« だからVOCALOIDは歌わせるものだと(ry | トップページ | はじめましての歌と忘れないでの歌(前編) »

5人でちょうどいいバランス

鏡音リン・レンが登場して、いわゆるボカロ兄弟が5人になりました。それまでの3人(MEIKO、KAITO、初音ミク)のときと比べて、グループとしてバランスがとれた感じがします。
3人のときは、トリオの仕事があまり記憶にありませんでした。KAITO×ミクやKAITO×MEIKOのようにペアならあったんですけど、最初のころは、そもそも兄弟とか家族っていうのは、なかったですよネ。
(まぁ公式設定に無いから、当然ですけど)

例えば、あの恋スルVOC@LOIDでは、「♪MEIKO先輩にも負けない」という歌詞でしたし、サイドストーリーというか、小説とか漫画とかのキャラクター作品でも、初期のものは兄弟・姉妹感が、ほとんどありません。


なかなか秀逸な小説作品デス。(元は他作のパロディーですが)


歌作品だけじゃないVOCALOIDキャラクターの世界を楽しむなら、ぜひ訪れたいものデス。

で、それが5人となったあたりで、仲良しほのぼの兄弟・家族という設定が定着し、そんな絵が、ピアプロでも増えました。つまり、5人をひとくくりのグループとして見るようになったんですよネ。

なんでしょう・・・戦隊モノとかの影響によるすり込みでしょうかw ちゃんと5人ともキャラ立ちしてるのも、安定感がありますし、配色のMEIKO=赤、KAITO=青、初音ミク=青緑、鏡音リン・レン=黄色というのもバランスがいいですネ。
ただし外見と年齢とか簡単なプロフィール以外は、全部同人の非公式設定ですから、兄弟という勝手設定が浸透したのと5人に増えたのが、いいタイミングで合わさった結果かもしれません。

そうそう、バランスが良くなったせいか、非公式派生キャラの弱音ハクさんや亞北ネルさんが絡んでくることが、最近は少なくなってきた気がします。これからは、独自路線で活動していくんでしょうか(^^;
↓数少ない?派生キャラ入り集合絵。

はちゅねはきっと不滅ですけどネ。やっぱ公認キャラですしw

|

« だからVOCALOIDは歌わせるものだと(ry | トップページ | はじめましての歌と忘れないでの歌(前編) »

初音ミク(VOCALOID)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28911/40062534

この記事へのトラックバック一覧です: 5人でちょうどいいバランス:

« だからVOCALOIDは歌わせるものだと(ry | トップページ | はじめましての歌と忘れないでの歌(前編) »