« 「歪みねぇな」 | トップページ | 終わる夏を惜しむ »

その箱には何が詰まってますか?

曲の歌詞は、抽象的な詩になっているものも多いデス。
抽象的な詩では、比喩表現で何かが何かを現していることも多いデス。


心の中の小箱には、何が入っているんでしょうネ。
この曲の歌詞でも、そんな感じの問いかけが繰り返されます。
なんだか哲学的ですネ。
その小箱は、鍵がかからないんだそうデス。
深いですネ・・・

でも、たまに無理やり鍵をかけてしまう人もいるかもしれません。
↓次は、そんな人を歌った曲かもしれません。


『このハコが出れません』と繰り返す、『ヒッキーニートの歌』だそうデス。
作者の アゴアニキ さんは、他の曲でも独特の歌詞を書く人で、その歌詞に心を打たれ、曲だけじゃなく歌詞の世界も含めて惹かれている固定ファンが多いようデス。
しかし歌詞が重くなりそうなところを、軽快なオケで打ち消し、楽しい音楽になってます。
見事ですネ。

ただいま、この曲を含めた アゴアニキ さんの曲のカラオケ化投票がされてます。(→JOYSUND.com
カラオケになったら、ぜひ歌ってみたい曲のひとつデス。


ここでいう比喩って、メタファーなどともいわれます。
メタファーなんていうと、やたら格好いいですネ。

追伸:
箱違いですが、こんなのをピックアップしてみます。

ご存知、初音ミクの中の人がラジオ番組をやってるやつデス。
全部聞いたわけじゃないですが、なんだかずいぶん初音ミクとは違うと思います。
ちょっとした語尾とか単語の端にでも初音ミクらしさが出ないかな~、なんて注意して聞いてみたんですが。
やっぱりサンプリングに使われたのは、初音ミクを演じた声なんですネ。
ある意味、さすが声優さんデス。

|

« 「歪みねぇな」 | トップページ | 終わる夏を惜しむ »

初音ミク(VOCALOID)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28911/42188349

この記事へのトラックバック一覧です: その箱には何が詰まってますか?:

« 「歪みねぇな」 | トップページ | 終わる夏を惜しむ »