« 自由な創作の果て | トップページ | ちょっと振り返る »

歌う人形

ボーカロイドをどうイメージするかは、いくつかパターンがありますネ。
擬人化する人。
PCの中とか、電子の存在とする人。
ボーカロイドというアンドロイドにする人。
そして、人形とする人も。


格好いい曲デス。
大人っぽい曲デス。
歌詞は、ちょっとエロいかな?
その辺も含めて大人っぽい曲ということで。

マリオネットということでは、もうひとつ良曲があります。

こっちはリンですが、こっちも大人っぽい雰囲気の曲ですネ。
偶然か、マリオネットから連想されるものがそうさせるのか。


初音ミク=人形、ではないかもしれませんが、ぜんまい仕掛けの人形視点の切ない物語の歌デス。
って言っちゃうと、ネタバレになっちゃいますか。
曲では、人形って出てくるのは最後で、わざとそうしてるっぽいですからネ。

こうして色々なものに例えることが出来るボーカロイドっていう存在は、うまくできてるなと思います。
創作意欲に貢献してますよネ。きっと。

|

« 自由な創作の果て | トップページ | ちょっと振り返る »

初音ミク(VOCALOID)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28911/42340028

この記事へのトラックバック一覧です: 歌う人形:

« 自由な創作の果て | トップページ | ちょっと振り返る »