« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の34件の記事

ラジオも進化しないですかネ

日曜の午前中、まだ寝ぼけ頭でまったりしている時、なにげにラジオをつけると「マジアサ!」(bayfm)という番組がやってました。
DJは松風雅也さんと中澤裕子さん。

なんというかですね、中澤さんがテラフリーダムww
コーナーに中澤さんのやる物真似を当てる物真似クイズってあるんですが、「正解はあんたの気分次第かよ!」「回答って正解当てじゃなくボケ必須かい!」「ボケのレベル高すぎだろ!(訳が分からんという意味で)」・・・そんな感じの番組でした。(←どんな感じだ!)

ラジオといえば、ニコニコ動画にラジオが上がってて、これは新しいラジオの聞き方かも、とか思うのデス。ラジオに動画やコメントが付いて、まさに“見えるラジオ”w

これなんか、背景の人が頑張ってます。↓

ラジオの会話にあわせてイラストが変わります。元ネタとなる画像がたくさんあるアニメ系の番組ならではでしょうけど、うp主頑張りすぎw


頑張り加減では、こっちのほうが。。。元々のしゃべりを作るのに、大変な時間がかかるらしいですが、それに絵を書いて付けるのも、また大変な労力だと思います。
しかし、スライドショーではなくアニメしてるというのが、また凄いデス。

この作品を見てると、ラジオの新しい可能性を感じます。インターネットラジオを使うと、個人レベルが簡単に放送(?)を流せるとか、ニコニコ動画のコメントが付いたラジオがこんなに面白くなるという発見とか。
ラジオは広告収入が右肩下がりでいろいろ厳しいそうですが、テレビとかと違った面白さがあって好きデス。
特に深夜ラジオは、受験の時にみんなが必ず通る道・・・違います?(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よそ様のサイトから

ニコニコ動画に毎日立ち寄ったとしても、一人でVOCALOID関連動画を巡るのは無理デス。
下にもあげた Eclipse01 さんの記事に『毎日平均約100の動画が投稿されている計算になります。再生時間を1作品3分とすると、全部見るのに毎日5時間かかります…無理ですorz』とある通り、なにしろ投稿数がハンパじゃないですからネ。人気があるのは大変嬉しいことですが・・・
それだけにまとめ動画とかランキングとか、とても助かっています。そして、まとめサイトや紹介ブログも、掘り出し物を見つけるのには、いろいろと便利なのデス。

   Eclipse01 の日記 さん
『棒人間職人はもっと評価されるべき』
『怖いVOCALOID曲PVコレクション』
『ミクの日の記録』
知る人ぞ知る、ニコニコ動画VOCALOID関連作品「○○P」リスト Wiki の管理人さんデス。
新人P紹介とか作者を中心にした紹介があるので、好きな作者の新作チェックが中心になっている人には特に、新規開拓の案内になるでしょう。

   みなみけな日常 改め バカ野朗!な日記 さん (※)
『ボカロMAD』
ニコニコ動画のいろいろなお薦めをアップしているブログで、VOCALOID中心ではない(むしろ滅多に出てこない)ですが、それだけにVOCALOIDじゃない面白いものを発見できる場合もあります。
ちなみに、livedoorBlog なので、ニコニコ動画のアカウントなしでもブログ上で再生できる(YouTubeみたい)「ニコニコ外部プレーヤー」対応デス。ここのサイトより便利デスw
(※投稿をアップした直後に見にいったら、ブログのタイトルが変わってました。なんというタイミングで・・・ ^ ^;)

それから、ブログじゃなく曲一覧まとめを作っている人もいます。

「Vocaloid Salvage ~ぼかさる~」
なんか、再生数の少ない埋もれ曲をランキングにして紹介するんだそうデス。
VOCALOIDランキングで上位の曲をチェックし、外伝シリーズでそこからの漏れをカバーし、ここでさらに埋もれがちな曲をフォローする・・・VOCALOID関連作品の支援体制は完璧デスw

「私的・VOCALOID曲紹介」
ブログペットで知り合ったお友達えそら さんが、ブログ「月光」で紹介した曲をまとめたリストだそうデス。
うん、自分のリンク集もこんな風に綺麗にまとめられたらいいんですけどネ。
また、ボカロ投票所管理委員会の企画するVOCALOID関連楽曲投票にちょくちょく参加する人でもあります。
『VOCALOID:2月の埋もれ曲から』
これの投票結果も、ひとつのまとめ結果として楽しみデス。

しかし、巡回するサイト先を増やすと、結局同じこと(時間が足りない)になるような気もww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和風の曲


一番わふーが多い初音ミク曲デス。

軽い冗談デスw
でも聴いてると結構クセになります。

日本の古典音楽とか特別好きなわけではないのですが、和風ロックとか和風ポップスとか、和のテイストって結構好きデス。生まれ育った環境がそうさせた、刷り込みの心地よさだったりするのでしょうか。


初音さんが和服を着たイラストですから、見るからに和風デス。
和風であることの特徴には、きっと歌詞の雰囲気もあるんでしょう。この曲は、歌詞に曲が付いたものなので、歌詞のイメージから、最初から和風を目指したのですネ。
歌詞は、ピアプロのリョータイ さんのものデス。「竹取物語を題材に」したんだそうデス。なるほど。

ちなみにこの曲は、同じ歌詞を別の作者さんが違うメロディーで作ったものがある、という珍しいものでもあります。↓


この曲も歌詞が別人作のコラボ作品だそうデス。
「宇宙(そら)さんの雅な歌詞でお送り致します」(作者ページより)
雅って言葉が、またこの曲をあらわすいい表現ですネ。


これもまた、歌詞に普段は使わないような言葉がちりばめられています。特にサビとか、その言葉回しは、日本語の豊かな表現を思い出させてくれるようデス。

作者の黒うさ さんは、和物が好きって白雪のコメで書いてある通り、他にもこんな和風の良曲を作っています。↓

和風の曲の特徴は、やはり歌詞が和であることは必須デス。
それに曲調。しかし、これらの曲調のどこに和を感じるのかは、うまく説明できません。
この言葉にあらわせないものを伝えられるのが、音楽の良いところなのでしょうかネ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

継続は力なり

週刊VOCALOIDランキングまとめ というサイトがあります。便利で張宝してます。
管理人さん乙デス。

そこの派生データというところに、ランクイン回数というのがあります。
上位は、まぁ当然のように「Ievan Polkka」「みくみくにしてあげる♪」で、集計対象のランキング全部にランクインという状態デス。その次からも初期の名曲がずらり。
まぁランクイン回数のランキングなので、初期の頃の曲のほうが有利なのは仕方ないとして、それでもあのランキングに載り続けるのって大変だろうと思います。
つまり、この上位曲は、それだけ長く愛されている曲ばかりということで・・・

そんな中で、ランクイン回数二桁を誇りながらも、再生回数が10万回に行ってなかった動画がありました。他の曲が軒並み20万再生、30万再生をしている中で(それだけ長くランクインしてれば、自然とそうなります)、低ランクゾーンの常連。落ちもしない、上がりもしない、超低空安定飛行w
↓この曲デス。

一度、週刊VOCALOIDランキング #20 で突如7位にジャンプアップをして驚かせました。本当にあの時は、何があったのかと・・・

このたび、10万再生をついに突破したようデス。
殿堂入り、おめでとうございます (≧▽≦)/彡☆゚・。・゚★・。

今後、こういう動画は、そうそう出てこないような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルタ出来ました

『ボーカロイド好きのクリエイターが集うこの「ピアプロ」で、誰もが参加できる形で、一緒に「何か」を作れたら、きっと楽しいに違いない。・・・というわけで、かるた作り、や ら な い か』
こんな感じで呼びかける人、応じる人、支援する人、いろいろな人が参加して、ピアプロでカルタ作りが進んでいました。
それが、ついに(ほぼ)完成したようデス。

カルタの絵札などは、このタグで見られます。
http://piapro.jp/a/content_list/?view=image&tag=カルタシリーズ

関連して曲もあります。
http://piapro.jp/a/content_list/?view=voice&tag=カルタシリーズ

こういう、皆で何か一つのものを作っている感じって、わいわいと楽しそうでいいですネ。
気に入った読み歌から、いくつかを。

「時間さえ 忘れて紡ぐ 五線譜は 君に歌って 欲しいから」
「ぽつねんと 独り貴方の 帰り待つ」
「バカだけど そこもカワイイ お兄ちゃん♪」
「豪快に 電子の海を 制覇する!」
「るんたった るんたかたった るんたった♪」

他にもいろいろと面白い&絵が素敵なカルタが、沢山ありますヨ(⌒_⌒)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うまいコメント書けますか?

何かに対して論評するのって、難しいものデス。本気で論評しようとすると、知見と文才が必要ですネ。
それが、音楽のように感覚でとらえるものだと、どう表現すれば良さや感動が伝えられるか、さらに難しくなります。

ニコニコ動画で出会った感動的なVOCALOIDオリジナル曲に対して、皆さんならどんなコメントをつけますか?
情緒に訴えるような文章とか、感動を一緒に聴いてる人に伝えるとか、喜びを作者さんに伝えるとかできなくて、、、かといって、解説やアドバイス風に書けるほど音楽の知識が無いので、結局なかなか良いコメントをつけられません。
コメントが少ないと「コメントが少ないな」、「みんな聞き入っているんだよ」ってコメントが付いていたりしますから、みんなも同じなんですかネ。

ボカラン観測所 さんでは、マイリスト数をコメント数で割った数字を「聞き入り率」といってランキングで出しています。
感動を数字で出してみようという、面白い試みじゃないかと思います。
聞き入り率の高い曲を眺めていると、再生数やマイリス数のランキング順とは違う並びになっていて、興味深いデス。思わぬ良曲に出会えるかもしれません。


背景イラストに目が奪われそうな動画ですが、イラストにコメントが集中するようなこともなく聞き入りランキング上位に入ったようデス。
下手に騒がず、落ち着いて聞き入っているということでしょうか。それは曲調がそうさせるのかも。ちょっと大人を感じさせる歌詞と曲デス。


わざわざ short ver. と書いてありますが、作者コメによると、これでフルなんだそうデス。

タイトルである「tautology」の言葉の意味は、『特に繰り返したからといって何の意味も明瞭さも付け加えないような同じ言葉の繰り返し』(三省堂提供「大辞林 第二版」より:goo辞書で調査)ということデス。難解デス( ̄∀ ̄;
ただ動画を見ると、歌詞の字面にない言葉が重なっていて、表の歌詞と影の歌詞という感じになっています。
2つの歌詞が、それでも意味するところは同じということで tautology という言葉が選ばれたんでしょうかネ。


この曲は、しっとりとした感じのメロディー部分から、サビに向かって盛り上がっていく流れが好きデス。
コメントが少ないのは、月の持つ雰囲気が、じっくり聞かせることをさせるのでしょうかw

コメントが特徴のニコニコ動画で、コメントは少なくても再生とマイリスが多い、というのは、ニコニコ動画のある特定層にうける曲ということかもしれません。
それはそれで、特徴があるということですネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葱づくし

初音ミク=ネギが嫌いな人は、残念ですがスルーしてください。
吉野家(祝!牛丼24時間販売)で、ネギだくを注文する人は、試しに覗いていってください。


ネギの販促に役立つような歌デス。初音さんにこのノリでネギを食べなさい、と言われると、従ってしまいそうw
なにげに、トランスの伝道師という評価のある utata さんの曲だったりします。
作者コメにもありますが、トランスとは全然違う曲調で、面白いデス。


歌だけじゃなく踊ります。
それにしても、歌に出てくる「彼」は、毎日ねぎ料理を出されているんでしょうか。
こういうシチュエーションの動画には出てくる「俺々」コメントが無いのは、初音さんの恋人になれるとしても毎日ネギは勘弁な、ということですかw


このイントロは、クセになります。
この曲を聴いて、このイラストを見てると、ミクまっしぐら、というフレーズが思い浮かぶ・・・

初音さんがネギ大使になる日も、いつか来そうで楽しみなような、怖いようなw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほどよく混ざった2008年ランキングですネ

週刊VOCALOIDランキングの内容をまとめている週刊VOCALOIDランキングまとめというサイトがあります。良くまとめられたサイトで、動画リンクとしても重宝しています。
管理人さん乙デス。

その週刊VOCALOIDランキングまとめ さんを見てると、最近のランキングの多様さが改めてよく分かります。
というのも、2008年になった週刊VOCALOIDランキング#14 から #24 までの1位曲を並べると・・・

#14 【鏡音リン】ぶっちぎりにしてあげる♪【ロードローラー最速伝説】
#15 【鏡音リン】よつばのクローバー【オリジナル曲】
#16 「歌に形はないけれど」 初音ミク・オリジナル曲
#17 島唄 - KAITO
#18 【初音ミク】『少し楽しくなる時報』【アレンジ曲】
#19 【鏡音リン初音ミク】夢みることり【オリジナル】
#20 初音ミクで「経験値上昇中☆」(リン・レン含む修正版)
#21 【VOCALOID】ニコニコ替え唄メドレー Part 1【嘉門達夫風味】
#22 瞳をとじて - KAITO
#23 【鏡音リン】 ココロ 【オリジナル曲】
#24 【鏡音リン】 ココロ 【オリジナル曲】
リンが5回(リン・ミク含む)、ミクが4回(リン・ミク含む)、KAITOが2回となってます。(替え唄メドレーは、誰の分かわかりませんw)

ランキングが全てではないとはいえ、こうして1位曲がうまくバラけているのを見ると、ほどよいバランスに感じます。1位こそ取ってないものの、レン曲も少しずつ上位に食い込むようになってきましたしネ。
さてさて、月曜深夜は、そのお楽しみの週刊VOCALOIDランキングのうp予定日デス。(ほまは週末にチェックする人なので、あまり関係ないですが)今週の1位はなんでしょうネ。

・・・あ、、、姉さんは ( ̄д ̄ ;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新作きた ヽ(´ー`)ノ

前に、このブログで絵も曲も楽しみだと書いたお二人の、新作が出たと聞いてすっとんで行きました。


おお、まさかこの曲のロングバージョンが来るとは。
初音ミク検定動画w
あなたは、この歌詞の元ネタがどのくらい分かりましたか?

そして、今回の背景絵では、自作イラスト復活のようですネ。相変わらず素晴らしい。
しかしこの服装はなんでしょう?
髪型の特徴が薄くなっている+コスチュームがここまで変わると、正直あまり初音さんに見えない・・・
追伸:コメントに「もえたん」とあったんで、ググってみたところ、このコスチュームが「もえたん」のものだってことでした。それも含めてネタなんでしょうか・・・?(注意:会社とか人前でググると危険!^ ^;;)


前作の夢みることりで、艶っぽい初音さんを見せてくれて、次がまた楽しみと思っていた はやや さんの新作が、これでした。その前のシリーズの感じとも違う、なんとも予想外な曲でした。
いや、この中毒性は、みくみく菌に通じるものがあるかも・・・
いい意味で期待を裏切るというのは、こういうことでしょうか。(まぁ勝手に期待してたんですし)

毎回いいものを見せてくれるお二人には、毎度楽しませてもらっています。しかし一ヶ月に1作以上のペースというのが、凄いですネ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

底辺Pが元気

最近、底辺Pの周辺が元気デス。
なんだか、とにかく楽しそう(^_^)

ちなみに底辺Pというのは、主に巨大掲示板の関連スレッドに集う、初音ミクの熱狂の中、ニコニコ動画で数万再生を稼ぐオリジナル曲作者が出る「華やかさを傍目に、再生数が全く伸びない」作者さんたちの総称のようデス。


自分として最初に認識したのは、この曲。歌詞の内容からして、底辺Pの想いがつまった曲ですが、その想いが実って再生数が伸びました。まさに「一緒なら空を飛べる」となりましたネ。


歌詞の内容は、また底辺P関連ともいえますが、そうじゃないと思えば純粋に応援ソングになってます。元気になる曲デス。
それにしても、この黒板の動画は凄いですネ。


底辺の対比でよく引き合いに出される有名Pという存在。恋は戦争のryo さんはその最たるお方のようで(なにしろメルトの作者さんですから)、彼に挑戦するんだという気持ちを感じる一曲デス。まぁお遊びですけど。
こういうお遊びが出来るというのが、彼らが元気だなぁと思うところなのデス。
そして、底辺といいつつかなりクオリティが高いw

もっとも自称底辺Pと謙遜してますが、再生数が少ないというだけで作曲・編曲のスキルが低いという訳ではないのでしょう。
その名前が三角形やピラミッドをイメージしての底辺ということであれば、むしろ底辺P周辺の元気さは、VOCALOIDコミュニティの層の広がりを現しているのでは。
そう思うと、これは楽しみな流れだと感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二度あることは、三度ある

はい、またまた掲載されました(^_^)
@nifty トップの「旬のブログ」に、「桜の咲く頃」の記事が紹介されたのデス。
3

なんと、前回から一ヶ月たたずにピックアップされました。
だんだん掲載間隔が短くなってる・・・そのうち、恐ろしいことに ((( ゚ Д゚ ;)))

1日あたり15記事が紹介されますから、約一ヶ月として450サイトごとに1回の割合という計算になります。
・・・それだったら、普通なのかも。。。

今回の掲載見出しは、「サクラの季節だよー ミク達と一緒に花見に行こう♪」でした。
この見出しのノリは、ピックアップしてくれた人のこのブログに対する印象、ということでよろしいのでしょうか?
なんかこそばゆいですネ(⌒_⌒;

まぁでも、今まで何年も歯牙にもかからなかったこの辺境ブログが、今年になってからだけで3回も「旬のブログ」として扱われるとは・・・間違いなくこれは初音さん効果でしょうか。
もしかしたら、旬のブログのピックアップを担当している人も、初音ミク好きなのかもしれません( ̄ー ̄)

追伸:
nifty トップページで紹介されるということで、あまり初音ミクを知らない一見さんが、たくさん見るかもしれないと思うと、アカウントが必要なニコニコ動画のリンクだけで紹介しているこのブログの一連の投稿は、とても不親切だと思います。
さらに、それで初音ミクに興味をもった人を逃しているのかも、と思うと、ファン心理として残念デス。
ということで、リンクリストを書き換えました。
音楽再生は、踊る初音ミクや伝染プレーヤーに任せることにして、(クリックしたら聴けます)という一文をいれたのデス。
せっかくのすばらしいブログツールがあるのですからネ。

追伸2:
どうも google の検索でここに来る人の中で、「xxx(曲のタイトル) 歌詞」という検索をして来る人が、一定の割合でいるのデス。
ということで、リンクに “ 初音ミク@wiki ” を追加しました。“歌詞検索はこちら”という一文付きで。
この wiki 内でも議論されていることですが、wiki のタイトルが歌詞のデータベースという機能を反映していないせいか、上記のような「xxx 歌詞」という検索では、うちのブログが google の検索結果の上位にきたりしています。
でも、うちのブログに歌詞は載っていない・・・
それで (´・ω・`) となってしまう人のためのリンク、のつもりデス。
ちょっとでも、お役にたてれば、幸いデス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民族調

マイリストの曲とかお気に入りの曲を眺めてると、「民族調」というタグが付いているものに目が付きました。
あまり音楽的な知識が無いほまには、どんな音楽が「民族調」なのか分かりませんが、そう思って聴くとなんとなくそんな感じがします( ̄▽ ̄;
そして、案外自分は民族調な曲が好きなんだな、と再認識しました。


タイトルに民族調と付いてるくらいですから、自他共に認める民族調音楽ですネ。
歌詞を聴くと、初音さんの歌うメッセージという感じデス。機械仕掛けというところが、なんとも切ない曲デス。



旅情を感じさせる曲デス。
動画に採用されている風景写真は、曲に雰囲気にあっててとても良く、曲を聴くだけでこの風景が眼に浮かぶようデス。



作者コメにもあるとおり、旅人のイメージから壮大な物語を想起させる曲デス。
どちらかというと、現実の旅というより空想の旅に近いイメージを持ったんですが、ゲームのやり過ぎでしょうか?( ̄∀ ̄;


以前にも書いた「ever」にフルバージョンが来てました。
作者コメに「後半の歌詞をくれた方」、「わざわざ描いていただきました」、「エンコソフト教えてくれた」とあって、皆に愛されて出来たフルなのかなぁ、と思ってしまいます。
前のショートの曲の再生数は少なかったですが、好きな人にはグッとくる良曲だということでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜の咲く頃

そろそろ桜の咲く季節ですネ。
桜は、なんだかんだで一番日本人に愛されている花ではないでしょうか。
ほまも一番好きデス。桜だけは、わざわざ出かけて見にいきます。そのときは、花より団子ではなく、メモリプレーヤーを持って音楽をお供に花見に興じるのがスタイルになっています。
今年は、ミクオリジナル曲やその他、VOCALOID音楽を連れて行こうかと思います。


ミクオリジナル曲の中で桜といえば、定番中の定番といえばこれでしょう。この曲は、外せません。
この曲がアップされた去年の冬から、ずっとこの季節を待っていました(^_^)


せつない歌詞ですが、タイトルにもなっているサビの歌詞の「恋でした」というのが、ほどよい過去形でいいですネ。
深い悲しみの最中にあったら、顔はうつむいてしまうでしょうが、少し立ち直り前を向くことが出来るようになると、頭上に咲く桜にも眼が留まるようになるのデス。


冒頭の「初めての春が来る 其れは、未だ知らない季節」という歌詞に、これはミク・リン自身を表現した詩なのか?と思いました。どうなんでしょう。
歌詞が、またとてもセンスに溢れていて、この言葉の使い方には感銘を覚えます。


もう歌わせ方でこの人だと分かる、ぢょんさんの曲デス。3月9日のミクの日に、桜で勝負に来ましたネ。(なんの勝負だと言われると困りますがw)
歌詞は Asaki No'9 さん で、コラボなんだそうデス。


そういえば、受験=合格=サクラサク もひとつの定番でしたネ。時期的にはもう終わりなんでしょうけど。
そういうことで、花見とは趣旨が違いますが、良い曲なのでリンクを貼っておきます。

ニコニコ動画では、まめな人が、桜曲リンクとかタグを貼ってくれているので、検索するともっといろいろ良曲に出会えるかもしれません。

桜の見事な咲きっぷりは、それだけで人の心を魅了しますが、桜の咲く頃は、ちょうど出会いと別れの季節で、人生の転機となる時期だから、余計に人の心に強く訴えるものがあるのでしょう。
良曲、名曲が生まれるのも、桜ならではなのでしょうネ。
さて、今年はどこに見にいきましょうか(⌒_⌒)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

もはやVOCALOID関係ないw

もはやボカロ兄弟は、歌わずともキャラとして一人立ち・・・という話は、いまさらですが、ここにもそんな作品が。。。
ソフトとしてのVOCALOIDとは、まったく別の世界に行ってますw

VOCALOID楽曲を使っている訳でも、PVにしたのでもありません。
というか、音楽カテゴリですらありません。
ボーカロイドである必然性は、まったくありません( ̄∀ ̄;
しかも、なまじっかクオリティが高いww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「歌ってみろ」タグ 増殖中?

「歌ってみた」といえば、ニコニコ動画のカテゴリタグですネ。
「歌ってみろ」といえば・・・・・・え?なに?


早口だから人間には歌えないだろう→「歌ってみろ」
ということですネ。
早口ソングといえば、やっぱりまずは cosMo(暴走P)さん。
cosMoさん作品の中でも、一番早口だろうこの曲は、まさに早口「歌ってみろ」の最高峰といえるでしょう。


初音ミクの消失が悲しげなのに対して、こちらはやたら楽しそうw
全力で wktk している初音さんが想像できて、いい感じデス。
そして早口させても言葉が崩壊していないあたり、調教レベルが高いのではないかと思います。


歌詞が日本語じゃない→「歌ってみろ」
ということですネ。
あ、でも、ドレミなら日本語・・・?
それにしても曲がカッコいいんですが。まともな歌詞版とか作って欲しいかも。でも今のままのほうが、特徴と風情があっていいのでしょうか?


歌詞が日本語じゃ・・・ということなら、やはりこれが一番でしょう。
なにせ人間の言葉ですら、ありませんからw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度は3Dだ

“これがあれば、あなたにも簡単に初音ミク3DPVが作れます。”
なんか、そんな感じのツールですネ。巷で話題の MikuMikuDance 。

このツールがどれだけ凄いものかは、この作者自身による説明動画を見るのが、一番デス。


いろいろとモデルを動かせて、表情を変えられて、リップシンクまで出来て、これでお値段ゼロ円とか。
なにより、ハイスペックが必要そうな印象のある3Dソフトなのに、これは結構軽快に動きます。

ということで、多くの人を虜にした MikuMikuDance 。これで作った動画が、もう既にたくさん出来てます。
↓このあたりは、課題動画ということらしいデス。とりあえずツールを落としたら自分でこの動きを再現してみるという。


今のところは、まだうまく動かすところまでを目標にした動画が多いですが、これからは、アイデアと根気しだいで、いろいろと面白いPVが作られそうな気がします。いままで見てるだけだった人が、このツールでPVつくりに続々参戦でしょうから。

これに関連して、ITmedia がツールの作者さんにインタビューしてまして、その記事がありました。
「神ツール」――初音ミク踊らせるソフト「MikuMikuDance」大人気 (ITmedia)


そしてこれは、上の記事で紹介されていたと思われる、MikuMikuDanceによるCM再現動画デス。
余談ですが、この動画の「まったく極細ではない」というタグには笑いましたw

そろそろ初音ミク界隈のネタ投下も落ち着いてきただろう、とか思っていたら、なんの、まだまだ。
もう次にどんなネタが落ちてくるのか、想像もできませんネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆる~ん( ̄Д ̄@)

世はまさに大ストレス時代!
受け継がれるバグ、仕様のうねり、昼間見る夢(それは幻覚だ!)。これらは止める事のできない・・・(以下略

疲れたあなたに贈る、初音さんの癒しデス。
まぁちょっと肩の力を抜いていきましょうやw


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンダムOPの差し替え

ロボットアニメといえば、やっぱりガンダムが一番知名度が高いんでしょうネ。
曲がロボットアニメソングっぽい、とか思ったら、すかさずガンダムのOPと曲を差し替える動画がうpされたりします。ちょうど、今、ガンダムシリーズの新作が放送中なので、それのOPがもっぱらの標的デス。
結構、あってたりして面白いデス。

DaybreakWAY




この2曲は、初めて聴いたときにロボットアニメっぽいと思ったものデス。案の定、作る人がでました。まさに「誰かがやると思ってたw」

ほまが知ってたのは、この2種類だけでした。
でも、もっとあるんだろうな、とニコニコ動画でキーワード検索し始めたら、ガンダム00のOPのMADって山のようにあるんですヨ。他のあらゆる曲で差し替えOPが作られていて・・・
探すの途中で諦めそうになりました( ̄∀ ̄;
きっと、まだ見つかってないのもあるでしょう。

みくみくにしてあげる♪メルト



さすがミリオン再生の代表曲デス。ちゃんとありました。
でもみくみくはアレンジ版、メルトは人間ボーカル版ですネ。
やはり雰囲気を考えて変えてみたんですかネ。

忘却心中

姉さんがありました。
見たら、想像以上に合ってました。かっこいい曲だからというのもそうですし、なにより姉さんの声が合ってるんですネ。さすが硬派。
むしろガンダムのほうが・・・w

卑怯戦隊うろたんだー


曲が戦隊もの風味なので、合うといえば合うのですが、曲のインパクトが強すぎる気が(^_^;

デッドボールP作品



五線譜のほうはともかく、人間じゃないからって、、、この発想はなかったww
なんか、斜め上を行くって感じデス。

● ネタ系


ネタ系がOKでクスリとしたいなら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KAITOの本気が増えましたネ

最近、兄さんの曲でいいのを見つけると、なぜか初音さんより強く反応してしまうのですが・・・
数が少なくて目立つから?
以前の不遇な頃を知っているから?
その心理は、どういう理由からくるんでしょうか。。。


週刊VOCALOIDランキング#22で、兄さん二度目の1位獲得!
サビの高音部分を聴いてて、兄さんは高音の歌のほうが向いてるのかも、と思いました。高音でも苦しくなく伸びのある歌い方が出来るところが、VOCALOIDならではですネ。(もちろん調教次第なんでしょうけど)
コメントの「ズコー」~「ざわ・・・ざわ・・・」~「サーセン」の流れが、えらく統制がとれていたところにニコニコ動画らしさを感じられて、それもまた面白かったデス。


個人的には、兄さんの歌の中で一番好きな歌わせ方がされている曲デス。
↑それに絵が付いてPVになりました。
やっぱり兄さんの高音での声が好きなんですよネ。
(゚Д゚)ド━ が好きで動画を再訪している人もいるかと思いますが、こちらの統制のとれた (゚Д゚)ド━ もまた、面白い要素デス。


ボカロ家族の中で肩身の狭い兄さんの哀歌w
投稿日が去年の12月8日ですが、この頃は確かに、今の兄さん人気は想像も出来ませんでした。
最近は、VOCALOIDの先輩としてちょっとは自慢できるようになりましたか?

当時を思えば、よくぞ今では・・・
↓でも、調子のりすぎはいけませんw

そうそう、ハーゲンダッツ値上げのニュースを見て、兄さんの顔が浮かんだんですが、どうしましょうww
きっと兄さんはショックを受けてるんだろうな・・・とか妄想してたら、↓

※3月4日に値上げのニュースがあり、動画のうpが3月8日。仕事早いですネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まさかの友情出演

ミクオリジナル曲を巡回していたとき、たまたまこういうタグが付いてる動画があったんデス。
「まさかの友情出演」
なに?と思ったんですが、動画を見て把握しましたw


いや~、さすがニコニコ動画の人気者。

そしてその知名度は、ワールドワイド。器が違うのデスw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニコニコ愛されキャラ選手権(第12回)

ニコニコ愛されキャラ選手権というの、やっているのは知ってました。
でも、なんとなく今までスルーでした。

第12回のニコニコ愛されキャラ選手権の結果。
初音さんがランキングに入ったとか、どこかのコメで見かけたので、見に行きました。

よくよく調べると、初音さんは特にこの第12回からランキング入りした訳ではないようで、、、まぁ初音ミクがキャラクターとしても人気だというのは、ニコニコ動画では当然といえるでしょう。

そして、ネタバレ?になりますが、今回、初音さんは22位でした。
これが良いのか悪いのか、分かりませんが、無数のアニメキャラの中でこの位置なら、なかなかのものじゃないでしょうか。
・・・・あれ?

16位 弱音ハク

Σ( ̄д ̄ なんと!
本家より上とは( ̄∀ ̄;

そして、その後に出たさらに衝撃のランキングw

6位 デッドボールP

おまっ Σ( ゚ Д ゚ )

いや、デP好きですけどネ。
他のランクインキャラクターと比べると、何かが間違っている気が・・・( ̄∀ ̄;A

ところでこの投稿、カテゴリーは初音ミク(VOCALOID)でいいのでしょうか?w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じゃじゃ馬の継承者

鏡音リンというと、すっかり暴れん坊・・・もとい、じゃじゃ馬として評価が確立してしまったようですが、それはロードローラーのせいばかりでもないと思います。もともとデザインの見た目からして、活発な印象を持たせる要素は十分ありますよネ。ショートの髪型、軽快そうな服装、全体的な黄色(オレンジ)基調・・・

↓この曲なんて、あまりにも自分の中のリンのイメージとぴったりでした。

「某お姫様を題材に」っていう、元ネタを知りませんが、イメージ的におてんば姫=じゃじゃ馬リンでOKなのデス。

↓ロードローラーの前に、すでに怪力設定というのもありました。

でも最初の頃は、初音さんもじゃじゃ馬と言われたものなのデス。
ソフトウェア的に歌わせるのに苦労するから、じゃじゃ馬ってことだったんですよネ。

それが、いつの間にか立場が逆転してましたネ。
↓この二人の違いはなに?(^_^;


これは・・・リンじゃじゃ馬すぎでしょうww

余談:
あ━━━・・・・・ここでもやっぱり、レンはネタ担当なのネ (つд`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんなでアレンジ、聞き比べ

期間限定~今日まで、ということで第4回VOCALOIDアルバムがやってました。楽しかったデス。
VOCALOIDアルバムの企画は、毎回楽しませてもらっていますが、第4回の企画は、特段興味深かったデス。

↓VOCALOIDアルバム窓口。ただし毎回の窓口なので、第5回、第6回と変わっていくと思われます。

スクリプトでこういうことを考える発想も面白いですネ。

第4回の企画は、初音Pのオリジナル曲「Snow-white Medium」をみんなでアレンジ、というものでした。
同じ曲でも、作者ごとにずいぶん特色が出て、聞き比べが面白かったデス。
↓元となった弱音Pの元曲。

以下、各参加者たちの作品デス。
アルバム期間が終わると、ツールでも使わないと連続再生はできないと思いますが、聞き比べというスタイルでひととおり聞いて回るのをお奨めします。














| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタインのフォロー

そろそろホワイトデーですネ。バレンタインのお返しなり、フォローなりを考える時期デス。
男性は、女性のバレンタインと比べるとホワイトデーへの真剣さが足りませんが、フォローはしっかりしておかないと後悔することも・・・

さて、バレンタイン関連楽曲で、過ぎるまで知らなくて、今頃になって、これは良曲・・・なんて見つけた曲を、ホワイトデーにかこつけて上げてみます。


外伝で発掘した曲でもあります。
曲にのせて、バレンタインに向けて頑張る女の子の様子がPV風に描かれてて、センスのいい動画デス。


曲とか歌詞とかイラストとか、そこかしこに可愛さが詰められている動画デス。
ティン♪ はクセになるかも。

クリスマス曲もそうですが、時期が過ぎたからと伸びが止まってしまうのは、ちょっと残念デス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

曲だけ聴いてればOK

たまたま、なんか酔う・・・ (@。@; というコメの多い動画に、続けてあたりました。
でも、どちらも曲が素晴らしい。
ならば曲だけ聴けばOKです、、、なんてw


画面が揺れます。
見てる人から、ちょっとこの効果は・・・(>д<; と、泣き顔なコメも多いデス。
確かに、じっくり画面を注視するのは、ちとつらいかも・・・
↓すると、そそそさん、すかさず揺れない動画をうpしてくれました。素晴らしい。

それにしても、この曲はカッコいい!
どうしてもパンチ力に欠ける初音さんの歌声なので、こういう曲には合わないということが多いのですが、この曲はしっくりきてるように感じるんデス。
なんか調教に工夫してるんでしょうかネ。


外伝で見つけた動画なんですが、倍速で峠を下る映像から、酔う~(@。@;) という意見も多いデス。
そんなにこの映像が苦手なら、PVが作られているので、こちらでPVの世界観と曲の良さを味わうというのもいいかもしれません。

曲のほうは「ドライブミュージック向きな曲です」ということで、確かに運転しながら流したい良曲デス。ほまなら動画のように峠道を走るのではなく、夜中の湾岸あたりをゆったり流しながらにしたいですネ。
まぁ榛名山だから曲も Haruna というタイトルなんでしょうけど。

↓また、haruna808 さんのマイリストから、こんなのを見つけました。

これまた良曲。PVの絵も綺麗だし、曲の初音さんの歌わせ方が凄いデス。

しかし、曲だけ即行 iPod 行きもいいですが、ニコニコ動画で再生するほうが、きっとうp主は喜びますよネ。そんなに画面を凝視しなくていいですからw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近よく目についてました

受験シーズンも終わり、世間の「受験シーズン関連商品」も目立たなくなってきました。
それでも近所のスーパーは、メンチカツやとんかつを相変わらず「頑張れ受験生」という札を付けて売ってたので笑っちゃいましたが(^_^)


朝日新聞の記事に、こういう話がのっていました。
「ちりとてちん」を探して 実は長崎名産の豆腐料理?(asahi.com)
『NHKの朝の連続ドラマで、その名が知られるようになった「ちりとてちん」。(中略)人気にあやかろうと、大阪市の和菓子店(では)、「ちりとてちん」という名のどら焼きを売り始めた。(また)同市の料理店では、・・・「ちりとてちん」と名付けた一品を15年前から出している。最近はドラマをきっかけに注文する客もいる。
大阪のたくましい商魂に比べ、なぜ「本場」の長崎には便乗メニューが見当たらないのか。
(中略)
長崎の商人について「黙っていても大きな商いができるので、軽々しい便乗をよしとしない美徳を持っている」。
一方で、そうした姿勢を「天領商売」と名付け、「黙って金が落ちるのを待つ姿勢でもある。だが、もはや通用しません」と苦言も。』

便乗しないのを美徳とするか、商売人としての素質に欠けるとするのか、難しいところデス。
昔からゲンかつぎで有名なとんかつでそれをやってる近所のスーパー程度なら、どっちにしろほほえましいと言えますけど(^_^)

ちなみに、ちりとてちんとは何か。
この記事には『大阪の古典落語にある「長崎名産の豆腐料理」らしい(中略)江戸時代に大阪で生まれた古典落語。江戸では「酢豆腐」と呼ばれる。』と書いてありました。

Wikipedia に載ってました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/酢豆腐

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットスラング

ネット独特の言葉の使いまわしをネットスラングというらしいですが、自分が知ってるようなのは、だいたい2ちゃん発祥の用語だったりするんでしょう。
一般人には伝わらない言葉の使い方に、日常生活が脅かされるようだと問題デス。
幸い、まだ仕事のメールや文書で間違った使い方をしたことはありませんが・・・たぶん(^_^;

最近「ふとましい」という言葉が、自分のどっかのツボに入ってます。
いい表現だw
こういう言葉も、100人が100人使うようになったら、広辞苑にも載るんでしょうかネ。

ところで先日、ちょっとした会議がありまして・・・会議の議題は、フラグをどうするか、でした。
フラグを立てるの、立てないの、立てる条件はどうの、、、(システム的な話ですヨ)
しかし、会議の間中、別のことを妄想するのをこらえるのに必死でしたw

ゲームでいうところのフラグは、プログラム上のフラグなわけで、それなら使い方としてそれほど間違ってないと思いますが、だんだんゲームと違うところで使われ始めているように思います。

「なんでもかんでもフラグ言うな!このフラグ脳めww」
こんなコメントを呼んだことがあります。
フラグ脳・・・面白い表現デス。
(でも、言葉として使われているのかと思ってググってみましたが、それほどヒットしませんでした)

例えばこんな例(?)が・・・(掲載が2005年ですヨ)
リクルートエージェント 転職徒然草 ゲーム感覚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

良曲発掘(外伝さんより)

VOCALOIDオリジナル曲ランキング外伝Ⅲで、またまたいくつか知らなかった良曲を発掘できました。

しかし外伝もⅢとかSEとかSE2とかⅣとか、、、ここにきて、ちょっとハイペースですネ。(Ⅳとかまだチェックできてない・・・)


作者は Time Signal 「少し楽しくなる時報」 の 19'sSoundFactory さんデス。ミクオリジナル曲としてのうp作品1曲目ということで、埋もれたのですかネ。
発掘できて嬉しいデス。(っていうか、作者のマイリスもチェックしないと、こういうのが増えますネ)
間奏のギターのとことか、特に好きで心地よいですネ。


作者の TakeponG さんは「教えて!! 魔法のLyric」の作者さん。やはり作者のマイリストもチェックを・・・
さわやかで気分良さげに二人(ミクxリン)を歌わせている曲デス。


「くじら12号」以来くじらの人として有名な、ぢょんPさんの初(?)ミクオリジナル曲デス。
「ついにオリジナルですか」というコメがありました。確かにジュディマリシリーズの作りこみを聞いていれば、待望のオリジナル曲うpですネ。
そして、いままでの曲を聴けば言うまでもないのかもしれませんが、このオリジナルでもさすがの見事な歌わせ方を披露しています。


5万再生超えの曲が、埋もれですか。。。確かに未チェックでしたけど。
同じ週のボカランに、同じトラボルタPさんの「よつばのクローバー」が1位で入っていたのに、ランキングの不思議ですネ。(ピンクスパイダーは、初登場36位)

もともといい歌詞の曲ですが、PV見ると泣けてきます。

偶然にも、再生数の多いヒット曲を持つ有名Pの曲ばかりとなりました。
こうやって並べてみると、週刊VOCALOIDランキングの30位入りが、いかに大変かと思ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イメージを描きながら聴き比べ

動画の背景イラストをピアプロから持ってくる作者さんは多いデス。素敵なイラストだと、たくさんの作者さんから引く手あまたなので、同じイラストが背景の別のうp主の動画、というのも出てきたりします。
たまたまマイリストを見てたら、同じイラストのものがあって・・・というか、結構、背景イラストって覚えていますよネ。イラスト集のようにコロコロ変わるのじゃなければ。
だから「このイラストは、見た記憶が・・・」となるものデス。
(イラスト集でコロコロ変わる場合は、その中の一枚に「あっこれは」というのがあったりしますネ)

うp主が背景イラストを決めるときは、曲のイメージにあったイラストを・・・と思うはずで、逆にいえば、イラストが曲のイメージをあらわしているとも言えます。
ということで、同じイラストを背景に使った曲を聴き比べる、なんて面白いと思うのですが、どうでしょう。
どれもいい曲ですが、ただ聴くよりも、こうして並べると、また新たな発見があるかもしれません。



背景イラストは、ピアプロの k2pudding さんデス。
MilK tea さんのほうの動画は、何枚かイラストが切り替わるものですが、同じ k2pudding さんの同じ雰囲気のイラストということで、イラスト比較の対象にあげてみました。




背景イラストは、ピアプロの crown12 さんデス。




背景イラストは、ピアプロの nanamiso さんデス。

ピアプロは、イラストのアップ量が多くて埋もれやすいといわれますが、ニコニコにアップされるミクオリジナル曲もまた沢山あるからなのか、結構重なるもんですネ。特に3つ重なったやつは、同じくらいの時期に同じイラストを使ったものが、というパターンになってますネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またやられた(汗

前に、NIFTYの旬のブログに記事がピックアップされたということを書きましたが、またやられました。
1月に続き、2回目デス。
っていうか、あちこちのブログ持ち回りじゃないの?間隔短くないですか?(@∀@;

↓これが、その画像デス。
2

これが、その投稿デス。昨日あげたばかりのものですネ。

今回ピックアップされた投稿は、ニコニコ動画のVOCALOID楽曲を紹介するもの・・・最近、このブログはこればっかりですが( ̄▽ ̄;A
前の回がイチロー選手についてのものだったのに比べると、ずいぶんマニアックなものを選択したものですね、NIFTYさん。
だって、完全にVOCALOID&ニコニコ動画を知っている前提で書いている記事なのに、、、NIFTYトップから流れてきた人は、「なんぞ?これ・・・」とか思ってないですかネ?
トップに出てる誘い文句も 『脳内ループの始まりとはゲームBGMにほどよい替え歌』 って、間違っちゃいないですけど、クリックする人に誤解をあたえそうな見出しですヨ。少なくとも、VOCALOIDのネタだとは思わないでしょうし、ゲームBGMの話がメインじゃないし・・・(トップの見出しを書いたのは、ピックアップしたNIFTYの人デス)

こんなことなら、せめて「おなかすいた歌」のほかには「初音ミクが歌う ロックマン3 ロッテリア」とか「【初音ミク】ミクがマッピー略してミッピー」とかのゲームBGM特集にするんだった( ̄▽ ̄;A
(※追伸:リンクを追記してきました。これでこれから来る人には多少報いたかとw)

とりあえず、ピックアップしてもらったことには、素直に感謝。(ロボットじゃなく人が読んで選んでるっぽいんで、なおさらデス)
そして、釣られてw 駄文を読んでくれた人にも、ありがとうを (^_^)ノシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう10回も見たけど 全然中毒じゃないよ♪

タイトルは「少し楽しくなる時報」の歌詞から。
そんなわけで、自分が中毒になった動画を振り返ってみました。
でも、だいたいみんなして中毒になる曲って、再生数が自然と伸びるんだから、自分の中で中毒ランキング(命名がひどいなぁw)を作ったとしても、「組曲『ニコニコ動画』」、「levan Polkka」、「みくみくにしてあげる♪」とか、、、うん、メジャーどころばかりですネ。
それらを除くとして、こういうのとかどうでしょう。


みくみく~のアレンジ曲ですが、いいアレンジ&替え歌歌詞が面白いので、何度もループしてしまいました。
鏡音リンのアイテム争いのときに、ロードローラー派が勢いづいた(勝負を決定付けた?)、伝説の一曲でもありますネ。(最速伝説なだけに)


ゲームのBGMって中毒性が高いものが多いと思います。それに、ほどよい替え歌の歌詞がつくと、脳内ループの始まりデスw
「今日の夕食、何を食べようかな・・・○○とか、△△がいいかな、、、いや、そ~でもないかな♪」
最後の一言が、自然と口を付いて出てくるようだと重症デスww
ボカランでの順位の粘りも、この曲の中毒性を示しているようデス。

↓せっかくなんで、ゲームBGM替え歌ものを追記しました。



これは、本当に中毒になったらヤバい動画か?(^_^;
上級者向けタグがありますし、ご視聴は慎重にw

とりあえず結論としては、ほまがVOCALOID中毒であることは間違いないと( ̄▽ ̄ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

星が物語る歌

星は星でも「☆」のほうデス。
曲のタイトルに「☆」が付いてる曲って、ちょっとデムp・・・いや、エロg・・・・いやいや( ̄∀ ̄;A
なんというか、アップテンポで、可愛い歌が多いようで、タイトルにも曲の雰囲気があらわれているようで、クリックするときの参考になります。タイトルを付けるほうも、それを意識しているんでしょう。


タイトルからして、なんという・・・
もっとも、ノリでコメントは残してますが、ほまはエロゲってやったこと無いんデス。
「おまえら、本当のエロゲを知らないでコメしてるだろ!」(コメント赤字)
サーセンw

なかなか良いミクxリンデュエットだしオケのレベルも高いと思いますが、タイトルと歌詞でスルーされてるところも多いかねと。



まぁこれは、電波系とかいうんじゃなく、普通にアニメ系OP風とでも言えばいいんでしょうか。
作者の samfree さんは、「daybreak」とか「桜のような恋でした」とかを作った人ですが、感じの違うこういう曲も出してくるとは。“引き出しが多い”との評判が付くわけデス。


うp主コメントを見ると、最初から電波系を狙って作ったようデス。
でも、そんな電波を撒き散らしてはいないと思います。
お子ちゃまアニメ向けと思えば、たしかに日曜の朝とかに流れてそう。(そんな感想のコメントがあったので)

ちょっとPC内を探しただけでも、☆の付いたタイトルって結構沢山あることが分かりました。
もともと電波系ソングと呼ばれるものも嫌いじゃないですが、それをあらためて自覚する結果となりましたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

曲も絵も楽しみな人

ミクオリジナル曲をうpし、その動画の背景イラストも自描きするという、マルチな人がいます。
特にほまが好きなのが、はややさんcomMoさん デス。(ブログとか他の人のコメントとかを見ての想像デス。一人だと思った作者が、複数人のサークルだったという例もありますけどネ。)
曲も好きだし、イラストも好き。どっちも出来るなんて、ずるいw

ところが、最近のお二人の作品では、そのイラストが対照的だったんデス。


これの前作の「初音ミクの終焉」あたりからイラストが、ピアプロから持ってきたものになりました。
この動画もそうデス。
さすがに、曲の発表ペースにイラスト分が追いついてないのでしょうか?
曲は、相変わらずというか、この人の特徴というか、、、この高速展開、大好きデス。


(これの前作でレンの曲はありますが)こちらは、曲の感じが今までとガラっと変わりましたネ。
イラストのほうも、みくみく菌、ぴんぽん、ぐるぐる・・・と、初音さんはニコニコしっぱなしでしたが、歌の雰囲気にあわせたのか、ついに開眼しました。(文字通りの意味で)

ちなみにはややさんは、イラストの眼について、ブログのぴんぽんだっしゅの回で「ミクの目が開いてない絵ばかりなのは、その方がイメージかたよならいで済むかなーなんて思いもあったりしますが、実は描きにくいから描いてないだけだったり。」と書いています。
それにしても、このイラストの初音さんは何というかこう・・・

今回、半開きだったので、次回の眼は全開を期待しますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

他人事だと好き勝手言えますがw

ちょいわるPが、体を張って(?)楽しませてくれました。
なんとボーカロイドPrimaを買ったとか・・・(っていうか、何それ?VOCALOIDの新製品?イギリス!?)

他のボーカロイドとあわせて、総額10万超!?
「殿堂入り(金額的な意味で)」のタグに吹いたw

↓経緯を知らない人は、とりあえずここあたりを聞いてから。

↓公開マイリストを投稿日順に見れば、完璧デス。

↓そして、問題の(?)最新作

いち野次馬が余計なお世話ですが、リアルのお嫁さんは大事にしてくださいネw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »