« この紅茶 どうする・・・ | トップページ | 夏の夜に »

夕暮れノスタルジック

日が長い夏は、仕事が一息ついてふと窓の外を見ると、まだこんなに明るいかと驚くことがあります。
お茶でも飲みながらビルの合間に沈む夕日を眺めて、、、やりすぎると上司に怒られるわけデス(^_^;A
まぁ夏至は6月。もうそんな風に感じるのも一ヶ月も残ってないですけどネ。


「チョコレート・トレイン」は、特定の路線を言うのではなく、夕日に照らされた電車がチョコレート色に染まり・・・というイメージなんだそうデス。
電車に乗って夕日を眺めるなんて、帰宅でそれが出来るのは、日の長い夏の一時期だけかな(´・ω・`)

フィルターないのにいつも弾幕だらけ。みんなこの曲が好きなんだなぁ( ̄∀ ̄)


詩の主人公は、街中をさまよっているようですが、方向音痴というのは比喩的な意味で使っているんでしょう。
「道しるべ 見えないフリした」とか歌詞に出てきますし、「探して迷った」のは、何を探して、どこに迷ったのか・・・
深いデス。
あるいは、勝手に深読みしてるだけなのかw
歌詞にマッチした切ないメロディーが、夕暮れの街中をさまよっているとかイメージさせます。
これまた勝手にイメージしているだけなのかw


タイトル、ここから頂きました。
週刊VOCALOIDランキング#18 のED曲デス。
タイトルから受けるイメージそのままの良曲ですネ。

ノスタルジックというのは、故郷を懐かしむか、昔を懐かしむか、、、いずれにせよ懐かしむ対象が無ければ浸れません。
東京のサラリーマンは、両方標準装備ですか?( ̄∀ ̄;

|

« この紅茶 どうする・・・ | トップページ | 夏の夜に »

初音ミク(VOCALOID)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28911/42043870

この記事へのトラックバック一覧です: 夕暮れノスタルジック:

« この紅茶 どうする・・・ | トップページ | 夏の夜に »