« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の32件の記事

心に響く

ちょっと新作PVでも探そうかと、ニコニコ動画で Vocaloid-PV 検索をしてたら、とあるタイトルばかりが目に付きました。

このうp主コメにもあるとおり、なんか分かりませんがやたらとこの曲のPVが作られているのデス。
それにしても、本当に多い。







まだあるかも。
数が多いだけじゃなく、どれもクォリティが高いデス。それだけ原曲に魅力があるということでしょうか。
再生数だけでは測れない、心に響くなにかを感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

満員電車で思う その2

暑くなってきて、満員電車だと車内に冷房が入ります。
その風で、ほまの前に立つ女性のやわらかい髪がたなびいて・・・・・・顔にかかってウザいんじゃ(゚Д゚#)ゴルァ

満員電車のストレスで、つい短気になりがちデス( ̄▽ ̄;
そんな時は、やはり音楽を聴いて落ち着くのが一番。


電車の中で聴くなら、これが一番!?
HMOとかの中の人の曲は、やはり良いツボを突いてきてくれます。
しかしボーカル、、、初音さんの声がほとんど聞き分けられません・・・(´・ω・`)
いえ、生ボーカルという 茶畑∴ さんの声も素敵なんですヨ。曲に合ってますしネ。


うp主コメにある「◆山手線で大音量の人は僕も見ました!」に対して、「この歌を大音量で・・・(゚Д゚;)」というコメントww
シグナルPには申し訳ないですが、確かにこの歌を他人に聞こえるくらいの大音量で電車の中で聴くのは、ちょっと勇気がいるかとw (本人、気付いてないんでしょうけどネ)


歌詞なんぞ?ww
しかし、さすがは doriko さん。この曲、一発でお気に入りデス。
ほまは、通勤快速には乗ってませんが、明日からは、これを聴いて出勤します。
今日は日曜日~(・∀・)

昨日の記事で、満員電車の中ではみんな音楽を聴いている、って話をしましたけど、他人が何の音楽を聴いているのか、ちょっと興味があります。・・・ありません?
「CHU!して!」の話のように大音量で聴いてれば、漏れ聞こえるかもしれません、、、が、そもそもこっちも音楽を聴いてるんだから、それに遭遇しても気付かないですネ(´・ω・)
ミク廃の人、いるのかな~
通勤快速では、利用路線晒し大会(笑)が行われているので、同じ路線の人がいたら、ちょっと幸せ?

↓晒しコメントが流れてしまってはいけないので、一応マイメモリー

追伸:
(´・ω・`)「CHU!して!って、前に紹介したことあったんですネ・・・」
( ゜д゜)「別にいいじゃない?良曲なら何回紹介したって」
(´・ω・`)「いや、それを忘れてたのがショックなんですヨ・・・自分の記憶力というものが・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、なんかいろいろ来るな

久々に駄文。ほまの日常の話デス。サーセンw
今日の朝、宅配便が届いたのデス。
もともと、不在通知があって「重さ5kg~10kg」とか書いてあったんデス。
そもそも宅配便が来ること自体が珍しいんですが、「重さ5kg~10kg」ってなんだ、そんなものが届く覚えはないぞ、って、ちょっと怪訝に思いながらお届けを待ち受けてたんデス。
すると、中身はなんと「wii」でした。
懸賞で当たったものでした ヽ(´ー`)ノ
いや~、懸賞に応募したことすら忘れてたからww
でもって、いまは「wii」の本体だけもらって、どうすんだ、これ?状態。
さぁどうしましょう(^_^;

そしたら、さっき、夜中だというのに人が訪ねてきたのデス。
ちょっと出ることすら躊躇しましたけど、出るとそこには女の子・・・・!?
人の顔を見ても、迷うことなく中に入ろうとしてきます。
えぇ!?やっぱりヤバい人?

(・ω・`)「ちょ、ちょっと・・・」
ξ゚⊿゚)ξ「え?呼ばれませんでした?」
(・ω・`)「え?なに?呼ぶって?」
ξ゚⊿゚)ξ「デりへルとか呼んでませんか?」
(・ω・`)「いえ、呼んでません」
ξ゚⊿゚)ξ「あ、すいません」

コラー!
デりへル嬢なんか呼んだの、どこの部屋だ!!(^_^;A
ちょっと可愛いかったので、いっそ招きいれようかとも思いましたが(←待て!)

まったく・・・珍しいことが同じ日に2つも起きたから、ついブログに書いちゃったじゃないかww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満員電車で思う その1

ある日、通勤電車の満員の社内でふと周りを見ると、イヤホンをつけてる人が多いことに気付きました。
普通目立つのは、携帯電話をいじってる人ですが、満員であまり身動きが取れないせいか、携帯の人は周囲には見当たりません。もちろん本や新聞なんて無理ですし、満員電車の苦痛をやり過ごす唯一の手段としては、やはり携帯プレーヤーで音楽を聴くということなのでしょう。
好きな音楽を用意して準備万端。
ええ、ほまも最近はもっぱらそうですヨ。


騒音のある電車の中で聴く場合には、軽くてアップテンポの曲のほうが聴きやすいと思うんですヨ。
この曲くらい華やかでポップな曲だと、周りの音が多少邪魔になっても楽しく聴けます。


キーの高いバイオリンの音色が、騒音の中で聴きとって楽しむには向いてます。
KAITO兄さんも、全体的に高いキーで頑張ってますしネ。
最近、特に電車の中ではループしたりしてます。


タグによると、これは初音さんによるエレクトロニカでミクトロニカというジャンルだそうデス。
タイトルもそうだし歌詞もフレーズとか言葉の並べ方が面白い、センスを感じる歌詞デス。特にこの詩は、曲とセットで楽しむものなんでしょうネ。
そうそう、電子音というのもやはり聞き分けやすいと思います。

ちなみに、満員電車なのでパッと見ただけですが、周囲の40人くらいのうち10人がイヤホンしてました。25%ですか。やはり多いですネ。
ただでさえストレスが多い社会で、さらに満員電車というストレスの渦中、、、やっぱり多くの人が、音楽を心の栄養素としているのですネ。
( .. ) うん、うん、わかるわ~w

追記:
( ゚Д゚)「なんか、『マケナイワタシノコイノウタ』って紹介したで曲ダブってない?」
(・ω・`)「うん。気付かなかったけど、前に紹介してた。同じ作者様の曲なんで、間違えたっぽいデス。」
↓こっちのほうでした。

↓探し直してたら、これ見つけました。

なんと、作者様みずから歌唱。 歌うまいじゃないですか Σ( ̄д ̄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特殊弾幕w


語尾弾幕w
「これならあしたは しあわせさー♪」
ああ、わかええなぁ(*´д`)


ここも語尾弾幕ww
「信じて 待っていりゅ~♪」
あう、ごめんよぉ(>△<)
サーセンじゃなくて、ごめんなさいという感じ。はい。


でかるちゃぁあ↑
はちゅねは愛らしいミクキャラの先がけですからネ。
・・・最近、そうでもないような気もしますが( ̄▽ ̄ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

無限の○○

初音さんは、まだまだ人間に及ばないところが沢山ありますが、初音さん(VOCALOID)ならではの得意技だってありますヨ。


作者さんは、ピアプロのこの曲のページで「息継ぎ0の曲だったのでボーカロイドの利点(無限の肺活量)が生きたかなぁ」と解説されています。
矢継ぎばやに畳み掛ける歌声が、いいですネ。なにしろ早口系の曲が好きなもんで( ̄▽ ̄ゞ


最後のサビでのキーが高い、っていうか、メロディー部分のキーが普通なので、めちゃくちゃキーが幅広いデス(>△<)
初音さんの得意技のもう一つは、無限のオクターブですネ (・∀・)b
ところで、初音ミク処女作タグがついてますが、新人さん?
これはまたこれから楽しみな人が出てきたと言えましょう。
北海道の人ですか?
6月の北海道は梅雨とか関係なくて、この歌のように爽やかで気持ちいいんでしょうネ。

初音さんに歌わせようとして苦労するって点は、もちろん多々あるんでしょうけど、無限の肺活量と無限のオクターブの持ち主だから、曲作りが自由にできるってのもあるかもしれませんネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイトル

出版業界では、本のタイトルひとつで売り上げが変わったり、記事の見出し一つで売り上げが変わったり、そういうことが実際にあるようデス。
だからタイトルを扇情的にしすぎて中身が・・・というのも多い。ニコニコ動画的に分かりやすくいうと、サムネ釣りみたいな奴のことデスww

中身が伴わないものはともかく、見出しやタイトルという短い言葉の中に何かを詰め込むセンスは、素晴らしいものを見たときには感嘆します。
それも造語なんかになると、完全にセンスの有無ですよネ。


テ~ラ~カ~ゾク~♪
最初は、テラワロスww とかのテラだと思ったんですが、どうやらテラ=地球の意味だそうで。
地球家族なんてどこの宇宙船地球号?
実はすごく壮大な歌なんですネ。
歌詞全体も独特の表現で綴られ、これまた特徴的なオケと合わさってすごく印象に残る曲デス。


リラエクゼ~♪
ほまの記憶が正しければ、「リラエクゼ」は造語だとうp主のコメにあったと思います。今は無いですが。
でもって、動画の歌詞字幕では、サビの「リラエクゼ~♪」は「read, write, exe」ってなってます。
なるほど。
そんな造語をサビで印象的に使いまわす作者様のセンスに脱帽。


キ・ミ・リ・サイ・クル♪
意味は、普通に君+リサイクルなんだろうと思います。動画にリサイクルマークがしっかりと。
しかし歌詞の深さにつなげて「キミリサイクル」とか言われると、いろいろ感じざるをえません。
それに加えて、動画にはいろいろ見どころがあるので、そこもお薦めデス。

ブログも、タイトルでアクセス数が伸びたり伸びなかったりするようデス。このブログは、せめて、がっかりさせない程度の中身にしたいものですネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水無月

水無月は、6月の古い呼び方ですが、梅雨の時期なのに水の無い月とはこれいかに?
一説には、旧暦の水無月は今の7月で、梅雨明けの時期を指しているからといわれていますが、もう一説には、水の月→水な月→水無月となったという説があります。
2つの説が、まったく反対の意味だなんて面白いですネ。


ぴちぴち ちゃぷちゃぷ らんらんらん♪
古くから伝わる童謡ですが、今でも通じますかネ。作詞は、北原白秋。教科書にも出てくるほど有名な人ですネ。
その独特なフレーズも、林檎さんの詩の中では、アクセントのひとつにしかなっていません。
なんとも面白い詩の曲デス。


雨音が気持ちいいトランス。
ちなみに、この曲のリメーク前のバージョンは、3月31日投稿で梅雨の歌とは限りません。雨が指す意味に何かありそうで、深読みすれば深そうな歌詞デス。


この曲にも雨が降ってます(効果音的な意味で)。
「染みる・・・」って書かれた感想コメに、激しく同意。
まったりした休日に、何もしなくていいお休みに、この手の歌を聴くといいんですよネ。職場で聴くと、仕事する気がなくなるから駄目ですけどネw
それにしても、UPNUSY さんの曲の割に伸びてないですヨ。

季節柄、雨の歌が多いですネ。紹介しても、後からわんさか出てきます。桜ソングの時と同じ現象(^_^ゞ
でも季節の感性が良曲を生むのであれば、クリエーターを刺激する日本の四季に万歳 ヽ(´ー`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

折り返し地点なので振り返る

2008年もそろそろ半年が過ぎようとしているので、世間的には上半期の振り返りなんてネタが多いですネ。例えばこんなのとか。
上半期の興収ランキング発表! ファンタジーに逆風が吹く (日経トレンディネット)
そしてニコニコ動画でも。

ということで、個人的な “上半期まだ紹介してなかったっけ動画” の振り返りをしてみようかと思います。
特に曲じゃない動画は、紹介機会が少なかったかなぁ、ということで、楽曲じゃないものばかりになりました。


正月から何してんだ おまっwww
・・・今年の正月は、全てを忘れて一番ニコニコしていた時だったと思います。
エロは偉大なり。


ガンバランスとか男女とか、ボーカロイドのキャラとしての一人歩きが目だったころでした。これもそうですネ。
ほま自身、キャラクターとしてのボカロが好きですから、こういう流れは歓迎デス。


ハガレンは知ってます。まともに見たこと無いですけど。最近、そんなアニメが多いデス。
ファンの人とかに言わせれば、「全然似てねーよ」なのかもしれませんが、ほまぐらいのレベルだとエドとレンのキャラクターは似たものに見える訳ですヨ。
んで、「うまい」っていっちゃう訳ですヨ。


なんだかよく分かりません。これについては、元ネタ全然知りませんし(^_^;
でも面白くてつい保存しちゃう・・・これがニコニコの罠ですかネ。


ほまは、ギャルゲとか途中で作業っぽくなると、すぐ飽きて放り出しますネ。だから滅多にやりませんが、やったものも半分も攻略してないで売ったり、あげたり、、、
だから、こうしてまとめてくれるくらいで丁度いいかもしれませんw
これは良いゲームでしたww


これまた良いゲームでしたw
創作物語は、最初の頃は文字だけの小説、そして絵のある漫画、と発展してきたのを眺めてましたが、MMDのおかげでこういう動画にまで行き着いたんですネ。その発展ぶりは凄い勢いデス。


こんなのとか、初音ミクをきっかけに元ネタを知るってことが多い・・・(⌒_⌒;
(´・ω・)「まさかPerfume知らなかったの?」
(゚д゚ ;)「いや、名前くらいは・・・」


こういうPVにしました系は、VOCALOID関連動画の王道ですネ。
いろいろセンスの塊なのが、とっても羨ましいデス。
しかし、この頃から、PVですら埋もれる、、、チェックが間に合わない、、、という、嬉しいような、残念なような状況になってきます。


野生化ミクって話題が、なんか一時2chとかで盛り上がったっぽいですが、ほまは流れがつかめず置いてけぼりデス(´・ω・`)
まぁ、とりあえずこれを見て癒されてればいいんじゃないですか?


神ツールのおかげで、最近3D初音ミクといえば、数多く出回っているMMD関連動画が目立ちますが、独自路線だって頑張ってます。そんな作品の中のひとつ。
この動画は、まだこの後に完成版が来るんでしょうか?楽しみデス。

長くなったし、懐かしさ優先ということで、とりあえずここまでw
あらためて振り返ろうとすると、既に消えている動画もありましたネ。
そして、あらためて振り返ると、もう半年!?とか、まだ半年なのに!?とか、いろいろな思いが巡ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

mixi で見つけた

mixi コミュで偶然立ち寄った人の日記に、「うpしました報告」がありました。
今まで知らなかった方でしたが、曲を聴くといい感じ。
mixi が期待以上に役に立ったという瞬間デスw


くじら さん。
やさしく落ち着いた良い曲デス。しっとりします。


otetsu さん。

知らなかったとか言いましたが、マイリストを見たら、お気に入りに入れてた曲を作った人でした。
何度も mp3 プレーヤーで聴いてたのに、作者名を覚えてなくてすいません( ̄▽ ̄;A
↓その曲

基本的に、こういうノリのいい曲が好きなんですよネ。
My useless Master のほうは、曲は普通に良いですが、歌詞は普通じゃなく面白いデスw
まぁマスターネタの曲というのは、ボカロならではの1ジャンルかもしれません。



mathru さん。
同時に2曲うpとのことですが、印象に残るというか、Kanimiso - カニミソ - のインパクトが強すぎで (^_^;A
なぜカニミソなのか・・・・mixi を見ても答えは無く、「僕にもわかりません(笑)」(日記は mixi ではなく外部ブログに)と書いてありました。

やはり日本最大のSNSは、伊達じゃないですネ。作者様がうようよしてますww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

(゚Д゚ノノ"★パパン!!

さあ皆さんご一緒に! (゚Д゚ノノ"★パパン!!

パパン!弾幕にハマるきっかけとなった場所デス。
パパン!やってるだけで、だんたん楽しくなってきます (´ー`)ノ

悪の娘もサビがパパン!なんですが、あの世界観の曲で能天気に (´∀`ノ)ノパパン とかやってらんないですネ。
という訳で、エンターテイナーな兄さんの出番デス。

同じ曲なのに笑わせてくれる兄さんに、拍手。
もちろん (´∀`ノ)ノパパン でw

↓替え歌本家

↓素晴らしいPVたち



↓PVで思う存分パパン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは夜中に見るもんじゃない

お腹すくからネw


「おなかすいたうた」では、○○が食べたかったな~♪と、結局食べてないはちゅねでしたが、こっちではどっさりと食べてます(奢りでw)。
それぞれの食べ物のカロリーとか値段を付けてくれる職人がいたり、「これは伸びる、横に…」、「ギャル初音(しょね)」タグなど、ニコニコ住人も笑わせてくれます。おまいらの発想は素晴らしいw


イントロの和風な雰囲気が、1分たたずに崩れます。
元ネタであろう東方関係のことは良く知りませんが、それでも面白いデス。
でも、市場が肉ばっかりww

あー・・・お腹すいてきた( ̄ω ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌わせ方で分かった人と、曲で分からなかった人

曲を聴くのは、ニコニコ動画の再生よりも、mp3 プレーヤーでの鑑賞のほうが時間的に多いのデス。なので、特にまだ覚えていない新曲だと、耳だけが曲の印象の情報源デス。


HMOとかの中の人 の作品。
もちろん知ってて聴いているんですが、聴くたびに、知らなくてもこの人の歌声は気付くだろうなぁと思うのデス。
Pごとに個性が出るってのは、面白いですネ。

Cメロ?で「ごめん 日曜日はパス!」って理由が、塗りかけのレイヤーを仕上げたいから、ってww
この気持ちを分かる人と、「えー?」って言ってるレンの気持ちが分かる人がいそうですネ( ̄∀ ̄)


デッドボールP の作品。
もちろん知ってて聴いているんですが、たまに聴いてて、これ誰の曲だっけ?ってなります。

いえ、永久に続く五線譜とか金の聖夜霜雪に朽ちて以来の除外されないシリーズも大好きですヨ?
この曲も普通に良い曲ですし。普通に。“普通”・・・すぎるのがいけないのでしょうか?w
綺麗なデPなんてデPじゃないやい!とか?(^_^ゞ

まぁでも、20回くらい聴いてようやく、最近は曲にデッドボールPらしい雰囲気を感じることができるようになりました。うん、この曲はデPの曲ですヨ。

個性という意味では、他の作品も初音さんの違いっていうのが出てて、こうなるとマスターごとにVOCALOIDが存在するという擬人化設定も、あながち嘘じゃないだろうと思えてきます。
元は同じソフトなのに、面白いですネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

侵食されました

イントロで惚れる一目惚れ曲があるかと思えば、なんとなく繰り返し聴いているうちに手放せなくなる中毒曲というのもあります。
じわじわと侵されてます。
というかもう、mp3プレーヤーから消せません。

この曲の場合、関連動画を巡回してたら、いつの間にかやられました。

本家

巡回先 その一

巡回先 その二

巡回先 その三

そして、結局ボカロに戻ってきましたww

初音さんの「右手がお留守なのを なんとかして!」という歌に、手をつなぐとか、ましてやかしずいて手を取るなんて思いもしなかった自分には、ナイトの資格はありませんネ( ̄∀ ̄;

歌ってみた、PV、他のボカロバージョン、etc...
関連動画は、初見では気付かないその曲の良さを教えてくれるものだったりします。最初は、熱狂的なコメに冷静だった自分が、巡回を終えて戻ったときには、一緒に騒ぐようになってたりww

ああ、そうそう、この曲には、リン版とレン版と人力があるんですって。特に人力がすげーっすwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かもすぞ


みくすぞ

いつもの巡回コースでみくされました。


リンもかもすぞ

・・・どっちかというと、あずまんがか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どういう繋ぎ?

ニコニコ動画は、ご存知の通り、オススメというタグがあって動画を見終えるとオススメ動画の一覧が出ますネ。
埋もれ曲を探すときには、先人の発掘能力&巡回ぶりがここに現れて、大変重宝しています。


ボカランのEDですネ。リン・レンひよ子、かわいいですネ。
それのオススメが、↓これでした。


まだリン・レンのイメージが固まっていない頃に、ヒヨコをイメージして作った曲なんでしょうか。
かわいいですヨ。

こんな繋がりを見つけてしまうと、ボカロ廃の人たちの凄さをちょっと感じてしまいます。
ちなみに、魔法鳥女カラフルひよ子は、EDで知ったのではなく、その前にオススメ繋がりで知っていたのでした。そのオススメ元というのが・・・


ちょっwww
食べたのか!?
大きく育てて、食べたのか!?
しかも曲もメチャ怖いし (((゚Д゚ ;))))




動画を見れば分かりますが、オススメに沿った流れは、チキンカツ☆カレー同曲派生魔法鳥女カラフルひよ子駆けてくひよこ の順番デス。
オススメになったということは、誰かがこの順番で見ているということデス。
この順番を最初に巡回した奴、ちょっと来いww

(※オススメは、定期的にリセットされるのか・・・記事アップ前に確認したら、無くなってた(´・ω・`) )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌詞職人 乙

人間が歌ってても、最初に聴く曲は歌詞が分からない部分があったりするものデス。ましてやVOCAlOIDとなれば。。。
その点、歌詞字幕が入っている動画を見ると、聴きやすくてありがたいデス。
とはいえ、作るのに手間がかかるので、入って無くてもうp主に文句は言えません。
となれば、歌詞職人の出番デス。


この曲のタイトルが、歌詞データベースになっている初音ミク@wiki にあった時は、誰が歌詞を書いたんだ!?と思ったんですが、載ってたのは歌詞じゃなくマイメモリーのリンクでした。
息吹 - 初音ミク@wiki
↓マイメモリー

非公式でも、英字歌詞を入れた歌詞職人 乙であります。
それをマイメモリーにしてwiki に公開してくれた人も 乙であります。


歌詞は歌詞でも・・・
色が変わったりとか、タイミング外さずに最後までやり通すとか、いろいろと乙デス。
なんのことか、言葉だけじゃ分からないかもしれません。とりあえずその歌詞が流れるといけないんで、マイメモリーにしましたので、よければどうぞ。
そして最新版にすれば、もっと面白い職人が降臨しているかもしれませんので、そちらもどうぞ。
↓普通のリンク


この曲は、まず、歌詞を作ること自体が乙、という感じw
そして、これの初音ミク@wiki がまた、大変乙なのデス。
なんだかいいかんじ - 初音ミク@wiki



もちろん、すべてにおいて、曲を作る作者様はGJであります。

ところで歌詞といえば、
ゴムが歌う「おっくせんまん」がCDに 作詞者不詳のまま (ITmedia)
おっくせんまん!作詞者探索のご報告 (ニコニコニュース)
ニュースが上がった後、歌詞は皆で作ったものというコメントが多数あり、「明確な作詞者がいないんじゃ、カラオケとかCDも無理かな~」と思ってたら、作詞者不詳で出すとは、驚きました。
だったら、次はぜひともカラオケをお願いします。歌いにいきますんで。

↓カラオケになるらしいデス。
ニコニコ人気曲CDのカラオケ配信決定!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨ですネ

梅雨について wikipedia を読んでたら、「梅雨期間の終了発表のことを俗に梅雨明け宣言というが、気象庁の発表によって梅雨が明けるわけではない」と書いてありまして、そりゃそうだろ、とか笑っちゃいましたw
今日なんかは、もう梅雨が明けたのかと思うような晴天で、気分良かったですネ。
仕事に行くのに雨だと鬱陶しいので、(雨が降るなら休日にしてくれないかな・・・)とかその時は思いますが、やっぱり晴れは休日のほうがいいデスww


虹は、バッと雨が降って、カラッと晴れたときに見られます。最近見てないですが、偶然見つけると嬉しくなりますネ。
しかし虹が良く見られる時期は、むしろ夏・・・む( ̄。 ̄;


雨を歌った切なげな曲デス。
それよりも、動画の初音さんが可愛そすぎます。
駆け寄って傘を差し出してあげたい。
そっと肩を抱きしめてあげたい (´Д`;)ハァハァ (←おい!)


見つけるっていうのは、無くしてみないと出来ないことかもしれません。
深いですネ。

余談:
ラジオを聴いてたら、Mr.Children の innocent world が流れたので、懐かしく聴いてました。そしたら歌詞に「物憂げな6月の 雨にうたれて」ってフレーズがありました。この曲って季節物だったんですネ。15年目にして始めて知りました( ̄▽ ̄ゞ

追伸:
地震もあったようですが、みなさん大丈夫でしたでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファミコン世代

ほまは、ファミコンはもちろん、スーファミとか持ってませんでした。プレステも持ってませんでした。セガ派だということでもなかったデス。
ずっとパソコン派だったんで、PS2が、最初に買ったゲーム機でしたネ。
国民的ゲーム機を持ってなかったなんて、珍しい子どもだったかもしれません。


なんというドット絵。
今でもパソコンの絵はドットで出来ているんですが、ドット絵ってそういうのと違いますよネ。
ピコピコ音楽もまた、テレビから流れてきたあの頃を思い出します。


なんというスーファミ。
スーファミは、友達の家でしかやったことないですけど、むしろ「集まって遊んだなぁ」という思い出が、ノスタルジーを強くさせているかも。
悲しい曲じゃないはずなのに、なぜかサビで目から熱いものが・・・(つ_T。)

それにしても、かつては16ビットの世界に夢を見ていたはずなのに、なぜ今は64ビットに苦しめられなきゃならんのだ( ̄∀ ̄;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高品質・・・らしい

ニコニコ動画の画像のファイル形式といば、だいたいFLV(フラッシュビデオ)だったんですが、最近、MP4なるものが増えてきました。
MP4・・・音楽を聴くときによく使うMP3より数字が1つ大きいぞww とかいう単純な話ではないようですが、難しい話は置いといて、ニコニコ動画的には、こんな特徴があるようデス。
・画質が良い (←高ビットレートを効率よく圧縮する、という意味)
・音質も良い (←同上)
・プレミアム会員しかうpできない (←プレミアムだと高ビットレートが許される=高品質おkってこと?)

ようは、今までよりなんだか良さそうだ、ということデスw (←結局よく分かってない)

単にニコニコ動画を巡回しているだけだと、高画質だかどうかは見た目・・・つまり自分の眼力で判断するしかない訳ですが、最初から高品質動画だと思ってみると、ありがたみが変わってきたりしませんかネ。(画面を拡大する気にもなるとか)


綺麗な絵に綺麗な曲。高品質で味わいたいですよネ。
ピアプロに行けば絵も曲もあるということで、最初はあまり考えてませんでしたが、いっぺんに楽しむならニコニコ動画ですから、品質が良いとやっぱり嬉しいものデス。


ちょっと不思議な曲デス。裏話のブログを読んでみると、面白いデス。
ところで画面のアスペクト比が、ハイビジョンサイズですネ。画面が横長だと画質が良さそう、ってのは、ただの思い込みかなぁ。。。


曲もいいですが、イラストも素晴らしいデス。シンP愛されてる。
これは、感謝の気持ちとしての高品質エンコードかもしれません。

自分なんかは、たんに楽しませてもらってる身なんで、高品質じゃなきゃヤダ!とか言いません。ええ、言いませんとも。それよりMP3プレーヤーでの鑑賞が多いので、むしろMP3が手に入らないことのほうが・・・

補注:
結局、再生品質はエンコード次第ということで、FLVでも高品質のもの、MP4でも低品質のものはあるようデス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛と恋

昨日の話が、スキはあるけどキスは無い、って感じだったので、じゃあ愛と恋ならどうか、と思った訳デス。
軽く調べると、比べようもないくらい、どっちも沢山ありました。


イントロで、一瞬で、この曲好きだ、と感じました。ええ、こういう曲好きなんデス。
しかし、この動画、頑張って作ってますネ。


イントロで(ry
テーマは「愛」でも恋の歌。この辺、わざとそうしてる気がします。

愛と恋・・・勝手なイメージでいえば、恋のほうが可愛い感じがします。だから、可愛い曲には恋のイメージなんだ、って主張しようかとそれっぽい曲をピックアップしてみました。

が、、、そういえば、この有名な曲がありましたっけ。

可愛いとか言ってニヤニヤしてちゃいかんのだ。
これは戦争だ。 Sir! Yes,Sir! (・・・これもなんか違うw)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意外と見つからず

5月23日は“キスの日”、キスの歌の代表は『やさしいキスをして』 (ORICON)
こんなニュースがあったので、VOCALOIDオリジナル曲で探したことがあるんですが、思いのほかキスをタイトルにした曲が見つからなかったので、没になってました。

今さらですが、ふと思い立って歌詞にキスがあるものなら、、、というところまで探して、ようやく見つかりました。
ということで、ま、ちょっと時期遅れネタですが(^_^;


ジャズ風味で大人の雰囲気が、「kissして指絡めれば」なんてフレーズにより一層の色っぽさを感じさせます。



ノルフェストさんの名バラード曲。
失恋ソング?で、思い出の中のキスの味というのが、グッときます。
リンバージョンのほうでは、「リンはもう高校生くらいに成長したよう」とありますが、歌詞と曲の感じは確かに14歳にはまだちょっと早いかな?( ̄▽ ̄ゞ


これはタイトルにキスとかが含まれる~ という数少ない(ほんと少ない)曲ですネ。
曲はシグナルPで、作詞はリン&レンSNSコラボ企画(初音ミク@wiki によると nosuke さんという方だとのこと)によるものデス。
「オトメパワーぜんかい!」
これなら14歳のリンっぽいキスですネ。あ、キスじゃなく CHUかw

「キス」は見つけるのに苦労しましたけど、「スキ」とか「好き」は沢山ありました。VOCALOIDオリジナル曲の歌詞にどういう言葉が使われているか、なんて傾向を調べると、案外面白い結果が出るかもしれませんネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごきげんミクさん

MikuMikuDance で踊っている初音さんは、本当に楽しそうに見えます。
あにまさ さんが作った3Dモデルが、可愛いくて素敵だからというのもありますが、うp主の楽しんでる思いが詰まっているから、というのもあるのかもしれません。


イーグルハートさんの作るMMD作品は、みんな「ごきげんミクさん」ですヨ。
生き生きしてるのが魅力的で、また作品の出来栄えが徐々に上がっているので、次がまた楽しみなのデス。


イーグルハートさんの「ウマウマ」「男女」「バレバレード」のようなノリノリの動画とは対照的で、魅せ方の違いでここまで変わるのかと、、、並べてみるとより一層、そう思います。
同じモデルで同じツールなのに、まるで性格までが違って見えますヨ。

という訳で、MikuMikuDance 繋がりということで、今日は珍しく1日2本立てをしてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

想像の斜め上

出た!生音声からパラメータ付きVSQを生成する「MikuMikuVoice」!(初音ミクみく)
あなたが歌った通りに「初音ミク」が歌う 「MikuMikuVoice」が話題(ITmedia)

初音さん界隈は、今度はどんなネタが出てくるのやら想像がつかない・・・と思っていたら、こんなネタでした。
初音ミクみく さんの記事の冒頭にもある「ぼかりす」、「ぼかんないんです><」とかも、凄いなぁと思ってましたが、あっちのベクトルが真っ直ぐ上だとすれば、こっちのベクトルは斜め上な気がする、とか言ったら、作者様に失礼でしょうか( ̄∀ ̄;
技術・知識のない人でも楽しめる、そういう発想が素晴らしいですネ。

↓ところで、MikuMikuDance は、これからアイデアと根気しだいで・・・という期待はしてましたが、これは期待の斜め上ww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

双児宮

鏡音リン・レンの双子設定は、公式ではないものの、まぁそれでいいんじゃない?って思います。ほまの誕生星座がふたご座ですから。(関係ないかw)
ちょうど今の時期が、ふたご座の時期なんですよネ。ならリン・レンの季節ということでいかがデス?


ジェミニ(Gemini)は、星座のふたご座のことで、元は神話に出てくる双子(カストルとポルックス)を指していう言葉だそうデス。
この曲を聴きながら、夜空に綺麗なふたご座が見えたら素敵だろうな、と思うのですが、誕生星座の時期と夜空に星座が輝く時期にはずれがあるので残念デス。


右と左と好きと嫌いと・・・
もし自分に双子がいたら、どんな気分になるんでしょうネ。
そして、すんzりヴぇr さんの曲には良PVもあるよというのは、これもそう。

↓PV。

ネットで調べたところふたご座は「5月21日~6月21日生まれ」というのと、「5月22日~6月21日生まれ」というのと、両方の記述が見つかりました。
いろいろ難しいことが書いてありましたが、年によって星座の見える位置が変わるから、ということらしいデス。
しかし、境目に生まれた人だと気になるでしょうネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特徴のある名前

ほま朗は、結構特徴のある名前らしい。 mixi (最近はじめました)で検索すると、一人しか出ません。
「ほま」だと沢山でてきますし、あだ名として珍しくないのでしょうに、朗を付けるだけでこうも違うとは・・・


作者は タドスケ さん。
ありがちな名前のようで、実はダブってないというのは、ほま朗に通ずるところがあるかもしれませんw
ニコニコ動画での再生数が少ないのは、再アップだからでしょうか。落ち着いた良い曲デス。


作者は すんzりヴぇr さん。
・・・なんと読む? と誰もが思うはずデス(^_^ゞ
その辺は、自身の公開マイリストに書いてあるので、そちらをどうぞ。
曲はハマる人ははまる、とか、PVに恵まれる作者さん、とか、特徴のある人であるようデス。
ほまは、そんなマニアックかなぁ?とか思いますが。良い曲じゃないですかネ。

↓公開マイリスト。

↓PV。

インターネットは情報が溢れてしまいがちなので、検索性がいいというのも、商品の名前にするには一つのポイントになります。
でも「ほま朗」を宣伝する気は無いので、検索一発という結果には、恥ずかしさのほうが先にたちますけど(^_^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第一印象と違う

新しい曲と出会ったときって、最初は、曲のタイトルで、どんな曲なのかイメージしますネ。
次に、サムネのイラストを見て、どんな曲なのかイメージしますネ。
そしたら、曲のイントロが来て、どんな曲なのかイメージが沸きますネ。
歌詞とかじっくり聴いてみて、自分なりに曲のイメージが固まってきますネ。

そうすると、あれ?これってこういう歌だったんだ?という、印象の違いを感じることがあります。


かっこいいイラストですが、歌はネタ重視ですか?
軽快なオケですが、歌詞はネタ重視ですか?
ちょっ、、、ミクもリンも毒舌 (;´д`)


歌詞は、恋愛ソングとちょっと違う?
「かわいいミクうた」タグがあるけど、かわいいだけじゃないですよネ。
「オシャレなミク曲」タグがあるけど、オシャレなだけじゃないですよネ。

まぁいい曲ってのは、深く考えずに楽しめれば、それでいーんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運動会

週末に近所の学校で運動会をやってました。
そういえば、職場の上司&先輩ズ(子持ち。運動会で筋肉痛だの、撮影が大変だの、良きパパになるための苦労話に花が咲いてました)の話で、「最近は運動会といえば、秋じゃなくて5月の今ごろにやるんだよ」「うちもそうだ」「うちもうちも」なんてこと言ってましたっけ。
ほまの時は、どうだったかなぁ・・・

「音楽が、最近の歌謡曲ばかり流れるんですよね。自分が子どものころは、全然そうじゃなかったのに・・・」
確かに近所の運動会でも、普通にSMAPとか流れてたと思います。○スラックとか○ニーズとかから苦情が来なければいいのですが・・・(来たら来たで、面白いんですが・・・って、おい ^ ^;)


運動会にあうBGMなら、まず疾走感ですよネ。
流星Pこと minato さんの曲デス。かっこいいなぁ。


走り出せ。とりあえず走ってれば、前に進むさ。
うん、比喩的な意味なら、その場でぐるぐるするだけの時もありますけどネ。
いーんです、運動会ってのはトラックを回るもんなんですから。


このテンポの良さと曲の明るさは、元気に駆け回るのにいい感じではないでしょうか。
OSTER さんらしい完成度の高さから、普通に運動会で流れてきても違和感を感じないかも。

運動会の思い出ですか?
徒競走で一位になったはいいけど、ゴールのテープが首にかかってゴール後に悶絶しただとか(テープを持ってる係がバカで、手を放さなかった)、棒倒しで棒の根元を狙って倒しにいったら「棒倒しってのは棒の上に上って倒すもんだよ。バカじゃね?」って言われたり、下級生の誘導係をやったらいきなり泣き出されて、先生に「何やったんだお前」とか言われたり・・・
そうそう高校の時は、(目立たないように)団体競技にエントリーして、やらずにフケてましたっけ。
・・・いい思い出が無いですな( ̄д ̄;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤンデレですか・・・

デレにもいろいろありますが、言葉は新しくとも、その性質は昔から普通にある色恋の心理の一つですよネ。
いろいろなデレを真剣に分類して分析すれば、ちょっとした学問になるんじゃないかな、、、と。


これは良いリミックス。
歌の中で一番早口になる一瞬は、もしかしたらミクオリジナル曲史上の最速を計測したかもしれませんww
リミックス版で歌詞が付いたので、ようやく何て言っているのか分かりました。


「celluloid」や「サウンド」の作者、 beker さんの曲だったりします。おちゃめな人だ。
でも歌詞は beker さんじゃないみたいデス。

ヤンデレですかぁ・・・ほまは苦手ですかネ。遭遇したら、一目散に逃げ出すと思います。
先輩が飲み会の席で「昔彼女にマジで目の前に包丁出されてさー」なんて武勇伝(?)を聞いても、笑えませんでした( ̄▽ ̄;A

でも、好きな人は好きなんでしょう。二次元限定というなら、理解できないこともないデス。

自己の倒錯した愛のポリシーを小説の中の“男”に反映するって感じの作品は、古い作品でも結構あると思いますが(映画にもあるかな)、美少女に反映するってのは、この時代の傾向なんでしょうかネ。

↓ヤンデレ好きな人のために(?)とりあえず、これも貼ってみます。(ミク作品ではないデス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴォーカリオンシリーズ

やっぱロボットアニメって、その熱さがたまらないですネ。
ロボットアニメのOPっぽい、という曲には「機動歌姫ヴォーカリオン」タグが付くことが多いデス。そのタグを道案内にして曲を立て続けに聴いてると、子どものころの熱い思いが呼び起こされるようデス。
(・・・なんか前も同じことを言っていたような・・・きっと定期的に同じ事を叫ぶんでしょう ^ ^;)


曲といい、歌詞といい、熱いですネ。
やっぱOPは、こうじゃなくちゃいけませんw
イラストも戦う感じがして、最高デス(≧∀≦)b


サビへの盛り上がりと、サビの締め。ありがちですが、とってもOPっぽくていいですネ。
もしかしたら、この評価はうp主にとって本意ではないのかもしれませんが。

↓ちなみに、ヴォーカリオンの元ネタは、この動画デス。

曲中に「ヴォーカリオン 初音ミク 行きます!」というセリフがあります。ちゃんと初音さんがしゃべってます。
それに機動歌姫という冠を、誰かがタグ付けして、広まったという感じデス。


そして、そのWAYの作者である Re:nG さんの新曲。これまたヴォーカリオンっぽい曲調ですネ。(ロボットアニメOPっぽいという意味)
というか、Re:nG さんの曲は、どれもヴォーカリオン風味がします。
いや~ Re:nG さんの曲は、やっぱいいですわ。


ヴォーカリオンの元ネタであるWAYよりも先にうpされたので、ヴォーカリオンタグを見ることは無かったですが、これまたOPっぽい曲なので。
というか、かっこいい曲=ロボットアニメのOPっていうほまの世界の狭さを、まず作者様に対して謝らないと駄目ですかネ( ̄∀ ̄;A

上にも書きましたが、本家を除いてヴォーカリオンタグは、だいたい少しすると消えます。まぁ本家以外には関係ないタグといえるんで、それは仕方ないのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

解説GJ

ニコニコ動画のコメントは、単に感想を書き込むだけじゃなく、ミクオリジナル曲とかなら歌詞職人が歌詞を入れてくれたり、AA職人がAAで盛り上げてくれたり、演出職人がいい演出を施してくれたり、そういうことが見てて楽しいですネ。
そして、動画作品に元ネタがあるものには、解説職人が現れたりします。これまた見てて楽しいのデス。


解説コメに難点があるとすれば、人気がある動画ほど解説コメが流れてしまうこと。
と思ったら、うp主みずから解説コメ補完ですか?
ナイスマイメモリー。

ところで、このマイメモリー以外にも、流れるたびの解説補完を何度か見ましたが、コメする時刻がいつも4時とか5時なのは、それがVIPPERクォリティだからですか?ww


解説コメに難点があるとす(ry
こちらは、Eclipse01 さんがマイメモリーしてくれました。
ちなみに、たまに見に行くと、その時々の解説職人がいて、その時々の独自解説が入ってるので、解説は一種類じゃないデス。
やはり野球ファンって多いですネ。
今の解説コメが流れたら、次は自分が解説を・・・とか狙ってたりw

ちなみに、解説とMMDの出来栄えに注目が集まってますが、曲と歌詞の見事さにも注目してあげてください。

解説コメは、動画の一画面に収まるくらいに簡潔に書かないといけないので、知らない人に解説するというより、ちょっと知ってるとか、うろ覚えとか、そういう人をニヤリとさせる、そんな存在でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

舌ったらずも魅力的

鏡音リン・レンといえば、滑舌の悪さというのは言われることですが、それを「舌ったらず」といえば、可愛く思えてきませんか?
「舌ったらず」は、魅力なんですヨ。滑舌が悪いとか、気にする必要ないんですヨ。


ばすてぃ さんの「R☆L滑舌探求歌」のひとつ前の曲デス。
「R☆L滑舌探求歌」では、滑舌の悪さを自虐ネタにしたという作品でしたが、その発想に行き着くまでの作者さんの苦労が、この曲に見え隠れしています。


the469 さんの「下剋上(完)」のひとつ前の曲デス。
「下剋上(完)」でも、滑舌について言及していましたが、やはりそれまでのリン・レンでの創作活動があってのことですよネ。
いろいろ苦労してそうですネ( ̄▽ ̄ゞ

そうそう、完全に余談ですが、この間はほまの誕生日のお祝いメッセージをありがとうございました。(←いろいろな皆さん)
最近は、保険屋とかプロバイダとかの義務的なお祝いしかしてもらえてなかったので、嬉しかったデス。あらためてお礼を言います。
ありがとう (≧▽≦)ノシ


鏡音リン・レンACT2が7月上旬ごろにリリース(萌えニュース+(2ちゃん)の記事まとめ。萌えちゃん)
「音と音のつなぎ目をチューニングし、自然に歌えるようにした。」
え?本当ですか?
リン・レンマスターには、これ以上ない朗報じゃないでしょうか。
聴くほうとしても楽しみデス。
(上のほうで魅力的だとか書いてたのに、なんていい加減なww)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »