« もはやVOCALOID関係ないw | トップページ | 民族調 »

桜の咲く頃

そろそろ桜の咲く季節ですネ。
桜は、なんだかんだで一番日本人に愛されている花ではないでしょうか。
ほまも一番好きデス。桜だけは、わざわざ出かけて見にいきます。そのときは、花より団子ではなく、メモリプレーヤーを持って音楽をお供に花見に興じるのがスタイルになっています。
今年は、ミクオリジナル曲やその他、VOCALOID音楽を連れて行こうかと思います。


ミクオリジナル曲の中で桜といえば、定番中の定番といえばこれでしょう。この曲は、外せません。
この曲がアップされた去年の冬から、ずっとこの季節を待っていました(^_^)


せつない歌詞ですが、タイトルにもなっているサビの歌詞の「恋でした」というのが、ほどよい過去形でいいですネ。
深い悲しみの最中にあったら、顔はうつむいてしまうでしょうが、少し立ち直り前を向くことが出来るようになると、頭上に咲く桜にも眼が留まるようになるのデス。


冒頭の「初めての春が来る 其れは、未だ知らない季節」という歌詞に、これはミク・リン自身を表現した詩なのか?と思いました。どうなんでしょう。
歌詞が、またとてもセンスに溢れていて、この言葉の使い方には感銘を覚えます。


もう歌わせ方でこの人だと分かる、ぢょんさんの曲デス。3月9日のミクの日に、桜で勝負に来ましたネ。(なんの勝負だと言われると困りますがw)
歌詞は Asaki No'9 さん で、コラボなんだそうデス。


そういえば、受験=合格=サクラサク もひとつの定番でしたネ。時期的にはもう終わりなんでしょうけど。
そういうことで、花見とは趣旨が違いますが、良い曲なのでリンクを貼っておきます。

ニコニコ動画では、まめな人が、桜曲リンクとかタグを貼ってくれているので、検索するともっといろいろ良曲に出会えるかもしれません。

桜の見事な咲きっぷりは、それだけで人の心を魅了しますが、桜の咲く頃は、ちょうど出会いと別れの季節で、人生の転機となる時期だから、余計に人の心に強く訴えるものがあるのでしょう。
良曲、名曲が生まれるのも、桜ならではなのでしょうネ。
さて、今年はどこに見にいきましょうか(⌒_⌒)

|

« もはやVOCALOID関係ないw | トップページ | 民族調 »

初音ミク(VOCALOID)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28911/40525514

この記事へのトラックバック一覧です: 桜の咲く頃:

» 残りの桜 [ほま§ロウ]
関東では、先日の雨が、花ちらしの雨になりましたネ。 これから桜を見ようと思えば、 [続きを読む]

受信: 2008年4月 9日 (水曜日) 20時03分

« もはやVOCALOID関係ないw | トップページ | 民族調 »