« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月の2件の記事

プロ野球はラジオの生き方を参考に

ちょっと風邪で寝こんでたんでちょっと古い話になりますが、古田プレーイングマネージャーがファン感謝デーで名刺を配りさっそくファンサービスの第一歩を示した、とのことデス。
名刺にはメルマガの登録アドレスもあったようで、古田PMは、双方向の交流をしたい、一体感を作りたい、まだまだ他にもやる、と意気込んでいるようデス。さすがですネ。

さて、ファンとの一体感ということで思いおこすのが、ラジオ番組。
大物パーソナリティが安いギャラでもラジオ番組を大事にするのが、リスナーとの距離感が近い、ラジオ独特の共に作り上げる良さがある、という理由を語ります。
実際ほまもラジオを聞く側として、パーソナリティにはテレビにない親近感を覚えるものデス。
それが、細々ながらも常に根強いファンを持ち、聴取率以上に多くの人が心に残る番組を持つラジオならではの世界があるのだと思います。

野球というイベントがどうやってラジオの良さを取りこめるのか、まったくもって想像もできませんが(^^ゞ、その思想はテレビっぽいものではなく、これからはラジオっぽくすればいいんじゃないの、というお話デス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生体認証なら大丈夫?

ちょっと時間がたっちゃいましたが、新聞記事によると、讃岐うどん屋さんで指紋認証を使った会員制?の代金割引サービスを始めるのだとか。
銀行で静脈認証とか、マンションとか、あちらこちらで指紋認証とか、生体認証が花盛り。久々に暇つぶしでいったゲーセンでコイン預け機に指紋認証が付いてたのには驚きました(⌒∀⌒;

しかし、生体認証はその安全性が注目されているようですが、大丈夫なんでしょうかネ?
なにより生体認証の一番のリスクは、もし鍵が盗まれても交換ができないということじゃないでしょうか。鍵が生体とかいっても、鍵となる指紋のパターンデータとかなら盗めますからネ。
鍵が自分の指だと、指を新しいものに交換するという訳にもいかないですからネ。
だからおいそれと指紋を登録するのはちょっと、とか思うほまは考えすぎですかネ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »