« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の7件の記事

なんだかモールにクリスマスの曲が・・・

早くも流れていますが、せめて12月に月替わりするまでは自重しろと(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妖怪ですからw

ほま「『ゲゲゲの鬼太郎』というアニメがあるんですヨ」
JO「ああ、昔よく見たなぁ。子供の頃とか。」
ほま「新作なんデス。今、日曜の朝に放送しているらしいですヨ」
JO「へぇ」
ほま「それが、鬼太郎たちが現代に来てるものだから、ケータイ使ったり、DSを使ったり・・・」
JO「うはぁ、それ違和感あるなぁ (;´д`)」
ほま「でも鬼太郎たちは妖怪だから何百年も生きてるって設定ですし、“ドラ○もん”や“サザ○さん”よりは問題ないかと・・・」
JO「ちょっ、それ禁句!( ̄∀ ̄;」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祭り主義

ほまは、2chとかニコ動とか、正直好きなんですが、2chを称して「一点祭り主義」と評したコメを読んだことがあります。なかなか言いえてると思います。

それを考えてて、自分ってやっぱり祭り好きなのかも、と。
最近、ほまの会社が、人材難と景気上向きなせいか、社員待遇を良くしようという動きがみられます。
でもそれで下がり切ったモチベーションが、上がるかというと・・・

ふと気づいたのが、そういえば、昔はウチの会社って祭りが多かったなぁ、ということデス。
まず、会社の規模が小さめだった(今の半分以下?)ことから、障害とか事件が起きるとすぐに祭りとなり、ひどい時は、なんだか年がら年中祭り状態。
それを楽しかったと思うのは、ニコチン中毒な人みたいにナチュラルハイ中毒だったからなのでしょうか?(^_^;

最近は、会社が大きくなると同時に、ヤバイ時(インシデント)のマニュアルが整備され、アウトソーサーも入って、組織的に動くようになってきました。
しかし、その分、仲間うちのチームでなんとかして乗り切るんだ!というのが無くなり、すぐに関係者にディスパッチ。担当者は、一人で関係各所と調整しながら対応するのデス。
・・・個人の負荷が減った訳じゃないのに、祭り感が減って、疲ればかりでナチュラルハイにならない。。。いや、体力的なものより、心のストレスがナチュラルハイへの突入をせき止めているように感じます。
体力が減ると、自己防衛本能のせいか普通はナチュラルハイになるはずなんですが、ならない---なれないんですよネ。

もはや会社が祭り主義に戻ることはないでしょう。あれは、規模が小さいから許されたものデス。
しかし、自分のモチベーションが、祭り主義にあるのだとすれば、もはや、会社にモチベーションを求められないのかもしれないのデス( ̄◇ ̄;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうちょっと考えようネ

「モバイルSuica不正利用 被害額1000万円に」(産経新聞)
「JR東日本は、携帯電話向けサービス「モバイルSuica」において、盗難されたりやスキミングされたりしたクレジットカード情報が登録され、電子マネー990万円分が不正利用されたことを明らかにした。」(Impress Watch)

最初、モバイルSuicaにクレジットカードを登録すると、情報を抜かれるとか、そういう不正でヤバイのかと思ったら、そうじゃなかったんですネ。
ほまは、モバイルSuicaはヤバそうだから使わない、という姿勢ですが、今回のは違ったんで、それ見たことか!とは言いません(^_^ゞ

で、何が悪かったかというと、クレジットカードを登録する仕組みに、パスワード確認もなければ、全ての情報をクレジットカード情報と照合していなかったというのデス。
そのために不正な(他人の)クレジットカードが登録できてしまうということデス。
担当者は、一般のECサイト構築に習った、ということですが、迂闊だったというしかないでしょう。

ほとんどのECサイトも、クレジットカード情報これだけの登録で買い物できるの?不安・・・・
と思っているのですが、この場合、商品を受け取るのに郵送先が無ければならない、、、つまり犯人の足がそこからつくリスクが高く、結果としてそれが犯罪をやりにくくしている、という総合的な状況に助けられているのデス。
それを、考え無しに電子マネーの世界に持ってくるから・・・(´・ω・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成金は、自分はちょっと・・・

2台目の携帯をソフトバンクにして、ホワイトプランでトランシーバー替わりにする人について、孫さんが「2台使っているうちにソフトバンクへの集約を考えて、主要顧客に化ける。歩が成金になるようなもので、と金プログラムと呼んでいる。」と言ってたようデス。
「ホワイトプラン」でも利益が出る理由──ソフトバンク中間期、携帯事業が好調(ITmedia)

ほまは、今このパターンになっていまして、メインがAU、2台目がソフトバンクになっています。
自分で選んだんじゃなくて、持たされているんですけどネ。。。

やってみるとやっぱり、1台のほうがいいデス。圧倒的に。
でも孫さんの言う成金モデルにはならないですヨ。
選ぶならAUのほうですからネ。

ほまの場合は、データ通信(PCを使う訳ではなく、ケータイサイト閲覧とメールがメイン)するほうが多いからデス。
だから、2台持つのが邪魔で、ソフトバンクを捨てたいのですが、なにぶん相手がある話デス。簡単には済まないのデス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝から牛丼の特別な吉野家

幕張に行ってきました。メッセでは、東京モーターショーをやっています。
海浜幕張の駅には、フードコートがあって、吉野家が入っています。
そこに張り紙が。
「東京モーターショーの期間中は、豚丼の販売を中止します」

吉野家は、まだ牛丼販売が11時からなので、豚丼が無かったら何を食べればいいのかと思ったのですが、普通に牛丼を売ってました。
朝から吉牛が食べられる貴重な店ですヨ。

期間限定みたいなので、早く行ったほうがいいですヨ(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

むしろ拍手をおくりたい

『任天堂が初代「ファミコン」など過去に発売したゲーム機の修理サポート受け付けを終了。』
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0710/16/news102.html
(ITmedia 2007/10/16)
スーファミじゃないですヨ。ファミコンのほうですヨ (゚Д゚;)
ファミコンの発売日は、Wiki によると1983年7月15日。
それから24年間も修理サポートを続けていたというのは、むしろ驚きデス。
というか、正直「やってたんだ・・・」という感じ?
(同時にスーパーファミコンとかNINTENDO64のほうも、修理サポートを終了するということですが)

記事によると、同社は「長く使って頂いているのに申し訳ない」というコメントを出しているようですが、こういう逸話を聞くと、やはり任天堂は、子供におもちゃを提供するという基本理念を持って貫いている会社なのかなと感じます。
例えば、やはりWiki によると、子供向けとして頑丈に作られたゲームボーイは、湾岸戦争の爆撃された家屋から発見されたけど動いたとか、ショットガンで撃つ実験後も動いたとかいう逸話があるようですし、ニンテンドーDSでは、エベレストの山頂でも動いたという報告がある(一緒に持っていたラジオなどは壊れたにもかかわらず)など、非常に作り手のこだわりを感じさせる製品となっています。
Wiiの方向性にしてもそうですし、任天堂からは、ゲーム機はおもちゃの延長というポリシーを感じますし、今回のサポートの話など、高い理念を実行を伴って実現している証として、なんか好感が持てる話ですネ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »