« アリス巡り | トップページ | 背伸びしたミク »

等身大のリン

鏡音リンが出たばかりのころは、声質が演歌向きだとかロードローラーだとかのおかげで、キャラクターが崩壊しかかってました(笑)が、最近は可愛い女の子の歌を歌うことも増えてきましたネ。
公式設定では14歳ですから。思春期真っ盛り。多感なお年頃。そんな14歳を映した等身大の歌が、本当は似合っているはずなんデス。


この曲は、歌詞のシチュエーションが、かわいい14歳を表現しているなぁと。
14歳のころ・・・・ほまは、もう遠い記憶の彼方ですけどネ ( ゚д゚)トオイメ


週刊VOCALOIDランキング #28 のエンディング曲になりました。
夢を追いかける男の子と、その子を好きになった女の子の歌なんでしょうか。
夢に無限の可能性を詰められるのが、子どもの特権ですよネ~・・・・っていったら、寂しい大人すぎます?(^_^;


卒業ソングですネ。
卒業の時期に14歳だと、中学2年から中学3年になるときにあたるわけですが、まぁそこは大目にみて(^_^ゞ
同年代が歌うからこそ、その世代の心にグッとくるものがあるのではないかと。


この手の歌が増えれば、クリプトンさんもひと安心ですかネ( ̄▽ ̄ゞ

|

« アリス巡り | トップページ | 背伸びしたミク »

初音ミク(VOCALOID)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28911/41173170

この記事へのトラックバック一覧です: 等身大のリン:

« アリス巡り | トップページ | 背伸びしたミク »