他にもありましたよネ?」
「なんだっけ・・・そうだ『守ってあげたい』だ!」

めちゃくちゃ懐かしいデス。
映画「狙われた学園」の主題歌。
もう映画の中身を思い出せませんが、どんなんでしたっけネ~。

↓こっちも。

Sさんは、この映画「私をスキーに連れてって」が学生生活とリンクしてたそうで(すいません、歳ばれますネ^^;)、スキーでナンパな青春という思い出だそうでww

この記事を書くためにお薦めされたものを一通り聴きましたが、親和性が高いというのは本当でしたネ。
ついでに言うと、タイトルにある通りミクカバーのユーミンだからユーミクなんだそうで、「ユーミク」タグでいろいろ検索できました。

ところで Eclipse01 さん、荒井ミクP作品については、立て続けにブログで紹介をしてて、相当気に入られたようですネ。
【動画紹介】荒井ミクP新作「海をみていた午後」(Eclipse01 の日記)
【動画紹介】初音ミクでユーミンの「守ってあげたい」(Eclipse01 の日記)
【動画紹介】初音ミクでユーミンの「DESTINY」(Eclipse01 の日記)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

どういう歌わせ方

初音さんベタ打ちの声も結構好きなんですが(じゃなければ、こんなにはまってないですか)、うまく歌っているのだって好きデス。


声が初音さんっぽくないデス。
ここまで調声する人は、珍しいですネ。
人が歌ってるのかと思った、というコメントがつくほどデス。


人っぽく歌う初音さんデス。
ぼかりす”とか“ぼかんないんです><”を思い出しました。しかし独自のやり方だそうデス。
うp主の音774 さんは、この独特の調教方法をDOMINO調声法と言っております。
うp主コメにある通り、ブログでやり方など書いてあるそうデス。

まぁうまく歌うかどうかは、好きになるかどうかに直結はせず、上の2曲も曲の素晴らしさがあってこその好きな曲ですヨ。

ところで最近、“人間”が歌っている曲を聴いたとき「うまいな」と感じる割合が増えた気がします。
これは慣らされ過ぎたボカロ耳の弊害なのでしょうか?w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

減ってる・・・

週刊VOCALIDランキング一周年(※先週分の#54)だそうで、おめでとうございます。
ほまは、いつもこれを週末にこれをチェックしてます(のでお祝いが遅れる訳デス^^;)。
で、最近なんだかボカラン自体の再生数が減ってますネ~
今までは、だいたい週末時点で6万再生前後の数字だったんですが、最近は4万5千再生くらいなんですヨ。
基本的に、あまりループする動画じゃないんで、再生数は視聴者の数を素直に反映しそうですよネ。
つまり、残念ながら視聴者が減っているということを如実に物語っているのでしょう。

これの視聴者が減っているということは、ボカロ全体でも楽曲が伸びにくくなるということかと思います。
それだけにうp主が、○万再生いく・いかない、といった数字に惑わされないといいですが。


ゆるやかな中に、やさしいメロディーが響く良曲デス。
写真に残る思い出がテーマの歌で、懐かしさを感じるときの感傷が表現されているのではないでしょうか。


心地よいポップサウンド。
タイトルの通り、曲が刻むリズムに身体がつい反応します。

ということで、今日は気に入っている曲の中から、まだ5千再生に行ってなかった曲を2曲ほど。

ちなみに、これまでも再生数が落ち込む時期は何度かありました。
やっぱり実生活が忙しい時期は減る、という感じのようデス。
8月から9月のときに社会人が減って(夏休みシーズン終了)、9月から10月にかけて大学生が減った(大学の夏休みシーズンw終了)のでは、と思ってます。
それはもう仕方ないのでしょう。
ですから、年末に盛り上がることを期待して、今は力を温存する時期だと思いたいですネ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もはや二次元ではない

ニコニコ技術部の動画をしばらくぶりに巡回したら、面白いことになってました。


我が家の前にも来てくださいw


我が家の押入れに入れっぱなしの Wii は、このために使うべきかw


そして画面を飛び出しましたw

いや、、、初音ミクって元々は(パッケージ絵を除いて)二次元ですらなかった訳ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感謝の気持ちを

ありがとう、というのはよく簡単に使う言葉ですが、心から感謝しての「ありがとう」は、なかなか言えなかったりします。
特に相手が身近であれば、あるほど、照れくさくなってしまいまして。


初音ミク誕生祭の曲のひとつ。
卑屈Pの作品デス。
聴いた当時は、祭でヒートアップしてたせいか、歌詞の細かいところの意味を理解してなかったようデス。
今になって冷静に聴くと、かえって初音さんの一年の歩みが思い出されて感動します。

・・・なんだかんだで、もう一月半も経ったんですか。


これも初音ミク誕生日に関連しての一曲。
初音さんが、マスターとかに感謝の気持ちを歌っている、というシチュエーションが想像できますが、普通に恋人・夫婦でも通じる汎用性のある歌詞デス。
これを自分に向けて歌われたら氏ぬる。

こういう言葉は、大事にしたいですよネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しんみりしますネ

季節柄でしょうか。
この曲いいな、って思ってよくよく歌詞を聞いてると、実は別れの歌だったり。

秋の夜長は、しんみりしますネ。


メロディーでもうグッとくる良曲ですが、歌詞が輪をかけて泣かせる詩デス。
これは、心に沁みてきます。
個人的には、初音さんの透明な歌声が、こういう曲にはすごく向いてると思うのですヨ。


ヤバイ。こっちも泣かせます。
切ない歌詞を盛り上げる綺麗なピアノ。
これは、心が震えます。


別れの歌なんですが、骨盤Pらしいノリのよいロック。
何度聴いてもノリのよさに、しんみりとはならない・・・なぁ・・・あれ?
テーマに合ってないじゃないですか( ̄▽ ̄;A
ま、それでもお薦めしたい一曲デス。

最近、こういう切ない曲につい耳が傾いてしまって・・・やっぱり季節柄ですからw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボカロの日常?

ボカロ二次作品で好きなものの一つが、漫画作品デス。
漫画といっても、ニコニコ動画の作品なんですけどネ。
ニコニコ動画で漫画とは、これいかにw


絵もうまいし、物語がとても面白いww
このキャラ付けは、ありそうで無かった。
『ほのぼの動画とかニヤニヤ動画とかやってみたくて作って見ました!…が、どこかで方向性を履き違えた模様』(うp主)
ああ・・・確かにあさっての方向に向かってるようなw

↓第二幕でキレに磨きがかかったようデス。

なんだかこの初音さんが生き生きしてるんですけどwww


微妙に生活場所がPCの中なのが笑えます。
本当にPCの中でこんなことになってそうなw
ところで、がくぽの紅白ネタは、どのくらいの視聴者がついて来れるんでしょうか・・・w

そして、このうp主 はんにゃG さんが、あの問題作をネタにしました。
何が問題なのか、まず本家を見て吹くのがいいと思いますヨ。

いや、タイトルからして問題アリなんですけどネw

そして、この動画の舞台裏(想像)がこちら。

頑張れがくぽ(;^ω^)

ボーカロイド家族とか、ボーカロイドの日常とか、こういう作品がキャラクターに深みを与えてくれます。
この辺も含めて、ボーカロイド達が好きなんですよネ~(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ささやくように

ウィスパーボイス(Whisper voice) って言葉を初めて聞きました。
今まで音楽に縁遠かったので、この手の言葉は知らないものが多いデス。
逆にいえば、新鮮で面白いデス。
ウィスパーボイス (Wikipedia)


『ウィスパーボイスとやらにチャレンジしてみました』(PIAPROコメントより)だそうデス。
ウィスパーボイスってなんだ?って調べたきっかけデス。

なんだかVOCALOIDにささやかせるって、すごく難しいんじゃないでしょうか・・・
雰囲気はとても伝わってくる曲デス。


雰囲気でいうなら、これもささやいてる感じの歌じゃないですかネ。
うるおいが欲しいときに、ぜひどうぞw

ところで「ささやく」で、添い寝シリーズが思い浮かんだ自分は、ニコニコを見すぎたのかもしれません(;^ω^)
添い寝シリーズとは (ニコニコ大百科)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定期的に出てくる

数はあまり多くない。
たま~に見かける程度。
だから決して主流ではないのでしょうが、VOCALOIDならではの歌というのがありますネ。


マスターの悲哀を歌った歌?
共感できれば、あなたも立派なボカロマスター。
中身は弱音ハク歌なんですが、皮肉なことに(?)これがうp主の最多再生動画になったみたいデス。


初音さんとネギは、もう切っても切れない関係だったりしますが、ネギの歌ってそんなに数は多くないデス。
っていうか、ネギをネタにして歌作るって、ハードル高そうですよネw

ネギ関係の歌なら、葱神教タグで巡回できます。
ネタと侮るなかれ。結構な良曲がありますw

今日は、どっちもほのぼのでした (*´ー`)ノ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヘッドホン推奨

自分のヘッドホンは、ヘッドホンっていったってイヤホンのちょっと高い奴デス。
でかくて高いのだと、音が違うんですかネ。あまり気にしたことなかったですけど。
たまに、電車にでかいの付けて乗ってくる人がいます。
思わず、おぉっと思っちゃいますネ。


シグナルPのリンソロ曲デス。
伝説のリン廃が久々にリンの本気を見せてくれました。
やっぱり凄いわ、この人。。。

配布されたあとがきによると、『スピーカーの正面やヘッドホンで聞くとリンが頭の中で叫んでいるような感覚になります。』とあります。
スピーカーより、ヘッドホンのときにより顕著デス。
とても印象的デス。
ちなみに、今回の一番の聴き所はここじゃなくて、『ライン録りじゃなくてアンプを爆音で鳴らしてマイクで録った』ギターだそうデス。


絶対ネギって言ってますよ (*´・ω・)(・ω・`*)ネー
それはともかく、この曲をヘッドホンで聴くと、合いの手で入ってる声がすごく耳をくすぐります。
なんでしょう、、、メインボーカルが初音さんで、合いの手がはちゅねなんですかネ。
クセになります。

ヘッドホン推奨 とは(ニコニコ大百科)
ということで、ヘッドホン推奨という言葉にはいろいろな意味があるようデス。
とりあえず上では、スピーカーから流すと恥ずかしいようなものは薦めてないので、ご安心をww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユニット名は何でしたっけ?

がくぽ+KAITOで歌うと、ユニット「ナイス」といわれます。
ナイスとは(ニコニコ大百科)
これにレンが加わると、「バナナイス」というらしいデス。
MEIKO+ミク+リンの女性3人組みだと「ユニット信号機」っていうらしいデス。

じゃあ、ミク+リンって何?っていうと、まだ名前が無いんですネ。
前からコンビで歌うことがありすぎて、今さらユニット名が付けにくいんですかネ。


ぺぺろんPの夏コミ向け楽曲。
サビがもろ好みデス。
いや、Bメロが実は一番好きデス。
いえいえ、イントロ聴いたらもう、これは引き返せませんヨ。
・・・まあ、どこ取っても好きな曲ということでw


さすが、うp主コメに red big で『やっぱ無印リンちゃんが一番かわいいと思うんだ。』と書くだけあって、リンの声がかなり心地よいデス。
そこに初音さんの声が重なって、綺麗なハーモニーを聴かせてくれています。

こういう風に声をあわせてる曲を聴くと、余計に2人の声質の違いが絶妙と思えます。クリプトンもCV02出すときの中の人には、いろいろ考えたんでしょうネ。
この2つの声をうまく組み合わせると、思いのほか凄い良曲になるような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

翼が欲しい

純粋に空を飛べたら気持ちいいだろうな、というのもありますし、比喩的な意味で翔んでしまいたい、ということもあるでしょう。
人としては、永遠にあこがれるものかも知れません。


あわあわpデス。略すとあわあわあわpになるそうデスw
それはともかく、なんかハードな曲ですヨ。
めっちゃ格好いいですヨ。
テンションあがるわぁ( ´∀`)


そそそPの曲。こちらも、とても格好良い。
ヴォーカリオンじゃないですが、ロボットアニメのアニソンにも似合いそう。
戦って勝つイメージな曲ですネ。
昨日のテーマにも合いそう。


アニソンっぽいということでは、これもそれっぽいデス。
音速を超えて飛んでいく、そんな歌。
そのタイトルに負けない疾走感があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3連休の楽しみに

ここのところ、ボカロ楽曲というと外に出歩いている最中に携帯プレーヤーで聴くのが、もっぱらになってしまいました。
VOCALOID楽曲動画には、それではもったいない、という動画がありますから、この3連休は、ちょっとニコニコしてもいいのでは?


原曲の「千年の独奏歌」は、作者様の yanagiP が、KAITOには「どんな曲・どんな歌い方が合っているんだろうか、と考えた末に出た一つの結果」といってうpした曲デス。
さすが KAITO のために作った曲というだけあって、実に KAITO が気持ち良く歌っているように聴こえます。
そして、その曲に感動したうp主が作ったのが、このPVデス。
素晴らしい演出と、センス溢れるデザインと、曲にあわせて見事に動く動画と、、、これは感動できます。


ちえPのラテン音楽も楽しくて良いですが、これは曲だけじゃもったいない動画なのデス。
動画作者の Tripshots さんの CG が堪らなくて、何度見ても飽きません。


完成度という意味では負けていません。珍しく造形師からの一作。
ねんどろいど改造とか、元のPV再現とか、いろいろと頑張ってます。愛が詰まってます。
弾幕の濃さまで再現するとかww

これでVOCALOID PVランキングとか、MMDランキングとかをベースに見て回ってたら、きっと3連休はあっという間でしょうネw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦闘準備だ

大人の世界は、生きてるだけで戦いの連続だ。。。
どっかのエロイ人が言ってた気がします。
いやー、そんなことは学校じゃ教えてくれなかったんですけどネ。


素晴らしいファイティングポーズ。
灼眼のミクたん(笑)が格好いい姿を見せています( ̄▽ ̄)
曲のほうは、スカっていうんですか。最近あまり聞かないからって、こういうのを懐かしいとか言っちゃいけないんですかネ。


「本当に大事なのはひとつだけ 分かっているから」と歌ってますが、ほまはあんまり分かってません。
挫けそうになると、なんかこのサビのフレーズが頭をよぎります。
本当に大事なことってなんだ?と思いながら。
分かってないから、いろいろ失敗するんじゃないかなーとも思ったり。

何はともあれ、曲はポップでノリがいいデス。
それと、イラストの初音さん、こちらもなんか戦ってる感じですネ。
挫けず前向きに、、、そんな歌ですヨ。

凡人が自分を主人公に見立てて戦うには、それなりのBGMが必要なのデス。
・・・最近、負け続けですが (´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Boy meets THE Girl

(作者様が男とは限りませんが・・・)

物事には、出会ったから始まることもあります。
人によっては、それは運命というかもしれません。


ラマーズPの曲は、どれも楽しくなります。
マスターがいて、初音さんがいる生活。羨ましい・・・
それにしても、相変わらず絵を沢山描く人デス。


さすが一周年記念な曲。
初音さんのイメージを歌っていつつ、なんか初音ミクとの出会いを感謝しているかのようデス。
タイトルは、(初音ミクに)贈るメロディ ってことでしょうか?

そうそう、自分のこの一年の生活も変わりました。
でも、もう“出会ってしまった”から仕方ないのデス(^ ^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボカロック

『(もっと)ボカロにロックを!!!』
↓こちらのうp主さんが叫んでおります。

なにかと思ったら、実はピアプロの有志コラボでした。
(もっと)ボカロにロックを!!!(ピアプロ)

なるほど、確かにちょっと初音さんとロックって、相性が良くないですよネ。
それだからロックが少なくなるのは、仕方ないと思うのデス。
それでもこうして、ロック魂をたぎらせろ、っていう人がいるのですから、期待したいところですヨ。


タイトルの通りロックですが、ろっくんろ~デスw
可愛いな・・・これはこれでアリな気が。。。結構、初音さんの甘い声でも融和してます。

ロックというと、最近は、こっちのほうが熱いですかネ。
毘ジュアル系w

格好いいですよ、がくぽ。
あんまりボカロオリジナルで聴かなかった曲調ですよネ。


激しいですよ、がくぽ。
ドラムの激しさが、もうたまらないですネ。さすが毘ジュアル系。

がくぽの立ち位置って、見事に既存ボカロの穴埋めしてますよネ。
そしてボカロオリジナル曲の幅が、また増えたようで楽しい限りデス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そこの青、ちょっと俺と代われ

歌の題材として恋愛モノは定番ですネ。
というより、大昔から歌なんて男や女の惚れた腫れたで歌われたものじゃないですか。
だから一人の恋心の心情を描くのは定番。
じゃあ二人で綴る歌は、なんでしょうか。


ぺぺろんPの感動的な曲。
切なくて、それでも二人の間にともった灯の熱いことといったら・・・
二人だからこそ際立つ魅力的な曲デス。


『サンドリヨンとはフランス語でシンデレラという意味です。』(うp主)
シグナルPが背景をイメージしながら歌を作りました。
配布のあとがきテキストにいろいろ書いてあって、ちょっと必見デス。
転載するのもなんなので、一部抜粋すると

もし、シンデレラがおとぎばなしでなく、もっと現実的なお話なら、どうなるでしょう?
(中略)
もしかしたらシンデレラとは、城へ潜入して王子を暗殺しようとする少女の物語なのかもしれない(後略)

ということで、これも、一夜限りの激しい恋の炎というところでしょうか。

二人だと、一人視点の歌よりなんかリアルな・・・というか生々しい(笑)感じがします。

ところで、タイトルの件。
仮に兄さんと代わってみたところで、どっちの歌もハッピーエンドじゃないっぽいので、羨ましいとばかりも言ってられないんでしょうかネ。
それでも代わりたいという気持ちは、よーく分かりますがw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流されすぎw

いくら丼が食べたかったな~」・・・翌日には、スーパーでいくらを買ってました。
そうだ、ワッフル食べに行こう」・・・以来デザートのレパートリーにワッフルが・・・
見せてあげる ダッツへの想いを」・・・今まで高くて敬遠してたけど、、、値上げした後だけど、、、初めてダッツ買いましたヨ。食べましたヨ。
そうそう、パン屋さんで見つけた新作のパン。ほう、これが噂のブリオッシュか、って買って食べてみました。(でもこれ、世間的にはえらい局地的な噂なわけでしてww)

そんな自分は、流されすぎだと思います (´・ω・`)

そして、こんな自分を惑わす歌がまた・・・


無性にチャーハンが食べたくなりました。
相変わらずデス>自分ww


卵は偉いですよネ。
庶民の味方。
お金が無いときの救世主。(主に卵かけご飯w)
身近すぎで忘れがちですが、このPVを見ると卵愛が芽生える?

↓PV見るまでは知らなかった偉大な原曲。


本当におなかすいてきたw
とりあえず、この歌のようにくじけずにいればいいのですよネ。
ごはん食べれば幸せ( ̄ヮ ̄)

当然、十何年かぶりにペヤング買いましたヨ。
我が家の流しでは、ベコッ の大きさが足りませんでしたけどw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事するからループさせとこう

休日の特権ということで、好きな曲を聴きながら仕事します。
でも、当然ながら曲ならなんでもいいって訳じゃありません。
ニコニコの作業用BGMとしてうpされているものだって、作業が中断されることもしばしば。そんな曲混ぜんなよってw


作業用にいいな、って感じでした。
気付いたら30分くらいループしてました。作業しながら。
元々えれくとりっく・えんじぇぅが好きってのもありますけど、流してて気にならない心地よさがあるからでしょう。


歌詞乱数だとか。
曲を聴けってことですネ。
初音ミクは楽器って感じなんですかネ。
トランスのお手本とコメされています。


イラストが見事に雰囲気を醸している、怪しい(?)曲。ミクトロニカ。
聞いてると不安になるらしいですが、ずっとループしてると、だんだん慣れて・・・

今日ピックアップした曲の共通点は、歌詞が無いor少ないってことですか。

仕事がはかどった気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2つの世界

鏡に映った姿は自分の姿じゃなく・・・・
“鏡の中のもう一人の私”という鏡音リンレンのコンセプトを捉えた曲が、たまたま2つ聴こえてきました。
片方は、週刊VOCALOIDランキングのEDとなり、もう一つは・・・


二人が鏡によって隔てられた、ファンタジーな世界。
綺麗でポップな曲ですネ。
そして前向きで明るい歌ですネ。

で、次の曲に入るために、まずこちらの歌詞(ピアプロ)を読んでみることをお薦めします。こういう世界観の歌なんだなぁ、と。


同じような鏡越しの二人を描いた世界ですが、いろいろ生々しいww
そして困ったことに、曲がすごくいいんですがwww
乱数Pの奇才ぶりが素晴らしいデス。
さすがは乱数P。

ボカロも曲もP次第ですネw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初物は縁起物

初物は縁起がいい、といいます。
初物を食べると寿命が延びる、なんてこともいいます。

だったら、初物の音楽だっていいものデス。
これ聴いて元気を分けてもらいましょうか。


ニコニコ動画では、演奏してみたで1、2を争う人気者、中村イネ さんの初ボカロ作品デス。
しかし可愛い曲じゃないですか。
作曲は中村イネ さんですが、作詞は、動画の絵師でもある柏木志保さんだそうデス。
さすがに、これだけ可愛いイラストに合う甘い歌詞をいきなりは作れませんでしたか?w


ニコニコ動画では、演奏してみたで1、2を争うテクニシャン、[TEST] さんの初ボカロ作品デス。
演奏上手な方ですから、バックのギターは生演奏なんでしょうネ。
ハードで格好いい曲ですヨ。
一番の聴きどころは、間奏のギター部分ですか?
ボカロ廃としては、初音さんを差し置いて、とも思いますがw 聴く価値あります。

ということで、初物な2曲でしたが、初物が縁起いいなら、もう初“音”物は全て縁起がいいということでいかがでしょう?(^_^ゞ

それにしても、演奏してみたで人気の人がミクオリジナル曲だなんて。
もちろん音楽に通じた人であることに疑いの余地はありませんが、VOCALOIDに興味をもって、演奏だけじゃなくオリジナル曲を作って発表してくれるなんて、ニコニコの聞き専としては非常に嬉しいですヨ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落ちる・・・

秋の日はつるべ落としといいますが、落ちるのは太陽だけでもありません。


明るくファンタジーな曲ですネ。
それが、カプセル飲んで辿り着いた世界じゃなければ、ですけどネ。

「ダメ。ゼッタイ。」 (>д<)b


どうもこの曲は、続き物のストーリーになってるんじゃないかと解釈してます。
作者様である機材欲しいPの最近の曲のタイトルを並べると、
もう、いらないって。」→「わたしのせいじゃない><。」→「(´・ω・`)ノシ」
最後のこの曲は、このタイトルでバイバイって意味じゃないかというコメントがありました。
なるほどですネ。
いい曲ですが・・・鬱デス(´・ω・`)

・・・病んで、別れて、落ちて、、、やば・・・ネガティブな一週間ですネ( ̄д ̄;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »