« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月の2件の記事

節電中・・・

ほまの通っているとこのビルが、特別な節電強化中なのだそうデス。
CMでもやっている、例の原発問題による、東京電力からの格別のお願いだそうデス。
そういえば、数年前にも、やはり電力不足で夏場に東京大停電の危機、なんて、ゴシップ紙などが、煽ってましたっけ。
その時も原発問題でしたが、今夏は本当に停電があるかもしれませんネ。

さてまぁ、それで照明が50%に減らされたり、ロビーの冷房を弱くしたりしているのですが、照明50%減ってされても問題ないですネ。
普段からやってればいいのに・・・
世の中、不必要な照明が多すぎだと思います。
毛利さんの“宇宙から見た夜の日本列島”というCMにあるとおりデス。

もっとも、あれは夜に使われる電気。
東京電力が問題にしているのは、昼間の電気。
夜の電気は、簡単には止められず連続運転する原発の電気を使っているから、東京電力的には、使ってくれないとむしろ困る(使う人がいなくても原発が電気を作るから)という話デス。
深夜の電気料金が安いのも、その辺が理由。
オール電化とかいって、エコキュートが夜の電気を使ってお湯をわかすから、経済的というのも同じ。

なんだかんだで根っこにあるのは、市場原理主義>>>経済リスク(停電)>環境問題(温暖化)ということですか。

最近気になったのが、柏崎刈羽原発の関連で、地球温暖化防止にはCO2排出の少ない原発が必要だから、とかいう論調が多いこと。テレビのコメントや、新聞の意見記事などでも見られます。
いつから日本人は、こんなに原発容認になったのでしょうか。
不景気で自分の生活が危うく、食うや食わずの生活になると、大局的な話とかはどうでもいいのでしょうか。
その隙に政府が原発推進、ゴマすりメディアが容認の空気を報じるとか?

東京電力のオール電化って、なんかエコな時代とは違うような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通勤客に混じる行楽客

今朝は、普段みないような駅員の誘導整理がされてました。
世間的には、夏休み。
通勤客に行楽客が混じって混雑しています。

通勤客には、どんなに混雑しても、整然と行き来する秩序があります。
これが崩れることは、めったにありませんネ。
このあたりが、暗黙の了解という奴でしょうか。

そこに入り込む異物だからか、泣く子供がうるさかったり、はしゃぐ学生らがうざったかったりしますネ。


・・・夏休みですネ(´∀`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »