« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の31件の記事

おめでとう

HAPPY BIRTHDAY !!
2007年8月31日に VOCALOID2 初音ミク が発売されたので、今日は初音さんの誕生祭デス。
(一応、知らない人のために説明)

まぁ一年前には、ほまもその存在を知らなかったのですし、この一年でいろいろ成長したものですネ。

さて、普段は速報性を気にしない(したくてもなかなか出来ない)当ブログですが、今日は日曜ですし、見たばっかりのニコニコ動画の誕生祭関係の話を徒然に書こうかなと。
8月31日はミク誕生祭(ニコニコ大百科)
まめな人が、こんなタグをつけて大百科でまとめたりしています。入り口にするには、便利デス。


暴走Pが一周年を祝って動画をうpしてくれました。
でも暴走しすぎてフライングでしたw
(投稿日30日0時過ぎ)

で、投稿者コメにもある通り、自動でジャンプして5曲ループなアルバム構成になってます。
いい曲ばかりなので、ぜひ一周してください。
【ニコニコ動画】【初音ミク×3】「ありがとう。」【オリジナル】 sm4457801 卑屈P
【ニコニコ動画】初音ミクにオリジナル曲なんてものを 「三年後の私に…」 nm4457970 畳P
【ニコニコ動画】エレクトロエレジー【初音ミク】(オリジナル) sm4455918 ゆうゆ さん
【ニコニコ動画】オリジナル曲「いつか見た黄昏」初音ミク sm4456419 ヤスオ さん


前にこの流星群の製作途中動画をうpしてから、しばらく他の曲ばかりうpして「寄り道」といわれ続けてきた awk さんですが、誕生日に完成版がきました。
超力作デス。
これは最高のプレゼントですネ。
(いや、むしろ祝う側の我々が喜んでいるというw)

ピアプロでも、誕生日おめでとうイラストが続々とうpされています。
ピアプロ - タグ「誕生日」
こうして祝福イラストをたくさん眺めていると、それだけで幸せになってきます。

有名Pもいっぱいお祝いしていますが、今までうpしてこなかった初心者という人も、この日は特別ということで、初投稿しているケースが見られます。
誕生日用に曲を作ってプレゼントとか、なんとも愛に溢れています。

初投稿の人がいるかと思えば、投稿数がハンパない大量うp主さんも。

衣装Pも、誕生日を祝ってくれました。
シンプルで定番な Happy Birthday ですが、今まで何百曲もうpしてるのにちゃんとこの日にこれを用意しているあたり、さすがデス。

そして曲をうpする人だけじゃなく、こういうゲーム風動画作者な方々もお祝いをしています。

とにかく、ありとあらゆる作り手が、みんなでお祝いしている感じですネ。
この「みんなが集まって祝ってる」というのじゃなく、「みんなが集まって“作って”祝ってる」というところが、初音ミクの特別なところなんだなぁと思います。

いや~誕生祭は、昨夜の日付が変わったときがピークでしたが、それからずっとやってまして・・・寝ないで参加し続けている人もいるんでしょうか?
祭っていうのは、そういうものだってことなんでしょうけど、みんな体力ありますネ ( ̄▽ ̄;A

<おまけ>
↓なんだかんだいって、一番の祭会場。

ほま朗的初音ミクの原点が、このめでたい日に500万再生となりました。
Wでおめでとう(⌒▽⌒)/彡☆゚・。・゚★・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終わる夏を惜しむ

学生のときなんかは9月過ぎもずっと休んでましたが、子どものころは、夏休みといえば8月31日まで。
だったので、8月の終わりが夏(休み)の終わりなんですよネ。もう刷り込みですネ。
今でも、8月の終わりが近づくにつれ、物寂しさを感じてしまいます。


7月ごろの花火大会は、これから夏が始まるぞ~!っていう、まさに打ち上げ花火なんですが、8月終わりの花火大会は、花火が夜空で散る様が何かの終わりを告げているようで、不思議なものデス。
これは、うp時期からすると打ち上げ花火のはずなんですが、メロディーがなんだか切ないですヨ。


「夏の終わり せんこう花火♪」
せんこう花火は、花火をやるときの締めですよネ。これは定番。
それもポトリと落ちて、もう終わり・・・
実に情緒のある良曲デス。

週が明ければ9月に入って、名実ともに夏休みシーズン終わり。
さて、、、

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その箱には何が詰まってますか?

曲の歌詞は、抽象的な詩になっているものも多いデス。
抽象的な詩では、比喩表現で何かが何かを現していることも多いデス。


心の中の小箱には、何が入っているんでしょうネ。
この曲の歌詞でも、そんな感じの問いかけが繰り返されます。
なんだか哲学的ですネ。
その小箱は、鍵がかからないんだそうデス。
深いですネ・・・

でも、たまに無理やり鍵をかけてしまう人もいるかもしれません。
↓次は、そんな人を歌った曲かもしれません。


『このハコが出れません』と繰り返す、『ヒッキーニートの歌』だそうデス。
作者の アゴアニキ さんは、他の曲でも独特の歌詞を書く人で、その歌詞に心を打たれ、曲だけじゃなく歌詞の世界も含めて惹かれている固定ファンが多いようデス。
しかし歌詞が重くなりそうなところを、軽快なオケで打ち消し、楽しい音楽になってます。
見事ですネ。

ただいま、この曲を含めた アゴアニキ さんの曲のカラオケ化投票がされてます。(→JOYSUND.com
カラオケになったら、ぜひ歌ってみたい曲のひとつデス。


ここでいう比喩って、メタファーなどともいわれます。
メタファーなんていうと、やたら格好いいですネ。

追伸:
箱違いですが、こんなのをピックアップしてみます。

ご存知、初音ミクの中の人がラジオ番組をやってるやつデス。
全部聞いたわけじゃないですが、なんだかずいぶん初音ミクとは違うと思います。
ちょっとした語尾とか単語の端にでも初音ミクらしさが出ないかな~、なんて注意して聞いてみたんですが。
やっぱりサンプリングに使われたのは、初音ミクを演じた声なんですネ。
ある意味、さすが声優さんデス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「歪みねぇな」

今日のタイトルは、たまにコメントで見る言葉デス。
なんとなく、ネットスラングなんだろうなと思ってましたけど、意味はあまり理解していませんでした。

ニコニコ大百科は、こういうのに便利なんですネ。
歪みねぇなとは (ニコニコ大百科)
でも、この言葉ってニコニコ発だったんですか。
てっきりまた2chあたりの用語だろうと思ってましたが。


“歪みねぇな”のタグがありました。
この初音さんは、いったい何がしたいのかとw
この辺が、歪みねぇのでしょうかネ。
すいません、なんだか気に入っちゃいました。


なんと“歪みねぇな”のご本家ネタでのオリジナル曲。
歪みねぇ歌詞。
歪みねぇ効果音。
そして妙に良い曲w
なにやってんすかww

ニコニコ大百科によれば、“歪みねぇな”は賞賛の言葉だってことですヨ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひらがな

つい先日知ったんですが、山手線の駅名看板には、漢字の駅とひらがなの駅があるんですネ。
↓駅名看板って、これのことデス。
Tokyosta
(※画像の元ネタは、Wikipedia より)
これが、隣の神田駅になると大きい文字が「かんだ」とひらがなになってます。
Kandasta

これ以外にも、駅によって漢字だったり、ひらがなだったりするそうで、どうしてなのか理由をググったんですが、それっぽい答えは見つかりませんでした。
ということで、理由は分かりませんが、ちょっとしたトリビアということで。
(理由が分からなければ、あまりトリビアにはなりませんかネ)


ひらがなといえば、ごまあえP。
うp主コメントで漢字を使わないことで有名デス。(さすがに他人の名前とか固有名詞は除くようですが)
というか、自身のページでも同じように漢字を使ってません。
ごまあえPのそうこ
それどころか、初音ミク@Wiki のごまあえP紹介ページも、ひらがなばかりで笑いましたw
初音ミク Wiki ごまあえP

曲のほうは、以前にFULL期待として記事にした「アセンブルハート」のFull版デス。
そのときは、「他人の作詞に曲を付けたものだから、Fullが来ないかもー」って書きましたが、作詞者の ありつひこ さんが2番を付けてくれたそうで、めでたくFullになりました。

ショート版から期待してた曲のFullがくると、よけいに嬉しいですネ。


ナノメートルPこと くじらっっぱ^ー さんの曲。
格好良い曲デス。クールなミクうたってタグが付いてます。
ただ、なぜか動画の歌詞字幕が全部ひらがななんデス。
他の曲はそうじゃなくて、これだけなんですけど、どんな意味があるんですかネ。


ところで、駅名といえば、こんなのがありました。
初音駅 - ニコニコ鉄道株式会社 Wiki
ニコニコ動画で、こういう遊びをしている人もいるんですネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界展開

海外の反応シリーズが面白くて、うp主の罠にはまってしまいましたw
(どんな罠かは、動画を見続ければ分かります)

ジャパニメーションが海外で人気だと知っていたつもりだったんですが、これを見ると、海外コメが詳しすぎで驚きます。
日本語のものなのに、言葉の壁をあまり問題としていないんですネ。
むしろ、元の声(日本語)は吹き替えるなと主張したりとか、オープニング曲を日本語で歌うとか。。。


海外の反応シリーズのボカロ版もあります。
アニメとか商業品と違い、日本の同人コミュニティで育ったボカロ作品が海外に流れていくって、インターネットで動画の時代だからこそだなぁ、と隔世の感があります。

↓そしたら、こんなのが。

カタコトですが、ちゃんと日本語で歌ってます。
というか、カタコトだからむしろ似てるかと・・・
しかしこの親、凄いですネ。
もっと有名なアニメキャラクターは山のようにあるでしょうに、なぜボカロを選んだのかと。

<追記>
ITmedia がご本人にインタビューしてました。
「初音ミク」コスプレで踊る10歳の米国少女 「4歳で初コス」「次はハルヒやりたい」 (ITmedia)
本人からやりたいと? Σ( ̄д ̄
衣装は母親手作りとか!?
いろいろ凄い親子デス。
<追記終わり>

ただ冒頭の「ave;new feat. HATSUNE MI-KU」っていうのは少し間違っているんで、誰か訂正してあげてくださいw
それは、この↓動画だけのものデスw

それにしても、いつの間にか、VOCALOIDは世界を駆け巡っていたんですネ。
◆世界中のVOCALOIDの皆さん
・・・マヂですか( ̄▽ ̄;





洋楽にはまりMTVをそのまま見たりした、ってのと同じと思えばいいんですかネ・・・
ましてやインターネットで情報が入手しやすい時代ですもんネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合わせ鏡の無限

たまにニュースとかで、リン・レンを本気で双子設定だと思っている記事に出くわしますが、鏡音リン・レンは公式設定では双子ではありません。
二次創作で「双子だ~」って言っている分には、おkなんですけどネ。ほまも、もう脳内では双子扱いしてますし。
でもニュースの場合は、ちょっと考えて欲しいものデス。

りん・レンのコンセプトは“鏡に写ったもう一人の私”ということで(これも公式設定ではないらしいですが)、作品の中にも鏡をイメージしたものがありますネ。


まさに鏡を題材とした曲デス。
こうしてツインボーカルを聴くと、リン・レンが二人で歌うことの魅力が分かるようデス。


レゾナンスは、響きとか共鳴という意味デス。
その他に「シンセサイザーのフィルターにおいて、、、」(Wikipedia)なんていう意味で使う言葉でもあるようデス。
音楽用語的な意味を知らなくても、共鳴という理解で十分だと思いますが。。。
やはりリン・レンという二人で一つの存在を題材に曲にした、しぶい良曲デス。


楽しくなって、身体でリズムを刻みたくなるような曲デス。
踊りまくる動画のリン・レンが、とても可愛いい (≧▽≦)ノシ
三倍アイスクリーム!!
↑すいませんが、意味が分かりませんww
ただなんか、KAITOが目を輝かせて飛んできそうww

ああ、ニコニコ大百科に登録されてますネ。(→三倍アイスクリームとは
へ~ ( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェーヘェー

タイトルにあるように、鏡は合わせると合わせ鏡になって、その中に無限の像が広がりますネ。
だからリン・レンも二人合わせれば無限の可能性(≧∀≦)b (←よし、うまいこと言ったw)

補注:
合わせ鏡は、厳密にいうと“無限”ではないそうデス。まぁそこから先は、難しい学問の世界ということでw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カウントダウン

いよいよですネ。
来週ですネ。
え?何がですって?
初音さんの誕生祭ですヨ。

“ VOCALOID2 初音ミク 2007年8月31日 発売 ”

なわけですから、ミクの日(3月9日)以上の盛り上がりになると思うのデス。
今から楽しみデス。


リンとレンがプレゼントをどうしようかと悩んでいます。
可愛い奴らデス。
プレゼントって、もらうのも嬉しいですけど、何をあげようかと考えているのも結構楽しいんですよネ。

ということで、残りあと一週間。
↓初音さんが自らカウントダウンをしますヨ。

31日には mixi の人達とか何かオフイベントやるみたいですし、なんというか
盛 り 上 が っ て ま り ま し た
ってとこでしょうか。
きっとニコニコ動画でも面白いものが見られるのでは?
来週は、それのチェックで忙しいことになりそうデス(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静かな夜

だいぶ涼しくなったと思ったら、ここのところ夜が静かですネ。
あれだけうるさかった蝉の声が、ぴたりと止みました。
でも、秋の虫の声が聞こえてくるには、まだちょっと早いようデス。
季節の変わり目の静かな夜デス。

こんな時は、周囲の音に邪魔されずに静かな曲を堪能するチャンスかもしれません。


ひとことで言えば、透明感のある曲デス。
ピアノソロで静かに始まるので、ぜひ静かに聴いてください。
そしてサビでブワッときます。本当に。


独特の歌声、センス溢れるイラスト、ちょっと不思議な映像、そして綺麗なメロディー。
静かな夜にぴったりデス。
おやすみの歌だから、夜にあうのは当然かもしれませんけど。


小林オニキス さんが サイハテ 以来ひさびさにニコニコ動画にアップしてくれました。
水をイメージさせる清涼感のある曲デス。
動画のイメージも水面なんですかネ。
ロールシャッハ風とあるのは、ロールシャッハ・テストのことですかネ。みなさん、画面に何が見えましたか?(^_^)

どっかで聞いたんですが、夜セミが鳴くのって東京(含む近郊?)だけって本当ですか?
自分じゃなんだか、それが当たり前になってしまっていますが、世間では静かな夏の夜のほうが普通なんですかネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羨望x2

うまく曲を作れる人は、羨ましいですネ。
うまくイラストを描ける人は、羨ましいですネ。

どっちも出来る人なんて、すごく羨ましいですヨ。


作者はハードなロック曲が多い FIXXXER さん。
曲だけじゃなく作る動画の評価も高く、、、というか、描いてるイラストが一枚絵だけじゃなくてアニメになってるとか、どんだけ凄いんですか。
最近ピアプロを始めたそうで、そちらにも曲とイラストの両方がうpされてます。

タグロックをしない主義らしく、カテゴリタグや自分の名前タグにすらロックがかかってないのに、たまに変なタグにロックがかかってたりします。
それとかコメントに
「この人の限界が知れない」
「さすがにそろそろ限界ですw(Fixxxer)」
なんてやりとりがあったりします。
ユーモアがあって気さくな作者様のようデス。


派生とか亜種とかでネルはまだ目にしますが、重音テトとは珍しいですネ。
ちゃんと重音テトの歌声を聞いたのって、初めてな気もします。
重音テト
重音テトのガイドライン

しかし、歌詞字幕代わりにここまでイラスト描きますか。
動画の中には、おまけとして描いてみた動画が入ってますが、それを見ると、描きなれた感じで実に迷いの少ない線で描いてますネ。
やっぱり絵は、数を描くことが一番なんですネ。

驫麤と書いて~とりぷるばか~ってタイトルにするとか、いろいろセンスある作者様デス。

ニコニコ動画のうp作品を見てると、絵も曲もという人が他にも沢山いますネ。
これだけいろいろ目にすると、これが普通のことなのかなとか思っちゃいます。
さすが漫画・アニメ大国。クリエーターの層が厚いんですかネ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

絶賛リピート中

mixi のボカロコミュで、「好きなオリジナル曲を3曲あげて被ったらマイミク(*´ω`*)」っていうスレが立ってます。
面白そうな企画ではあるんですが、当然3曲なんて絞れるはずもなく・・・( ̄▽ ̄ゞ

いろいろ自分の中で条件を絞って、今まで他の記事で書いたことなくて、最近メモリプレーヤーでリピート率が高い3曲に絞ってみました。


「愛の電波、最大限で伝えたいこの想い」で初音さんデビューしたMax Vegetable さんの曲デス。
どうもこの人の曲を聴いてると、この人は、かわいい初音さんを追及しているかのようデス。
いや、それがたまらんのですけどネ。


イラストのせいで初音ミク=40メートルになったかと思ったら、P名が“40㍍P”になり、動画のタイトルにまで・・・
どうやら、いたくお気に召したようデス(^_^ゞ
曲は、恐らくタイトルで感じるイメージの通り、とっても爽やかな楽曲デス。


あわあわpこと nolfest さんの曲デス。
せつなげなメロディーが響きます。
特にピアノ部分がお気に入り。
イントロからグワッときます。

とりあえず現状の3曲デス。
きっと、すぐ変わります。
毎週のようにプレイリストを入れ替えてますから。
でも好きになった曲を嫌いになることは無いですから、お薦めの曲がお薦めじゃなくなることも無いですヨ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原油高ですが・・・

えらい社会派なタイトルにしてしまいましたw
でも、そんな立派なことを語るつもりはありませんww

しいて言えば、最近ようやく原油価格が落ち着いてきましたね、ということですか。
何事も落ち着いて対処するのが一番ですヨ。

ブログ界隈を眺めていると、原油高にからんで一番ネタにされているのって「ガソリンが~」ということですかネ。
職場の車好き、ドライブ好きな人も嘆いてます。


ちょっと大人な初音さんが、大人のドライブに出かけます。
オケも大人っぽさ全開。
作者は はやや さん。
曲もイラストもこなすマルチな人デス。
イラストなんか「もっとオシャレな絵にしたかったんだけど」って言ってますが、十分素敵じゃないですか。


こちらはリンのドライブ。
こっちも、むちゃくちゃ大人っぽいリンに仕上がってます。
車が運転できる彼とつきあってるだなんて、リンちゃんってば プニプニ(  ̄ω ̄)σ))д`) アゥー
作者は つるつるP。
曲のマスタリングにシグナルPが参加してるんですって。
豪華ですネ。


殿もドライブに出かけます。
ということで、がくぽの曲を精力的に発表しているカニミソPことmathruさんの、がくぽ2曲目デス。
普通に良い曲ですヨ。
でも「絵のせいで歌詞の良さに気付けない動画」ってタグが(^_^;A
まぁこの絵は・・・画伯ですからw

車を運転していると、ストレスから開放される感がいいですよネ。
そしてほとんどの人が、運転中はラジオか音楽をかけると思います。
だったら、ここはひとつボカロ曲をぜひw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨降って、架け橋

最近、局地的豪雨が多いですネ。
テレビのお天気お姉さんによると、そういう局地的豪雨の回数も増えているんだとか。(首都圏の話)

局地的なだけに、ここで降ってても隣の町では降ってないとか、場合によっては晴れてるとかありますネ。
そんな雲が流れて過ぎれば、いわゆる通り雨。
夏の風物詩デス。
そして通り雨が過ぎた後には、虹が見られるかもしれませんヨ。


なんかビターな曲デス。
ダークと言ってもいいかも。
カラフルな虹とは対極な雰囲気ですが、タイトルには「虹と光と青空と」その対極なものが3つ並んでいるんですよネ。
そこに狙いがあるんだろうなと思います。


“キミ”のおかげで“真っ白なキャンバス”がだんだん色づいて七色になっていくというお話。
そういえば、虹は天然のカラーチャートですもんネ。
曲は「エレクトロポップ調」(うp主)で「ハウスって言うんだぜ」(とあるコメ)ということデス。


コメントにありましたが、虹の7色では、緑(初音さん)と黄色(リン)は隣同士なんですネ。
仲良し ( ・∀・)人(・∀・ )
コメント、うまいこと言うな( ̄▽ ̄)
曲もイラストも、イラストをうまく使った動画も、全てにセンスが溢れる気持ちのいい動画デス。

連日のお天気お姉さんネタでした( ̄▽ ̄ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の空気

テレビのお天気お姉さんによると、この週末、日本の上空には秋の空気がやってきてたんだそうデス。
もう秋ですか。

でも、そう言われて空を見上げると、少し雲が高くなったような気も・・・


和風の歌詞にトランスなオケが格好良い曲デス。
寝そべる初音さんイラストとか、センスがあっていい感じですし。
動画背景が秋っぽい風景や月や彼岸花になってて、動画見ながらだと秋を感じます。


タイトルからして秋の曲デス。
え?読めない?
「もみじみち」と読みます。
ええ、大丈夫デス。ほまも最初は読めませんでしたから( ̄∀ ̄;
素敵な清涼感を感じるメロディーに、初音さんの声がマッチして素晴らしいデス。

いかがでしょう。秋の空気を感じましたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皆さん収穫はありましたか?

お祭が終わりましたネ。
今ごろは、戦利品を片手に家路に向かっているところですかネ。
地方からの参加組は、高速バスとか乗ってたりして。


投稿日、14日の0時ですネ。
そしてコメントに「まだ出来てない・・・」とかコメントしている人。。。それが本当なら終わってるとかいうレベルじゃ・・・え?まだ崖っぷちなんですか?

それで、実際どうだったのか、報告コメは来ないですかネw


サークル参加ですか。
なんか身に覚えがあるというコメントがw
作品つくる人も大変なんですネ。
そういえば昔、サークル参加してるとかいう友人がいましたっけ。
「コミケ来ない(お手伝い的な意味で)」と誘われましたが、当時全力で断った覚えが・・・

なにげに、珍しい女性3人組の曲だったりします。


身につまされるというコメントがww
原曲は森高千里。タイトルもそのまま「私がオバさんになっても」。
発売日は、1992年6月25日だそうデス。
もう16年前ですか・・・
タイトルがネタっぽいですが、けっこう真面目なラブソングなんですよネ。
だからこの替え歌もネタに見えて、、、まぁネタですよネw


コミケを知らなくても、この動画は動くねんどろいどを見るだけでも価値があります。
写真背景と同化するCGって、どんだけ実写風味なんですか。
「会場では走らないでネ!!」

・・・ほまは、実のところコミケとか一度も行ったことないですが、みんな楽しそうですネ。
でもこの人ごみの写真とか見ると、やっぱり行きたくなくなりますネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(´・ω・)つ旦~~~

性懲りもせず、またネタをパクってみます。サーセンw
【タグ紹介】VOCALOID雀荘入り (Eclipse01の日記)
『特定のテーマの曲に付けられる「VOCALOID○○入り」タグには、「VOCALOID食堂入り」や「VOCALOID彼岸入り」などがありますが、ついに「雀荘(じゃんそう=麻雀をするお店)」入りが登場しましたw。』
ということで、こんな動画があったのかと笑いましたw
雀荘入りタグで3曲も登録されているっていうのも、地味に面白いですネ。

ならばと対抗してこのタグを紹介します。
「VOCALIOD茶室入り」
さらに地味に、現在の登録動画は2曲ですけどネ。


“お茶でも飲んでまぁ落ち着け” なんてときに使える落ち着く曲デス。
短いですが、ほっと一息、良い曲ですネ。


こちらも聴いてて落ち着きます。
“まあお茶でも飲んで”ってコンセプトだと、落ち着く曲になるのは、当然かもしれませんネ。
そう考えると、茶室入りタグは良曲リンクに化ける可能性大?
Short ver. だそうですが、FULLが出来るんでしょうか。
それもまた楽しみデス。

いつも当ブログを見に来てくれる方へ、ひとつお茶でもどうぞ♪ ということで(⌒_⌒)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春が終わっても

青春というと、何歳から何歳までを示すとイメージしますか?
15歳くらいから20歳くらいまでは、万人の共通するところでしょう。では、20歳以降は?
あまり24~25歳を過ぎると青春とは呼ばれないですネ。せいぜい大学生の年代くらいまで、といったところでしょうか。

夏のキラキラは、青春のイメージと重ねると、とても眩しく映ります。
それが、青春を過ぎてオジサンに両足つっこんでる人間からは、羨ましくて仕方ないw
しかし夏は、若者だけのものじゃないですヨ。

元々青春とは、中国の五行思想から来ている言葉で、春に青がついているのは、五行それぞれについている5色に季節を加えて言葉としたものだそうデス。
つまり並べると「青春」「朱夏」「白秋」「玄冬」となります。
それを元に、春夏秋冬を人生に見立てたとき若者が春だからと、青春という言葉が定着したそうデス。

青春に比べて一般的ではないですが、その並びでいけば、青春のあとに来るのは「朱夏」。
という訳で、夏はむしろ青春が終わった世代が楽しむべき季節なんですヨ ヽ(≧▽≦)ノ


いかにも“夏”な感じの曲デス。
乾いた爽やかな感じの曲を夏っぽく感じるのは、湿気の多い日本の夏にあって変なことではありますが、それだけこういうものを求めてるってことですかネ。
イラストも凄く素敵デス。


ナウなヤング?マブいコギャルとディスコでフィーバー?(^_^;
タイトルのせいで、ある意味おっさんホイホイw
『…曲はマジメですw』
はい、確かに。ユーロビートだかトランスだかダンスミュージックだか分かりませんが、DDR風イラストにあったノリのいい曲ですネ。


チーターガールPの夏の曲デス。
個人的には、イントロの入りが凄く好きな曲デス。
何回もループして聞きたい良曲デス。


まだまだ夏はこれから。
それは“朱夏”な人にもいえること。
気持ち盛り上げていきたいですネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

解釈するのも楽しい

詩の解釈というのは、難しいことが多々あります。
詩にするために色々と主語とか形容詞とか描写をはしょっていることもありますし、わざと比喩的表現を多用することもありますし、いいたい事を別の物に置き換えて書いていることもありますし、、、
そういうことで作品としての魅力が高まりますよネ。
センスの良さにグッっとくることも良くありますし。

で、その伝わりにくさがために、解釈が話の種になることもあるようで・・・
(いや、それがまた面白いんですけどネ)


コメントには、
ハルディンとはXXという意味で、、、
銀河鉄道が○○を暗喩している、、、
などなど、意味深なことが書かれています。
元の平沢進御大の作品を知らずに語るのは少しはばかられますが、PVが付いてるおかげでその意味深な部分の解釈話にいろいろな聞き手が参加できます。
PV見たまんまの不思議な世界観の作品ですが、さらに深みがあるようですヨ。


ジェイコブズ・ラダーというタイトルや『軌道エレベータと人類滅亡後の世界』という作者の描く世界観に、SF好きの人の血が騒ぐようデス。
ジェイコブズ・ラダーとは△△ということで、、、
機動エレベーター=×××、、、
とか、同名の映画についてのコメントとかが見られます。

曲のほうは、切ない物語を表現した歌詞とメロディーにちょっとSF風味をきかせて、気持ちのいい浸れる曲になっています。
『二千と十二の朝を数えて』というのもまた、とてもSFですネ。
そういう世界を人でないVOCALOIDに歌わせる、というのが、またグッっとくるものがあります。

ネットのおかげか、解釈を巡って話が盛り上がり、作品の人気が上がるっていうパターンが、商業作品でも増えていると思います。
解釈をぶつけて議論したり、話の種にするっていうのは、聞き手の特権ですネ。
ま、時として作者様に対して「勝手な解釈してすいません」ってことがありますけど( ̄∀ ̄ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地域限定

ニコニコ動画のタグには、○○ホイホイというのが付くことがあります。
良く見るのは、「おっさんホイホイ」とか「サムネホイホイ」とかですかネ。

そしたら、こんなタグを見つけました。
道産子ホイホイ。
↓例えば、この動画で。

ボカロ作品以外も含めて、なんと182件も引っかかりました。
ボカロ作品では、北海道イメージの曲だけじゃなく、うp主が北海道の人だとこのタグが付いてるみたいデス。
他にも意外な動画が見つかって、面白いタグだと思います。

余談ですが、水曜どうでしょうは、千葉テレビでも放送しているせいか、千葉県民が多いうちの職場にもファンが多いデス。

↓そんな職場の千葉県民どもも大喜び?

千葉県民ホイホイ。
このタグも、なにげに23件ヒットしました。
ちなみに、この曲、歌詞の中に千葉県内の地名が隠されているようデス。
親切に解答編動画も用意されていますので、地理に自身のある方は挑戦してみては?

さて、一方で地元意識が薄いのか、都民ホイホイというタグだとこの動画しか見つかりませんでした。

あれ、、、ヤクルトスワローズの応援で使う曲は、東京音頭。
これは、それとは違う“大”東京音頭ですネ。
スワローズに対抗して、ジャイアンツはこっちで応援するってどうでしょうw
マイナー?
いえいえ、立派に三波春夫さんの曲だそうですヨ。


ちなみに、こんなネタを書いたので、自分のブログのアクセス履歴を都道府県別で解析してみました。
1、東京 2、大阪 3、静岡 4、神奈川・石川 6、愛知 7、茨城 8、埼玉 9、北海道 10、千葉
過去4ヶ月分でやったら、こんな順番でした。
皆様、全国からありがとうございます。
今回は、局地ネタばかりですいません(⌒_⌒ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茄子好きですか?

茄子は、身体を冷やす作用があるということで、夏野菜として料理に出てくることが多いデス。
実は、ほまは子どものころ茄子が嫌いでした。
しかしマーボ茄子などから少しずつ食べるようになり、大人になって酒を飲むようになると、焼き茄子、茄子漬けなど、いろいろ食べるようになりました。
大人になると好き嫌いが変わるようになる、といいますが、自分にとって茄子はその一番手ですネ。
(嫌いなままの食べ物も多いんですけどネ)

さて、今のニコニコ&ボカロ界で茄子といえば、やはりこのお方ですネ。

ぼからん#45 1位!(後ろからw)』
だそうデス。おめでとうございますw
作ったのは、 さだまさP。
アホ毛賛歌 とか おぱんちゅたんのうた を作られた方デス。
・・・紹介の仕方が間違ってる?誤解されますか?( ̄∀ ̄;A

曲のほうは、一見ネタですが中身は立派な校歌ですヨ。高校野球真っ盛りの時期にぴったり。
え?校歌違う?ww
さだまさPの公開マイリストは、ご自分で分類して分けているんですが、ネタモノのリストじゃないところにこの曲は入ってますから、ネタじゃないんですヨ。きっと。


awk さんも茄子ものに参加デス。
カバー曲に定評のある awk さんが、がくぽで何をするのかと思えば、こんな空耳ソングを持ってくるとは。うまい。
っていうか、懐かしいw


がくっぽいど+茄子で「なすっぽいど」だそうでww
ニコニコ動画では なすっぽいど タグでこれらの動画が見られます。

茄子は夏野菜というものの、「秋茄子は~」と言われるように茄子が一番美味しくなるのは秋なんですよネ。
だから、なすっぽいど旋風は、秋まで益々熟れていくんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回 MikuMikuDance杯

『第1回MikuMikuDanceCup(MMD杯)本選開幕です。』

いや、楽しみにしてました。
そして、さっそくクォリティの高いのが出品されてます。
素晴らしい。

『★詳細は大会サイトへ⇒ http://www31.atwiki.jp/mmdcup/

ちなみに、これらの作品を楽しむには、まず、この↓動画を見たほうがいいデス。

いろいろな意味で、おちゃめなうp主デス。


笑えます。
そして、よくここまで作ったな、と感心します。
まぁこれは、全ての動画にいえることですが。
動きが細かいので脳内補完が十分できますけど、そのうち台詞職人が出てくると期待。


テラドリフww
この面白さは、ある意味おっさんホイホイですネ。


笑いあり、ホラーあり、涙あり?
サムネとうp主コメントではエロありですが、そこは見てのお楽しみw


特に表情が最高デス。
MMD、動きだけじゃなく表情も含めて完成度が高いんですネ~


表情が・・・というなら、こちらも。
元祖表情に定評のある、表情が命P。(コーヒー氏との共同作品)

どれも、MMD使いとしての凄腕だけじゃなく、動画のシナリオ作りとか笑わせ方、見せ方、カメラワークなどなど、素晴らしいですネ。
他の作品も続々と上がってくるでしょう。
どれも甲乙付けがたいですが、どれが第1回の優勝作品になるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

精力的ですヨ

なにかと仲良くしてもらっている Eclipse01 さんに誘われて、VOC@LOID FAN SNS ボーカロイドにゃっぽん に参加いたしました。
そしたら、まだページの設定を入れただけだというのに、たった一日であしあとが34ペタも来てました。
まだコミュとかへの挨拶も、メンバー探索・巡回もしてないのに・・・

有名な mixi に入ったときだって、自分からコミュに挨拶したりしなければ、数日間はほとんどあしあとが無かったというのに、にゃっぽんの人達は・・・さすがは、探索魂に定評のあるボカロ廃の方々デスww

そんな訳で、にゃっぽんのほうは、自分的にはまだまだこれから。徐々に探索範囲を広げたいなとか思ってます。

一方で mixi のほうは、コミュ巡りとか、P巡りとかで、そろそろお散歩コースが決まりつつあります。
P達の日記で うp情報を見つけたり、他の聴き専の方のお薦め日記を読んだり・・・リアルな時間と格闘しつつ楽しんでます。
今日は、そんな中から見つけた動画デス。


harunacute さんの曲に絵がつきました。
優しい曲に、優しい絵がついて、すてきなPVになりました。
絵師の すもも さんは、公開マイリストを見ると、今までも描いてみたPVを作っているんですネ。
再生数やマイリス数に恵まれてなくて、のきなみ埋もれてるようですが。。。ほまも、知りませんでした。
しかしこのほのぼのイラストは、これは他の作品もチェックしないといけませんヨ。


ランキングって面白いですよネ。
順位が付くことが面白いというんじゃなく、純粋に他人の興味が何にあるのかな、というのが分かるという点で。
他人のお薦めの集約という意味で、良作を見つける効率化になります。
・・・もっともランキングの結果、ランキング漏れする動画が生まれるので、良し悪しですが。
そうすると、それを補完する埋もれランキングが生まれ、でもそこからも漏れる動画があり、さらにそれを補完するランキングが・・・きりがない( ̄∀ ̄;

↓これも、そんな補完的ランキングのひとつデス。

ニコニコミュニティの「スナック初音」のオーナーにもなってしまった Eclipse01 さんの発案で作られたそうデス。

しかし、やはり目下の最大の懸案は、リアルな時間のやりくりですネ。
夏休みシーズンで時間の余裕があるからと、あっちこちに手を出すと、8月終盤からは収束させるのが大変そうデス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素直に時事ネタ

はい、オリンピックの話デス。
昨日の開会式、なんだかんだで見ちゃいました。
根がミーハーなんですよネ・・・(^_^ゞ
しかし最後のあの花火の量は、尋常じゃないでしょ。さすが、火薬を使うことに慣れた国は違いますw


オリンピックのことは、五輪と言いますからネ。
いや・・・五輪違いでしょ。サーセンww

五輪は仏教用語で、もともとオリンピックとは何の関係もない言葉だそうデス。
オリンピックを「五輪」と言っているのは、日本だけで、中国で「五輪=オリンピック」は通じないそうデス。5つの輪のマークから勝手に日本の新聞社が作った造語だとかいう話デス。
この曲のほうは、宮本武蔵の五輪書(ごりんのしょ)から来たタイトルのようですネ。

さて曲のほうは、トランスの伝道師という呼び名がある(?)うたたPの作品。
さすがの心地よいトランス。長さが13分なのも、ならではデス。


で、ここから「輪」が関係する曲を5曲紹介して「五輪」とかやったら面白い記事になるかと思ったんですが、見つからずに没ネタへ・・・
この曲を紹介して最後デス( ̄∀ ̄;

ファンタジーじゃなくて輪廻幻想譚なんて書かれると、タイトルにまず惹かれますネ。
そして
『物語的な要素を取り入れたトランスっぽい曲なのでドラマチックトランスとでもしておきますw』(うp主)
とありますが、歌詞だけじゃなくオケもドラマチックな感じデス。
・・・偶然、これもトランスですネ。

追伸:
中国の正月である春節では、爆竹をならしまくるのが有名ですネ。
ちなみに中国では、世界で一番古くから火薬を使っていたとも言われています。
追伸2:
今朝のTBSの録画放送まで見ちゃいました。しかし最後の花火のところはカットされてましたネ。
分かってないですネ( ̄ー ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ夏コミ

今年は 2008年8月15日(金)から17日(日)だそうデス。
で、なんとなく集まったボカロ作者さんたちのコミケ参加情報をまとめます。
まだまだ全体では、こんなものじゃないでしょうけど。

ぺぺろんP
PROMINENT
http://massala2.web.fc2.com/komike74cd.html

サイトにある通りの豪華な布陣。スゲー。
◆Artist(名前順)
いーえるP
えろあきP
白猫P
つるつるP
ぺぺろんP
ミニスカP
流星P
ichiP
◆Mastering
シグナルP

ゆうゆ さん
虹色の花(ゆや。)
http://tsubu.ath.cx/~ssry/niziiro/

こちらは「ゲストにbaker・iroha・畳の3人を迎えて」ですって。
とらのあなで委託販売したものが、一瞬で売り切れたそうなので、コミケでも争奪戦になりそうですネ。

しばやん さん
しゅがー☆ぱーてぃくる
http://homepage3.nifty.com/shibayan/stal0802/

CDは みくーん じゃなかったデスw

samfree さん
Missing
http://sam-free.com/cd.html

「livetune kz氏らをゲストにお迎えした全10曲入り」
こちらにもゲストが。
ボカロ作者さんたちの交流が垣間見れて面白いですネw

さて、コミケでCDを頒布する人がいれば、かたやこんなニュースも。
話題の『初音ミク』が“歌う”メジャーアルバムが遂に登場 (オリコン)
ニュースの中身は、ボカロ廃の方なら驚かないのでしょうが、これがオリコン配信ニュースとしてYahoo!ニュースにも掲載されていました。
これでボカロ廃じゃない人に対しても、数多く目に入ったことになりますヨ。

他にもあの人が、この人が、、、っていうご不満もありましょうが、その辺は、ほまの守備範囲が偏ってるってことで(^_^;
・・・久々にニコ動へのリンクの無い記事になりましたネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実家に帰ろうかな

携帯プレーヤーには、この曲が連続で入ってます。
聴くと実家に帰りたくなる曲(^_^ゞ
ランダム再生しないと、うっかり連続で再生されて、破壊力抜群デスw


週刊VOCALOIDランキング #38 のED曲デス。

今の住まいの近くにも神社があって、そこでも夏祭りがやっているのですが、楽しいと思えるのはやっぱり実家の神社の夏祭り。
特別なにがある訳でもないんですけどネ。
8月の終わり頃で、夏休みの最後のイベントだったから、思いも格別だったんでしょうネ。


盆と正月には実家に帰って、仏壇に手を合わせるか墓参り、、、日本人ですなぁ。
う~ん、、、最近、正月にしか帰ってないんですよネ。
今年は、帰ろうかな。
帰ったら、なんで今年は!?って驚かれるかもしれませんけどw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きな人は、タイマーが無くても

ほまは、カップ麺はほとんど食べない派ですネ。
なもので、買い置きとか全然ありません。
普段はそれでいいんですが、いざって時の非常食が無くて、風邪でダウンした時とかに真剣に後悔します。

カップ麺は偉大な発明品ですヨ。


曲を全部聴き終わると、食べごろという親切設計w
しかし、かわいい曲だからとループしてると、麺がのびるというww

これを聴いてて思い出しました。
↓元祖ラーメンタイマー

タイトルにある通り、カップ麺が好きな人はタイマーなんて無くても、体内時計で3分が分かるとか。本当ですかネ?
早くできる1分のインスタントラーメンも、それが理由で逆に売れないとか。本当ですかネ?

まったく余談ですが:
大人の味?…茄子漬けアイス 山形の農協 (毎日新聞)
このニュースに反応して笑える人間は、そういないでしょうww
仕事中に見つけて誰かに言いたかったけど、周りには教えて分かってくれる人がいませんでした(^_^;A

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏の夜に

夏休みに入ると夜更かしできるから、夜が特別になりますネ。
そのせいか、夏の夜っていうのも、物語のいい題材となります。
そして梅雨も明けたので、夜空には綺麗な星空が輝くことも増えました。


星空を感じさせる旋律が綺麗に響きます。
そして過去形の、思い出を語ったような歌詞が、うp主コメの通りセンチメンタルですネ。
サジタリアス(いて座)は、夏の星座デス。


「しっとりした感じの曲にしてみました。」(うp主)
再生は伸びてないものの、曲の評価はもちろん、歌詞の評価が高いデス。
確かに、繰り返し聴いてると歌詞が印象に残ります。
すごく、しっとりされました。

日本の場合、星空が綺麗なのはもちろん冬のほうなんですが、星空の下にドラマが生まれるのは、圧倒的に夏のような気がします。
とかいって、冬になったらまったく逆のことを言ってそうw
今は8月。
日本の夏ですヨ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕暮れノスタルジック

日が長い夏は、仕事が一息ついてふと窓の外を見ると、まだこんなに明るいかと驚くことがあります。
お茶でも飲みながらビルの合間に沈む夕日を眺めて、、、やりすぎると上司に怒られるわけデス(^_^;A
まぁ夏至は6月。もうそんな風に感じるのも一ヶ月も残ってないですけどネ。


「チョコレート・トレイン」は、特定の路線を言うのではなく、夕日に照らされた電車がチョコレート色に染まり・・・というイメージなんだそうデス。
電車に乗って夕日を眺めるなんて、帰宅でそれが出来るのは、日の長い夏の一時期だけかな(´・ω・`)

フィルターないのにいつも弾幕だらけ。みんなこの曲が好きなんだなぁ( ̄∀ ̄)


詩の主人公は、街中をさまよっているようですが、方向音痴というのは比喩的な意味で使っているんでしょう。
「道しるべ 見えないフリした」とか歌詞に出てきますし、「探して迷った」のは、何を探して、どこに迷ったのか・・・
深いデス。
あるいは、勝手に深読みしてるだけなのかw
歌詞にマッチした切ないメロディーが、夕暮れの街中をさまよっているとかイメージさせます。
これまた勝手にイメージしているだけなのかw


タイトル、ここから頂きました。
週刊VOCALOIDランキング#18 のED曲デス。
タイトルから受けるイメージそのままの良曲ですネ。

ノスタルジックというのは、故郷を懐かしむか、昔を懐かしむか、、、いずれにせよ懐かしむ対象が無ければ浸れません。
東京のサラリーマンは、両方標準装備ですか?( ̄∀ ̄;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この紅茶 どうする・・・

前に記事にした通り、友人の結婚披露宴に行ってきました。
素晴らしい披露宴でしたヨ。
嫁さんに気を遣ったらしく、いろいろこだわったら金が・・・と、半分泣いてましたけどw
諸々の費用合計でン百万。
ご祝儀が平均3万ちょっととして、出席者の人数でかけると・・・うん、大幅赤字だネ( ̄▽ ̄)b ドンマイ

さて引き出物ですが、中にあったのが紅茶だったんデス。(他にもありましたけど)
これまた前に記事にした通り、ほまはコーヒーよりも紅茶党ですが、、、ティーパックはともかく茶葉の奴をもらっても、まず淹れる茶こしが無い(^_^;

でも、贈答用の良い紅茶のはずなので、せっかくだから、紅茶を楽しめる生活を考えないと・・・まずは百均で茶こしですかネ。


まずタイトルに惹かれました。
そして曲は、落ち着いたゆったりバラード。
ちなみに、動画の最後におまけが付いてますが、おまけの評判がまた良いデス。
だから最後まで見ろってタグが付いてます。
ぜひ最後までどうぞ。


そうそう、お茶菓子を買うときに、最近ついワッフルに目がいってしまうんですが、ぜったいあの曲のせいですネw

そしたら、こんな曲もありました。

これでもう、ますます わっふわふ(意味不明)

ということで、今度のおやつは紅茶とワッフルにしようかしら。

あら、おやつの時間だわ で ブリオッシュという方はこちら

あら、おやつの時間だわ で いもけんぴという方はこちらw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しばらく見ない間に、ずいぶん大きくなって・・・

さすがは14歳。あっという間に成長するネ。こりゃ田舎のじいちゃん、ばあちゃんもビックリさ。(←誰?)

ということで、世間ではがくぽ祭なんですが、速報性を気にしない当ブログは、ACT2の話でいきますw
鏡音リン・レンACT2 を使った曲がアップされ始め、特に以前の曲を焼きなおしたものとかが、聴いてて興味深いデス。どこが変わったのかな・・・とか。


シグナルPがACT2でやってくれました。
元々何度も聴いてた曲ってことで、比較しやすい(自分の中で記憶に残ってる)のがいいですネ。
約半年たってるってことで、懐かしさもありますし。
ヽ(>▽<ヽ==== うひゃ~ (゜Д゜#)おいゴルァ!


レンの比較なら、これとかどうでしょう。
調教に定評のある awk印ですヨ (´ー`)ノ


それであなたは、ACT1とACT2と、どっちのリンが好きですか?
え?もちろんイラストの話じゃないですヨ。いやだなあww

ACT2で胸が大きくなるなら、ぜひ初音さんも・・・ゲフンゲフン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文学の香り

今年の芥川賞は、中国人の作品が始めて受賞した、ということで話題になりましたネ。
文芸界の2大文学賞、芥川賞と直木賞。
しかし話題になっても、受賞作を読んだことは無くて、個人的にも活字離れですから~と思うのデス。

その一方で、若者の間で「蟹工船」がブームなんて新聞記事になったり、昨年は、太宰治の「人間失格」の表紙を「デスノート」の漫画家の『小畑健氏のイラストにしたところ、2ヶ月で9万部を越えるヒットとなった』なんてニュースがありました。
やっぱり凄い作品には、凄い魅力があるのデス。とっつきにくいだけで。


「夏目漱石「夢十夜」から第一夜のオマージュ作品です。」(うp主)
夏目漱石はもちろん知ってますが、「夢十夜」って知らなかったですネ。これだけ有名な作家の作品なら、読んだことはなくてもタイトルくらいは・・・となるはずなんですが。
しかしこの曲の不思議な感じで、なんか「夢十夜」に興味が出てきましたヨ。


「近松門左衛門の曾根崎心中が面白かったので、曲をつけてみました。」(うp主)
現代まで名前が残るほど有名な作品ですから、当たり前かもしれませんが、江戸の当時に人形浄瑠璃として相当な大人気だったようデス。
しかし今となっては、知識としての概要は知っていても、作品として知っている人は、自分も含めてあまりいないのでは?
それだけに、中身に触れさせてくれたこの作品は、貴重な体験でした。
ちなみに、補足不要かもしれませんが、作者はデッドボールPデス。

一般大衆に受けなくなった古い名作の中にも魅力を感じて作品を作るって、クリエーターならではですネ。
そうして文化って継承されていくのかもしれませんネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »