« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の7件の記事

ビタミンCがエネルギーに!?

次世代のクリーンエネルギーとして燃料電池が注目されている、というのは、聞いたことがありました。
だいたい水素とかが燃料になるらしいのですが、こんな話は聞いたことなかったデス。

ビタミンCを燃料にした安全・安心な燃料電池
http://venturewatch.jp/nedo/20061225.html

危険な可燃性の燃料を使わない安全な燃料源として開発を進めている、というのデス。

それにしても、ビタミンCを燃料に、とは!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンタクロースのあれこれ

メリークリスマス
一日遅れですかネ?(^ ^ゞ
サンタクロースの小話っていうと、心温まる話とか、クスリとする話とかばかり。
さすが偉大なお方ですよネ。

・転職徒然草のコラムから
『僕のお父さんはサンタクロースだ』っていう子供と親父の話デス。
http://www.r-agent.co.jp/knowhow/column/
その理由を聞くと「『お父さんは毎年クリスマスに働いている。
(※注:父親は流通業の仕事で、年末のかきいれどきだから、毎年忙しいのだとか)
プレゼンを買いに来た人たちが困らなくて済むように。全ての家にプレゼントが行き渡るように。全ての家が楽しいクリスマスになるように。
それはサンタクロースと同じ。
お父さんはサンタと同じ立派な仕事をしてるんだ』」

文中では、幼稚園くらいの子供が父親に言ったということらしいですが、このロジックを展開するとは、ずいぶん利発な子供ですネ(^_^ゞ
それはともかく、そんな可愛い盛りの息子から、こんな風に誇りに思ってるといわれたら、父親としては気分いいでしょうネ。
ちなみにコラムの主題は、その十何年後の物語ですけど。

・時事通信のニュース(Yahoo!ニュース)から
こちらは、北米防空宇宙防衛司令部(NORAD)が、世界中の子供たちのために、毎年、サンタクロースの追跡情報を伝えている、という話デス。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061225-00000017-jij-ent
アメリカの防空に携わる軍関係の機関が、毎年サンタを追跡している、という話をテレビで聞いたことがありますが、何の冗談かと思ってました。
その真相をようやく知りました。

「1955年、コロラド州の大手スーパーが、子供たち向けに“サンタのおじさんに電話をかけよう”という広告を出したが、誤って同州の米防空システムの基地のホットラインの電話番号を記載してしまった。
子供たちからの(間違い)電話を受けた同基地の司令官は、「任務の緊急性」を理解し、レーダー操作員にサンタクロースを追跡し、子供たちに刻々その情報を提供するよう指示した。」

これが以降も毎年続いているのだそうデス。もちろん、今年も。

最初の間違いからして、なんとも面白い偶然デス。
そしてこの司令官の判断も見事w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リーダーだけじゃだめです

うちの会社、リーダー教育に熱を入れているんデス。
IT業界って、たぶん他社もリーダー教育は熱心にやってるんじゃないですか?
リーダーじゃなくても、プロジェクトマネジメントでマネージャー教育してるんじゃないですか?

やる事が間違い、とはいいませんが、効果が出てなかったりしませんか?

理想のリーダーを描くと、正直スーパーマン的デス。
確率的にいって、千人に一人とか、そういう感じじゃないですか?
だって教育したところで、誰もが良きリーダーにはなれませんヨ。
リーダー力は、学ぶものより素養のほうが重要でしょうに。
しかも、苦労してもし素養のある人がいたとしましょう。運良く教育できたとしましょう。
でも、リーダーだけが張り切っても、プロジェクトは成功しません。
影響力の強い、周りを引っ張るタイプのリーダーもいるかもしれませんが、それも周りとの相性もあるので、A案件で成功したリーダーがB案件では失敗するということもあるでしょう。

むしろ、周りから浮くかもしれない天才肌のリーダーすらも上手くサポートする側近、このほうが重要だと思うのデス。
それにリーダーより側近のほうが、必要な人数が多いですしネ。
その割に、リーダー論はあっても側近論ってないですよネ。
上司となる管理職を育てる教育はやっても、良い部下とは、なんてやらないですよネ。
縁の下の力持ちになりがちだから、メディアとして日の目をみないのかもしれません。
そういう損な役回りをあえて目指すなんて人なんていないからなのかもしれません。
売れなければ、マスコミやメディアなんて取り上げませんから。

でも、そろそろ企業は、側近役、サポート役を育てる教育に目を向けてもいいんじゃないでしょうか。
特にプロジェクトの失敗・破綻が常態化しているIT業界には、必要じゃないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年 号外ニュース

日経新聞の携帯サイトで新聞記事のダイジェストをメールで配信してもらえるのですが、たまに号外メールが飛んでくるんデス。
メール版の号外は、普通に紙で配る号外よりも気軽に出せるのか、数が多いのが特徴ですが、やはり号外になるような内容は、特別な出来事なのデス。
そんな2006年の号外メールを集めてみました。今年の世相がわかるかもしれません。
ただし、ほまが登録したのが6月なので、年後半だけですけどネ。

6月 ※時間はメールの着信時間デス
23日 6:00 サッカーW杯で日本代表が1次リーグ敗退
       ブラジルとの試合で負けた日でした。
24日18:14 サッカー協会の川淵会長が、次期の日本代表監督としてオシム氏と交渉中と明かに
       「言っちゃった」ってやつですネ(^^
7月
 1日15:08 橋本元首相が死去
       驚きました・・・合掌。
 3日21:14 サッカー日本代表の中田英寿 引退
       今年は、驚きの引退が多かったですネ。
 5日 6:08 北朝鮮がミサイル発射
       日本の夏の朝を凍りつかせました。
10日 6:08 サッカーW杯でイタリアが優勝
       そういえば優勝したのはイタリアでしたネ。。。頭突きの印象が強すぎて・・・(^_^ゞ
14日13:48 日銀、ゼロ金利解除を決定
       日経新聞らしい号外デス。
23日21:33 王子製紙、北越製紙に敵対的TOB
       「株」は、今年のキーワードかもしれません。
8月
15日 7:57 小泉首相、終戦記念日に靖国参拝
       小泉劇場の最終幕でしたネ。
20日17:12 全国高校野球選手権の決勝が引き分け再試合に
       近年にない盛り上がりでした。
21日15:07 全国高校野球選手権は早稲田実業が初優勝
       ハンカチ王子は、一大ブームでした。
9月
 6日 8:59 秋篠宮紀子さま、男児をご出産
       日本国内だけでなく世界的な注目でもありました。
12日16:01 「命名の儀」が営まれ、お名前は「悠仁」に決定
       「ひさひと」と読みます。
20日15:02 自民党の新総裁に安部氏が選出
       年のはじめの頃は無いかも、と思ってましたが、最後のほうは、ほぼ確実状態でしたネ。
26日14:02 安部氏が首相に決定
       この人に日本の未来がかかってます。
27日22:50 羽生王座、王座戦で15連破達成
       将棋の話デス。日経新聞が後押ししてるんでしょうか?
10月
 9日12:07 北朝鮮、核実験を実施
       この問題は、まだまだ続いてます。
12日21:08 プロ野球パ・リーグプレーオフで日本ハムが優勝
       シーズン1位の日本ハムが勝って良かったですヨ。
23日18:59 前福島県知事が逮捕
       知事と談合問題。この後も続々と・・・
26日21:44 プロ野球日本シリーズで日本ハムが優勝
       新庄劇場でしたネ。
28日12:59 米大リーグでカージナルスが優勝
       田口選手がいたので、日本でも注目されましたかネ。
11月
15日10:16 松坂はレッドソックスが交渉権
       野球そのものよりも、こちらのほうが注目されたりして。
15日22:57 和歌山県知事が逮捕
       知事と談合問題。
12月
 2日16:13 Jリーグの浦和レッズが初のリーグ優勝
       初だったんですネ。意外。
15日 7:07 松坂、レッドソックス入り正式発表
       その契約内容までが、注目でした。
17日22:02 サッカークラブW杯、インテルナシオナルが優勝
       TVで見てました。クラブというより、ブラジルの選手層の厚さは、やっぱりスゴイですネ。
24日15:53 ディープインパクト有馬記念で優勝
       追加で補足デス。有終の美を飾りましたネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wii の妙なCM

Wii リモコンを使うときは、周りに人や物が無いかを確認し、
軽く降るだけで充分遊べます・・・
という淡々としたナレーションだけのWii の新しい CM

CM としては、ずいぶん妙な感じデス。

Wii リモコンがミサイルのごとく飛んでいき家具を破壊したとか(テレビにリモコンが突き刺さる衝撃の写真w)、野球肘ならぬ Wii 肘で怪我をするだとか、そんな話題があるからなんでしょうか。

そんな Wii リモコンのストラップ、交換対応中デス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いざなぎ超え あれこれ

世間でも「いざなぎ」を超えたというけれど・・・という話がたくさん述べられています。
凡人のほまなんかがグダグダいうよりも、今回は識者の方の話をまとめてみましょう。

まずは、ニュースステーションで有名になった経済アナリスト 森永 卓郎氏
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/column/o/57/index.html
今回の景気拡大を実感できない理由を、2つ述べています。
ひとつは、富の分配が偏っている点。格差を数字で出しています。
要約すると、2002年から2006年まで、名目GDP(年率換算)が21兆円増えたが、サラリーマンの所得は4兆円も減り、その分、資本家に25兆円の所得が集まったといいます。
もうひとつは、税制の問題。
2002年度から2006年度のあいだ、個人には総額で3.9兆円の大増税があり、さらにたばこや発泡酒の税金の引き上げ、厚生年金保険料や健康保険料なども上がっている一方で、法人課税は、その間に1.4兆円も減税されたというのデス。


次に有名コンサルタントの大前 研一氏
大前氏も2つの理由を掲げていますが、ひとつは、世代間格差が原因だとしています。
『日本は、世代間の所得・資産格差が大きい国です。ですから、若い世代に聞いてみたところで、実際にお金を持っていないのですから「実感」が伴うわけがありません』
もうひとつは、『今回の景気回復が「いざなぎ景気」などとは比べモノにならないほどの低成長に過ぎないからです』とのこと。「いざなぎ」の頃はGDP成長率が毎年8%前後、バブル景気の頃はGDP経済成長率が4%前後、それに比べると今の経済成長率は、1%弱を行ったり来たりという水準に過ぎないそうデス。

また日経ビジネスの記事では、やはり個人消費が冷え込んでいると、個人消費の動向を書いています。
10月の個人消費に関する指標は、スーパーの既存店売り上げが10カ月連続減少、コンビニエンスストアは4カ月連続の前年比マイナスを記録、外食・レストラン、タクシー、衣料品なども軒並み状況が悪いのだそうデス。

個人をないがしろにした好景気なんてありえない。
それなのに『労働分配率は55%とピーク時を10ポイントも下回り、企業部門の稼ぎが賃金増として個人に波及していない』。

諸悪の根源はいずこに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本語の迷惑メール 悪質ですヨ

ほまのとこに届く迷惑メールというと、今までは英語のものばかりだったんですが、最近は日本語のメールが増えてます。

最初はストレートなタイトルが多かったので、一発で迷惑フォルダー行きでした。
それが「最新情報」とかわかりにくいタイトルになり、姑息ですなぁと思いつつ迷惑フォルダーに送っていたのデス。
それが、さらに最近は知人をかたる感じだったり、完全に騙すとか詐欺なタイトルになりつつあります。
「高校以来ですね」とか「この間はどうも」とか「XXだけど、覚えてる?」とか。

こういうのは、迷惑を通りこして悪質ですネ。
たぶん中身は、並みの迷惑メールより悪質じゃないでしょうか。
単なるエロサイトやバイアグラ販売へのリンクに留まらず、スパイサイトや詐欺サイトに連れていかれる可能性大ですヨ。
危険なので、皆さん気をつけましょうネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »